一瞬の絶景を追い求める 山岳写真に魅せられて

投稿日:

登山のポーチやスタッフバッグに「防水&透明で中身が見える」マジックマウンテンが超おすすめ

登山で使うポーチやスタッフバッグ、何を使っていますか?

私は最近マジックマウンテン(MAGIC MOUNTAIN)というブランドのものを試しに使っていたんですが、これがメッチャ良かったので大幅に追加購入しました。

これはガチで良いものなので、ポーチやスタッフバッグで悩んでいる方におすすめしたいと思います!

中身が見えるという天才的な発想のポーチ

マジックマウンテンがどんなブランドかは後回しにして、こんな感じでテントライトやヘッデンやら交換電池やらを入れるナイスなポーチを探しておりまして、適当にググっていたら巡り合ったブランド。

大きさが種々あることはもちろん、前面が透明で中に何が入っているか一目でわかる。

これが最高に使いやすくて気に入ってます。

ファーストエイドを入れるポーチに最適

手前は私が高校の時に購入したスヌーピーのポーチ。大きさがちょうど良いのでファーストエイドはこれに入れていましたが、見ての通り、中に何が入っているのか全く見えなくて不便でした。

これを解決してくれるのがマジックマウンテンのポーチというわけです。

透明無地のポーチもいいんですが、ファーストエイドと一目でわかる白十字付き!

中身も見れて、ファーストエイドとわかるとか天才!これは山のことを、登山者の気持ちを十分わかっていないとデザインできない!

大きすぎず・小さすぎないポーチが登山にぴったり

この大きさ感がまあ登山に向いているわけです。ポーチは小さすぎると物が入らないし、大きすぎるとブカブカになってしまい使い勝手が悪い。

その点マジックマウンテンのポーチはもう最高な大きさなわけです。

iPhoneXと大きさを比べた画像です。これ以上大きいとザックのサイドポケットや雨蓋のポケットに入れるのが窮屈になるベストなサイズです。

繰り返しになりますが、中身が確認できるのが本当にいい。これ天才です。

モバイルバッテーを入れたりカメラ関係の道具を入れてもいいですね!

私のファーストエイドの中身をこっそり教えます。

登山のファーストエイドはそこまで個性が出ないとは思いますが、逆に何を持っていくかの取捨選択に違いがあるかと思います。

正直なところ、ほとんど、99%は出番がない物たちですし、出番がないに越したことはありません。だからこそ減らせるものは減らしたい。そんなファーストエイド。

私のこれまでの経験から持っているものは写真の通り、かなり厳選しています。

  1. テーピング
  2. 包帯(足などを通すタイプ)
  3. 湿布薬
  4. 絆創膏
  5. 風邪薬
  6. 下痢止め
  7. ハサミ
  8. ライター
  9. ホイッスル(笛)
  10. ポケットティッシュ

私が登山中に経験したことがある疾病は「捻挫」「発熱」「すり傷」「腹痛」です。

これらに対応ができるようなキットになっています。あらゆる状況に対応しようと思うと馬鹿みたいな量のファーストエイドになってしまいますので、こればかりは個人で最適化・カスタマイズする他ありません。

今の時代はマスクを1枚入れておくと山小屋でのトラブル回避に良いかもしれませんね。

テーピングは巻き方を覚えていられないので、巻きかたの写真や動画をオフラインで保存しておくことをおすすめします。

腹痛

2018年登り初め!仙丈ヶ岳 厳冬期登山~小仙丈から眺めるモルゲンロート仙丈ヶ岳~
2018年登り初め!仙丈ヶ岳 厳冬期登山~小仙丈から眺めるモルゲンロート仙丈ヶ岳~

新年あけましておめでとうございます! 「山が好き、写真が好き。」を今年もどうぞよろしくお願いします( ...

続きを見る

発熱

餓鬼岳〜唐沢岳 縦走登山:北アルプスの奥地に佇む静かな穴場から望む360度の大展望
餓鬼岳〜唐沢岳 縦走登山:北アルプスの奥地に佇む静かな穴場から望む360度の大展望

餓鬼岳と唐沢岳は北アルプスの南部エリアと人気の場所にあって人があまり訪れない静かな山。しかし、それは ...

