【大雪山~十勝連峰縦走】旭岳からトムラウシを超え十勝連峰へ!(その4)

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (1)

美瑛富士キャンプ指定地にて4時頃起床。

テントの外をのぞくと天気もあまり良くないみたいですが・・・とりあえず朝ご飯です!

今日は最終日ということもあり、気合を入れて朝ご飯からかつ丼を頂きます( ・ㅂ・)و ̑̑

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (2)

卵が一つ余ったので目玉焼きにして食べました。

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (3)

3日4泊の縦走ともなると、最終日には食べ物のゴミがこんなにたくさん!

・・・

さて、今日の工程ですが、昨日、一昨日と比べたら少しは楽かな?少なくとも昨日のような笹道などはなく、今日はゆっくり登山を楽しめたらないいですね(╹◡╹)

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (4)

しかしながら・・・生憎の空模様(涙)

昨日まであんなに晴れていたのが嘘のように、今日は朝からガスってます。

今まで昼間はガスっても、朝と夜だけはスカッと晴れていたので、朝からガスっているのは初めてです。

これからガスが抜けて晴れたらいいな・・・なんて期待したいところですが、いつも時間経過とともにガスが増えてしまうので、今日一日景色は望めないのかもしれません(涙)。

4日間すべて晴れてくれたらそれが一番ですが、山の天気は変わりやすく、これまでずっと晴れてくれただけでも感謝すべきですね!

景色も大切ですが、どちらかと言えば「富良野岳まで縦走する」ことが今の最優先事項!旭岳~富良野岳縦走達成を目指し、頑張ります( ・ㅂ・)و ̑̑

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (5)

十勝連峰縦走は、まず目の前にある美瑛富士から始まります。

気合を入れて登り始めますが・・・

いかんせん風が強い٩(◦`□´◦)۶ 

美瑛富士避難小屋はコル地形だったのでそこまで風が来ていませんでしたが、稜線に出ると凄まじい風が吹き荒れてる。

それに・・・

何だか、濡れてる??

これまでもガスの中を歩くことは多々ありましたが、今日は様子がおかしい。美瑛富士を登っている間に、一眼レフとシェルが異様に濡れていることに気が付きました。

カメラで写真を取ろうとしても、レンズがすぐに濡れてしまい、撮影にならない。

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (6)

そんないつもと違う「感覚」を持ちながらも、山頂へ到着!

レンズが濡れてしまって、どうにもならない・・・

下山を開始すると風がさらに強くなり、

ただ事ではない状況だと、やっと理解します。

ガスというよりは、今日のは「霧雨」のようで、これは雨なんだと認識。途中、大きな岩の影に隠れて雨風をしのぎ、カメラをジップロックに入れてザックの中へ。

普段カメラをしまうことは滅多にありませんが、今日は写真撮影ができないレベルの天候と判断。レインウェアの上を着て、美瑛富士から下山します。

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (7)

美瑛富士から下山する頃には、あまりの風に

「やばくないか?」

という不安が大きくなってきますが、まだ歩けないほどではなく、とりあえず先に進むことに。

先ほど着たレインウェアの濡れ方が尋常ではなく、急いで下も履いて美瑛岳分岐を目指します。

・・・

それにしても、風が強すぎる。

強風と霧雨のせいで、寒くなってきました。レインウェアは着ているんですが、服も濡れてきている。

美瑛岳分岐に着くころには「継続?撤退?」の迷いが頭の中をめぐります。

美瑛岳付近は美瑛富士よりさらに風が強くて、ルートから外れる美瑛岳は本能的にパス。一刻も早くゴールに着いてこの山行を終えることに専念。

状況は最悪ですが、まだ体力・気力ともに残っているので、天気が回復することを祈りつつ、十勝岳を目指します。自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (30)

しかし困ったことに、十勝岳はさらに風が強いではありませんか!

(写真はiphoneで何とか撮影)

この時は「何とかまっすぐ歩けるレベル」まで風が強くなっており、気が付けばザックカバーが吹き飛んで無くなっていました。

依然として霧雨も強く、レインウェアを来ているのに全身びしょ濡れ。風が強いので細かい雨が中に入ってきてしまうのかもしれません。体温もかなり下がってきており、本格的にマズい状況に。

昨日まで晴れていたのに。まさかこんな事態になろうとは。。

「エスケープルートから今すぐ降りるべき」という考えと「ここまで来たら最後まで進みたい」という思いが頭の中でずっと格闘していました。

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (31)

