ranking

Amazon KDPで写真集を出版するメリット・デメリット

2022年6月16日 

私の1st写真集「穂高 煌めきの稜線」をAmazonから絶賛販売中です。

本作は書籍版とKindle本の2つのフォーマットで販売していますが、いずれもAmazonのKDPというサービスを使って出版・発売しています。今日はこのKDPについての概要と、KDPで写真集を出版するメリット・デメリットをご紹介します。

KDPと書籍出版

KDPはKindle Direct Publishing(キンドルダイレクトパブリッシング)の略称。

その名の通り「Kindleから・直接・出版する」ことができるAmazonのサービス。もともとは電子書籍を個人が出版・販売することができるサービスでした。

2021年秋にサービスが拡張して、電子書籍だけではなくペーパーバック(紙の書籍)も利用できるようになりました

それまで製本版の出版には「特定業者(ブックパレットやネクパブ・オーサーズプレスなど)」を介して申請する必要がありました。それが個人でも出版できるようになったということで、一般人が個人で書籍を気軽に出版・発売できる時代が幕を開けたわけです。

KDPのメリット・デメリット

KDPは出版する書籍の内容も自由です。小説・歴史書・随筆・漫画・児童書・写真集・・・と好きな本を出版することができます。

何より特筆すべきなのが、本を出版するのに費用がかからないこと。さらに、注文があった場合、書籍はAmazonから出荷されるので在庫を抱える必要がなく、自分で出荷する手間がかかりません

本当に便利な時代になったと言わざるをえません。こういったサービスが拡大することは、利用者にとっては喜ばしいことですが、時代の変革についていけない本屋や卸業者、あるいは中間業者などはいっそうの淘汰が進むのだろうな、と同時に思ったりもします。

KDPの個人利用ができない場合、(1)出版社から本を出版するか、(2)多額の費用を投じて自費出版するか、(3)印刷会社で製本して自分で販売・発送するしかありませんでした。

タイトルに「メリット・デメリット」と付けているので、デメリットがないか改めて考えてみましたが、特に見当たりません(…釣りっぽくてすみません)。リスクなく、費用なく利用できるサービスですので、デメリットはないと言えるでしょう。一方、KDPに対する要望はあります。その辺りを深掘りしていきたいと思います。

KDPの特徴
電子書籍 販売可能。
紙書籍 販売可能。
費用 0円。
リスク ない。
在庫 抱える必要ない。
出荷 全てAmazon任せ。

 

KDP書籍(ペーパーバック)のここがイマイチ

はじめにKDPの素晴らしい特徴をおさらいしましょう。

『 Amazonという二大巨頭のECプラットフォームで自分の書籍を販売できる。さらに自分自身で在庫を抱える必要がなく、注文から発送まではオンデマンドなので、出荷をAmazonが行ってくれる。つまり、販売を開始すれば後は放置で大丈夫。書籍版はPrime商品となり、最短で翌日から2日後には届く。 』

Amazon信望者ではないのですが、無料で利用できることからも、このサービスには感謝しかありません。

一方で、あえて言えば「ここがイマイチ」「改善してくれると嬉しい」というポイントを挙げていきます。
(まだサービスが始まってから間もないので、今後改善される。サービスが拡大する可能性がありますがご了承ください。)

  • A4より大きなサイズが選べない。
  • A4サイズでは横向き(ランドスケープ)が選べない。
  • プリント紙の種類(厚み・マット光沢)が選べない。
  • プリント紙が薄いので紙が歪みやすい。
  • プリントの品質を選べない。
  • 暗部(シャドウ)が潰れがち。
  • 表紙にハードカバーを選べない
    ※ 利用できる国もあるため、日本もいずれ対応する可能性あり。
  • 紙の写真集の場合、PhotoshopかIllustratorがないと難しい。
  • 出版者本人が割安で買う仕組みがない。

いずれも「写真集」を作る観点で列挙しています。

写真集に特化したサービスではないので致し方ない面もありますよね。他のジャンルの本、例えば小説、エッセイ、自叙伝、解説書などビジュアル訴求が主たる目的でなければ気にならないかもしれません。

KDPのマイナスポイント
A4横長 対応していない。
A4より大きなサイズ 利用不可。
プリント紙 薄い(一般的な雑誌レベル)。
紙の歪み(波打) プリント紙が薄いから発生する。
プリントの品質 低い(写真グレードではない)。
シャドウの表現 悪い。
ハードカバーの表紙 日本は利用不可。
入稿用データの制作 誰でもできるほど簡単ではない。
著者は割安で… 買えない。
著者用コピーを印刷費用のみで買えるようになりました。