十勝岳は急登な上にザレた道で、とにかく歩きにくいんですが、何とか山頂に到着。

山頂は「台風」かと思うような強風が吹き荒れ、ポールにしがみつきながらiphoneで撮影。

「こんな凄絶な思いをして、歩いた記録が何もないなんて・・・」そう思いながら、意地の撮影です。

十勝岳の風がとにかく強烈で、「最後まで踏破してやる!」という気持ちに陰りが出始めます。

疲れと寒さで、気が弱くなっていました。

十勝岳から上ホロカメットクへの縦走路で細い道があって・・・ロープに腕をかけながら、吹き飛ばされないように、なんとか渡ります。

風の様子は写真では分からないので、動画を撮影。現場はこんなもんじゃないんですが、風切り音を聞いてみてください。

・・・

雨風は酷いものの、十勝岳山頂までは「何とか行ける」と思ってました。

ただ、この動画を撮った後から、どんどん冷えてきて、手はかじかみiphoneの操作ができないレベルに。自分の中で、危険信号が鳴り始めた気がしました。

上ホロカメットク分岐には避難小屋があるので、すぐに避難。

温かいコーヒーを淹れ、バーナーの火で手を温めます。雨風がない場所で冷静に見てみると、手は真っ白になり、体は今にも震え出しそう。まだあると思っていた体力は、もうほとんど残っていませんでした。

強風の風切り音が依然鳴り響き、収まる気配はなし。

着替え一式を持っていたので、着替えてリスタートという考えもありましたが・・・

「これ以上は無理だ」というのが本心。

ここまで来たのに・・・

「旭岳から遥か遠く、あんなに苦しくてキツイ思いをしてここまで来たのに、ここで撤退??」

そう思うと悔しくて悔しくて、なかなか決断できずにいました。

でも、地図を見てコースを確かめると、富良野岳までかなり距離がある。

富良野岳を経由して下山するとなると、コースタイムは5時間以上。ここから下山すれば2時間程度。

自分の状態から、これ以上は本当に危険と判断、「下山する」ことに決めます。

・・・

小屋を出ようとすると、男性が一人避難してきて、やはり外の状況は変わらないとのこと。

ここで少し話をしたんですが、こういう時に人と話をすると元気が出るものです。

その方は日帰り登山で、何とか十勝岳だけ登ってすぐ降りるといいます。私は富良野岳を諦めて、下山すると伝え・・・避難小屋に入ってから30分は休んでいたと思います。

悔しくて居ても立っても居られない。でも、事故に遭ってからじゃ遅い。

下山するつもりで二人で外に出ると・・・

大絶叫する事態に!

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (8)

なんと、なんと!

本当に信じられないんですが、晴れているではありませんか!!!

「マジでー!!!???」と、二人で叫ぶ。

そんな馬鹿な!?

さっきまで、視界ゼロで、強風霧雨が吹き荒れていたのに!?

避難小屋にいた間に一体何があったのかと、そこまでの道のりを思い返せば、目の前の現実を受け入れられないでいました。

・・・

さらに驚くことに、そこからすれ違う登山者は、レインウェアなどを着ておらず、挨拶をすれば「風が強いですね!」と、間が抜けたことを仰る。

そこまで私が経験していた状況は、「風が強い」なんてレベルじゃなかったんです。

“俺は夢でも見ていたのか?”と、言いたくなる状況でした。

でも、実際晴れている。雨が止み、日光に当たって体温がぐんぐん上昇するのがわかります。

何だか、訳ががわからないけれど・・・

こうなれば!もちろん!富良野岳まで縦走します!

一眼レフをザックから取り出して、軽快な足取りで前へ!

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (9)

富良野岳方面から登って来た方と、私の格好のギャップがひどくて、皆さん驚いてました。

何しろ私はレインウェアの下にフリースも着こんで、全身泥だらけ。

晴天の中、上ホロカメットクではレインウェア上下での撮影になりました(笑)

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (14)

“さっきまで別世界にいたんじゃないのか?”

いや・・・確かに強風霧雨が吹き荒れる中、十勝岳のザレ場を死ぬような思いで登っていました。

ちゃんと証拠も残っています。

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (10)

上ホロからは十勝平野が一望でき、美しいパッチワークを眺めることができます!

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (11)

かみふらの岳!

こちらも素晴らしい景色です。

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (15)

三峰山を通り過ぎて、

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (17)

富良野岳分岐です。

1時間前までは、来れないと思っていたのに・・・奇跡としか言いようがないですね。

富良野岳に登るには、ここで荷物をデポしたら楽なんですが、荷物を降ろすなんていう発想は微塵も起きませんでした。

ここまで背負ってきたこのザックを最後まで背負って、富良野岳まで行きたかったです。

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (13)

雨はないものの、依然として「超」が付く強風。

そのおかげか、ガスがすべて吹き飛び、富良野岳の美しい姿を拝むことができました。

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (16)

さあラストスパート!!!

・・・って!登ってる間にでっかい雲が!笑

この晴れ間が幻だったかの如く、十勝連峰全体が再びガスの中へ。

でも、もうそんなことはどうでもいいんです。景色が見えようが見えなかろうが、どうだっていい。

だって・・・

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (18)

無事に富良野岳まで、歩いてくることができたんですから!

奇跡の・・・富良野岳、登頂です!

 

そして、旭岳から富良野岳まで、縦走達成!!!

 

・・・

まさか最終日にこんなことが待ち受けていようとはね。上ホロの避難小屋では、厳しすぎる現実に悔し涙を流してしまいましたが、富良野岳山頂では、うれしくて涙が。

同じ日に悔し涙とうれし涙流すなんて、やってくれるぜ十勝連峰٩(◦`□´◦)۶ 笑

もうダメだと思った。本当に下山するつもりでした。

でも、奇跡が起きて目標を達成することができました。

こんなに嬉しくて達成感に満ち溢れたのは初めてかもしれない!この4日間は、一生忘れられない思い出になるでしょう。

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (19)

夢のような時間をありがとう!!!

・・・

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (20)

富良野岳のピークを踏んで、すべての力を使い果たし・・・

それでも、下山しなければ。無事下山してやっと登山完了ですからね。

目指すは十勝岳温泉です!

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (23)

ふらふらになりながらも、なんとか下山していきます。

肩が、足の裏が痛くて死にそうだぜ。

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (24)

無事下山しましたー٩(◦`□´◦)۶ 

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (25)

凌雲閣(りょううんかく)にて休憩&温泉タイムです!

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (26)

中に入った瞬間、アイスを2つ購入!笑

これが死ぬほど美味しかった・・・

温泉に入ってさっぱりして、すべてを出し切りました。

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (27)

後はバスが来るのを待って、ここから上富良野まで移動。

上富良野からは電車で旭川へ。

旭川で乗り換えて南永山に移動。

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (28)

夜ご飯は・・・奮発して牛角!

しかし、店に着くとまさかの激混み٩(◦`□´◦)۶ 

でも、今日は肉が食べたい!順番を待ちます。

自転車日本一周(旭岳~富良野岳 縦走4日目)-Japan Nomad (29)

人生初の一人焼肉。そして一人で焼肉食べ放題!笑

死ぬほど食べて、お腹がはち切れそうになったところで終了。

歩いて快活クラブへ移動し、泥のように眠るのでした。。

下山後も無事に宿にたどり着き、これで【旭岳~トムラウシ山~富良野岳の大縦走】は、無事完結です(๑╹ڡ╹๑)p♪

本日の走行距離 0km
総走行距離 4060km
平均走行速度
スタート キャンプサイト「美瑛富士キャンプ指定地」
ゴール ネットカフェ「快活クラブ(南永山店)」
 
自転車日本一周バーナー Japan Nomad

自転車日本一周のブログランキングに参加しています!皆さんにバーナーをクリックいただくと順位が上がりますので、旅を応援してくださる方は、ぜひクリックよろしくお願いします(๑╹ڡ╹๑)p♪

(注)自転車日本一周110日目です。

Pocket

こんな記事も読まれてます

comment for this post

  1. masa

    お疲れ様です!

    いやー!大変でしたね⁈
    それにしても、奇跡の様な晴天に⁉︎
    ビックリしました

    そして、1ヶ月ちょっと前にお会いした清宮クンが、なんだか別人の様に逞しい表情になりましたね。

    これも全て、自然からのパワーを吸収したお陰なのでしょう。

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      そうなんですよ・・・まさか最後に天気が大荒れ。
      動画を見た頂くとわかる通り、台風のような風が吹き荒れて・・涙
      あの晴天は山の神様からの贈り物です。おかげで体温が上がり、
      気持ちも回復しました。何があるかわからない、それが楽しいし、怖くもありますね。
      そうでしょうか!?
      旅をしていると少しずつたくましくなっている気はしますが・・・
      特に、北海道で鍛えられたので、十勝岳でマサさんとお会いしたころと比べると、
      少しは成長できたのかもしれません(๑╹ڡ╹๑)p♪

      Reply
  2. お疲れ様でした!けっこう命懸けの冒険だったわけですね!ちょっとだけトムラウシの遭難事故を思い出してしまいました。

    ついさっきまで震えていたのに、アイス2個って…喉元過ぎれば暑さを忘れる…ってヤツですな。

    それはそうと…ブログたまってますよ~!