 

KDP 電子書籍とペーパーバックの比較

詳しくは今後の記事で紹介しますが、電子書籍とペーパーバックを出版するにあたり、入稿用のデータはそれぞれ別個で作る必要があります。

これが統一されていると出版の敷居がさらに下がると思うのですが・・・とは言え、これだけ便利なサービスです、製作者側が対応するのは止むを得ないかもしれません。

入稿用データはいくつかフォーマットを選べますが、私の場合、電子書籍をKPF、ペーパーバック用データをPDFで作成しています。

写真の見え方については一長一短あり、製本版であれば「本」として楽しむことができますが、Kindle本の場合はあくまでタブレットやスマートフォンのディスプレイ上で見ることになります。「そんなわかりきったことを・・・」と言われてしまいそうですが、写真集に何を期待するかで選ぶべき種類が変わると思っています。

つまり、製本版であれば「ページをめくる感覚」があり、本棚に陳列することができますが、色の表現や暗部の表現でKindle本に劣ります。

Kindle本であれば物理的な場所を用意することなく、かつ場所を選ばず写真集を見返すことができます。加えて、RAW現像したリアルな写真を閲覧することができますので、デジタル写真の画質を損なうことなく読者に伝えることが可能です。

まとめ

私がKDPの最たる魅力だと思っているのが、製本版と電子書籍どちらも出版することが可能な点です。電子書籍といえばkindleが先駆けであり、kindleアプリで閲覧している人が多いでしょう。加えて、書籍版(ペーパーバック)も個人で完結できるようになり、本を出版したいと思っている人にとっては極めて魅力的な選択肢だといえます。

KDPのメリットというのはつまり「自分でやれる人には選択肢が与えられる」ということです。

売れた分だけ収益も発生します(販売価格により大きく変動します)。費用がかからずリスクもなく、発送する手間もかからないKDP、今後、プリント紙の選択肢が増えたり、ハードカバーに対応したりすれば嬉しいですね。

改善してほしいと思う点はありますが、あくまで要望であり、初期費用が不要な点を考えればデメリットと言えるようなものではありません。利用しない手はない、そんなサービスだと思います。


\ 気に入ったらシェアしてね /

前後の記事はこちら


                           
こちらもおすすめ


関連記事

山と写真のコラム

時代を超えてコレクションしたくなる、おすすめの山岳写真集【25選】

山岳写真集が好きで手を出したのが最後・・・あれも見たい、これも見たいと買っていたらそれなりの冊数になっていました。 山岳写真集を初めて手にと ...

山と写真のコラム

山岳写真のはじめ方:登山で写真を撮るための手順と気を付けるべきポイント

登山をしながら写真を撮りたい派、写真を撮るために山に登る派、どちらの方もいらっしゃると思いますが、山で写真を撮るのは本当に楽しいものです。 ...

山と写真のコラム

山岳写真で使うレンズ選択の苦悩「高画質と利便性どちらを取るのが正解か?」

ミラーレスカメラ台頭の時代、レンズラインナップは各社共に充実してきました。ユーザーとしては非常に嬉しい反面、悩ましいのがレンズの選択。 選択 ...

山と写真のコラム

写真は上達したか?比べるべきはSNSや他者ではなく、過去の自分だ

写真を趣味にして早4年が経とうとしている。 途中全くカメラに触っていない期間がありながらも、写真が自分の趣味だと認識してからそれなりの時間が ...

山と写真のコラム

日帰り登山なんてもったいない!登山するなら山泊が絶対おすすめな「6つの理由」

登山の目的や醍醐味は人それぞれ。 しかし一つだけハッキリと言えることがあります。 それは、山で1泊するだけで見える景色、得られる感動は何倍に ...

山と写真のコラム

苦労してでも「写真集販売」という道を選んだ理由

1st写真集「穂高 煌めきの稜線」をAmazonから絶賛販売中です。 今日はなぜ写真集を作ろうと思ったのか、なぜ発売にこだわったのか、その理 ...

About me
横須賀育ち横浜在住の30代。山岳写真が好きで北アルプス中心に活動しています。好きな山は穂高岳。製薬企業を退社して2017年に自転車日本一周達成。現在は代理店・EC関係の仕事をしています。
サイトマップ
Site map
youtube
ranking
ranking
特集
Special
youtube
ranking
ranking
ranking
ranking
ranking
カテゴリー一覧
Category
youtube
ranking
ranking
ranking
youtube
ranking
ranking

Copyright © Japan Nomad 〜旅と山と写真のブログ〜, 2015~2022 All Rights Reserved