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      けっこうどころか、まじで命がけでした!
      とんでもない縦走路を辿った後、まさかさらに試練が待っていようとは・・・。
      だからこそ、最後まで縦走できて本当によかったです。
      アイスでもなんでもよかったんですが、とにかく疲れていて、
      ご褒美に何かにがっつきたかったんです☆
      最近かなり走っていて、ブログかけてませんね・・・
      ただ、内容があまりないので、函館に着いたら一気に吐き出せると思います(๑╹ڡ╹๑)p♪

      Reply
  3. wise camera

    清宮さん

    登頂おめでとうございます!!
    いやー凄すぎます!
    いいものを見せてもらいました、ありがとうございます:)
    これからも頑張ってください!

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      ブログ読んでくださってたんですね!ありがとうございます(๑╹ڡ╹๑)p♪
      道民じゃない私ですが、大雪山・十勝連峰を制覇すべく、頑張りました!
      はい、北海道を出ても日本一周、頑張ります!

      Reply
    • 清宮 健太 Post author

      ありがとうございます!
      富良野岳に着いたとき、心から笑顔になれました。
      あれほどの達成感、次味わえるのは日本一周完走時?笑
      これからも挑戦を続けていきます(๑╹ڡ╹๑)p♪

      Reply
  4. ぴぽぱ十勝

    お疲れさまでした。
    手に汗にぎる展開に、読んでいる私もハラハラドキドキ。
    無事に達成できて、そして下山できて良かったですね。おめでとうございます。
    「悔しいけど諦める」決断した時に、山の神様が「山をなめてない」事に感心して、ご褒美をくれたのかもしれないですね。
    これからも慎重にいきましょう。

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      ありがとうございます!
      少しでも現場の臨場感が伝われば私としても嬉しい限りです。
      無事に達成できました!本当にうれしかったです☆
      安全第一、事故に遭わないように気を付ける・・・これは常に念頭に置いて進んでいました。
      その分岐となったのが上ホロカメットクの避難小屋でしたね。
      あそこで天気が回復しなければ、迷わず下山していたことでしょう。
      山の神様ありがとう!!!

      Reply
  5. 北岡

    臨場感が伝わってくるこのブログ、感動をありがとうございました。
    清宮君に会ってから日本一周チャリダーファンになった気がします。
    先日はこちらのお方とお会いすることができました。
    http://ameblo.jp/imamasa16/page-2.html

    現在私のPC壁紙が日本一周チャリダーねぶた組が橋の上で一列になり自転車を持ち上げているシーン。
    気持ちを共有する者同志が一つになり、ハネトの格好で皆が同じ行動を起こすって鳥肌ものですね。感動しました。
    ねぶた組にもお会いして話がしたい・・・
    おかげさまでだんだんと日本一周チャリダー知識がついてきて・・・・・・・・・
    ぐあーーー!自転車で日本一周してみたいーーーーーっ!!

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      ご無沙汰しております☆
      北岡家は日本一周に欠かせない存在になってますね!笑
      私が北岡さんの導線に火をつけた?のかと思うと嬉しく思います!
      日本一周が完了したら、遠刈田温泉に入りつつ、
      ぜひまた北岡さんにお会いできればなーと、楽しみにしています(๑╹ڡ╹๑)p♪
      そしてまさか!北岡さん本人が日本一周したくなってしまったようですね!笑
      確かに、それだけ色々な方にあったり、ブログを読んでいたらやりたくなりますよね。
      お子さんたちが皆さん自立した後に、奥様と二人でやってみるとかいかがでしょうか?(╹◡╹)

      Reply
  6. やまや

    旭岳から入りトムラウシ→富良野岳とは、ハイキング程度の山歩きしかしない私にとっても憧れのルート。
    特にトムラウシ→上ホロ間は、冒険要素も満載で素晴らしい山旅でしたね。
    ところで、当初は旭岳→トムラウシ→東大雪荘の予定を途中で変更されたようですが、変更手続きはどのようにされたのですか?
    今はインターネットからできるのかしら?
    後々の参考にしたいと考えていますのでご教授願えたらと思います。m(_ _)m

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      ありがとうございます!
      そう仰っていただけると、頑張った甲斐があります(๑╹ڡ╹๑)p♪
      トムラウシから美瑛富士までの縦走路は、本当にキツイ道のりでした。
      その分、感動も大きかったのですが☆
      予定変更ですが「忠別岳山頂」からトムラウシ温泉線(バス会社)にキャンセルのメールを入れました。
      忠別岳は電波が貧弱なソフトバンクでも電波が入りましたので、
      auとドコモでも必ず入ると思います。
      万が一電波が入らなければ、白雲から一緒だった(一緒に歩いていたわけではありませんが、
      ポイントごとにお会いした)方にキャンセルの電話をお願いしようと思っておりました。
      トムラウシ温泉線は「予約優先」なので、最悪連絡なしでも問題ないとは思いますが、
      山が山だけに、連絡を入れないと「遭難したのではないか?」と勘違いされてしまうかも、と私は思います。
      ご参考になれば幸いです(๑╹ڡ╹๑)p♪

      Reply
  7. connie

    70 km縦走、お疲れさんでした。
    単純に日割り計算しても一日当たり15 km超…山道ってことを考えると、普通にすごいわ。尊敬しますm(_ _)m
    ブログアップがしばらく止まってたから「なんか事故ったか…?」と心配になったけど、良かった。
    満面の笑み、素晴らしいね!
    北海道も残り僅か、全力で楽しんで!

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      ありがとー!!!
      本当にキツイ道のりでした。
      長距離歩くのも大変なんだけど、毎日重たいザック背負って歩くのが大変で・・・。
      ザックにはテントやら水やらシュラフやら、重たいものが詰まってるからね。
      本当、久しぶりに心から笑顔になれたぜ!笑
      帰ったら製薬で登山いきますか(๑╹ڡ╹๑)p♪

      Reply
  8. あゆみのママ

    横で見ていた娘が、お人形さん可愛いというので自由に書かせましたが、原作のことを知らず失礼なことを書いたようで失礼しました。

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      いえいえいえー!
      そうでしたか(汗)
      私はてっきり、煽りといいますか、誰かがスパム関連のコメントかと勘違いしてしまいまして。
      お嬢さんがコメントくださっていたんですね。
      それは申し訳ないことをしました!
      清宮「ダンボーさん!あのコメント、本当に女の子が書いてたんだって!ダンボーさんが酷いこというから傷ついてるよ!謝っとこ!」
      ダンボー「マジかよ・・・てっきり、おっさんが女の子のフリして書いてるのかと思った。そりゃ申し訳ないこと言っちまった。ごめんね、あゆみちゃん。悪いのは全部この清宮なんだ。」
      清宮「全部あんたのせいでしょうが!笑」

      Reply
  9. misako

    ドキドキしながら読んでたけど、無事に下山できて本当に良かったねー!
    登山のブログは読んでてワクワクするし、一番面白いよ(^^)同じ記事も何度か読ませてもらってます♪
    ところで、、、前回の登山のとき、山でラーメン食べるのは良い判断ではなかった、的なことを書いていたような?(ΦωΦ)

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      すばらしいコメントありがとう!
      何を隠そう、俺自身も自分の山記事は何回も読み返してるからね(笑)
      9月~10月中旬は超絶登山だから、ぜひ楽しみにしていてくださいな☆
      おお!さすがよく読んでますな!
      前回はね、コッヘルを一つしか持って行かなかったのよ。
      コッヘル一つでラーメンを食べると、汁で汚れるからイマイチだっただけど。
      今回は食事用と水沸かす用でコッヘルを二つ持っていったから問題なし!
      後、登山用のカップヌードルのは調理も楽だし小さいから素晴らしかったね☆

      Reply
  10. 縦走お疲れ様でした。
    清宮さんのブログは、すごく面白くて、写真が綺麗で、飾らない感じがとても好きです。
    誠に勝手ながら、投稿された景色の写真をスマホの待ち受けにさせていただいております。

    ブログの更新、1日分に5時間かかるときいて驚きました。
    旅をしながら、本当に大変だと思います。
    大勢の読者が楽しみにしているというのは、かなりのプレッシャーかと思いますが、無理はなさらないで下さいね。
    …でも、いつも更新心待ちにしています笑

    長文失礼しました。
    身体には気をつけて…(^ ^)

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      コメントありがとうございます!
      そういっていただけると本当にうれしいです。
      壁紙にしてくださっているとは!ご希望があれば、Japan Nomadのロゴマーク無しをお送りすることもできるので、
      仰ってくださいね。
      5時間もかかるのは大雪山縦走のようにコンテンツが多すぎるときだけですが、
      それでも普段から3時間くらいはかかっているかもしれません(汗)
      自分でやっていることとはいえ、少なからず更新しないといけないというプレッシャーも
      感じなくはないのですが・・・なるべく気軽にやろうとは思っています☆
      ご心配してくださり、ありがとうございます!

      Reply

お気軽にコメントください

メールアドレス、ウェブサイトをご入力いただいても一般公開はされませんのでご安心ください。コメント入力後、下記「コメントを送信する」ボタンを押してください。