続きを見る

捻挫

【中央アルプス】南駒ヶ岳、空木岳を歩く2泊3日縦走登山
【中央アルプス】南駒ヶ岳、空木岳を歩く2泊3日縦走登山

嫌いな言葉は「湿った空気」、嫌いな季節は「夏」、どうも清宮です。 前回、前々回に引き続き、今回もガス ...

続きを見る

スタッフバッグもMAGIC MOUNTAIONに変更

ポーチが素晴らしかったのでスタッフバッグもマジックマウンテンへ変更します。

これまではSea to Summitのものを使っていましたが、製品としてのレベルが違うと感じています。

これ系のスタッフバッグは中が見えないストレスが半端ない・・・。

登山では大量な荷物を持っていくので、例えばウェアやインナーウェアもまあまあな数になります。

これらを収納するならパッと見ただけで中がわかるとすごく助かります。一回開けるストレスがなくなるからです。

マジックマウンテン20L:シュラフの収納に

20Lのバッグを購入。こちらも中身が見えるだけで超おすすめですが、さらにコンプレッション機能もついています。神すぎ。

大きさの比較のためにiPhoneを並べましたが、20Lの割には意外と小さく見えるかもしれません。

でもこれ、超入ります!

こちらは底面を撮ったもの。黒いのは手で持ちやすくする取手のようなものですが、これは要らないかと思いました(笑)

スタッフバッグは破けるとしたらこの底面が筆頭候補ですが、しっかりとした作りなので安心できそうです。

生地の硬さや質感も気になるところですが非常に使い勝手がいいものとなっています。

防水バッグと謳っていてもぺらぺらだとあまり安心感がありませんが、マジックマウンテンはザックカバーのような雰囲気なので安心感が違いますね。

20Lのスタッフバッグは何に使うかといえばシュラフを収納します。

ダウンシュラフは水が天敵なので防水性の高いスタッフバッグとの相性が抜群。ザックの最下部に入れることが多いので、雨の日などに何も対策をしないとザック内で濡れてしまうことがあるので要注意です。

スタッフバッグへのシュラフの収納の仕方

よくTwitterなどで「シュラフをスタッフバッグに入れるのが難しい」という意見を見ます。

確かに、女性だと結構大変なのかなと思うところですが、マジックマウンテンの20Lはこの辺りもよく考えられていて、間口が広いので20Lの割にシュラフを入れやすいと思います。マジでよく考えられていて感心します。

シュラフの入れかたですが・・・

気合を入れて・・・

勢いよく中に突っこんで・・・

ひたすらグイグイ押し込み・・・

奥へ奥へとグイグイ押し込むだけ!

技術も何もありません。マジで気合で入れるだけです。

強いていえばたまにスタッフバッグをクルクル回しながら全体的に押し込むことがポイントでしょうか。

最後はギューーーッと押し潰します。

コンプレッション機能が付いていると紹介しましたが、写真中央黒い丸のところから空気が排気される仕組み。しかも防水!

ただ一点だけイマイチなところがあり、排気する時に音がします(笑)

防水性を保つために仕方がないことかと思いますが、この排気口が相当小さい穴だからでしょうか、変な音だけしますが、まあ目を瞑りたいと思います。

コンプレッションするとモンベルのダウンハガー#1がかなりの小さいサイズまでコンプレッションされました。

シュラフを小さくするためにコンプレッサーを使っている人もいるかと思いますが、卒業する時が来たようです。

スタッフバッグとコンプレッサーを足して、しかも中身が見える防水バッグ、それがマジックマウンテのスタッフバッグです。

マジックマウンテン5L:ダウンウェアの収納に

冬季登山から春山、秋山まで広く活躍するダウンウェア。

特に厳冬期に使用するダウンウェアはかなり嵩張ります。しかもダウンシュラフと同じく濡らすとマズイ製品です。

こちらもしっかりとしたドライバッグ(防水スタッフバッグ)に入れて持ち運びたいということで、5Lのマジックマウンテンも購入しました。

モンベルのアルパインダウンパーカー上下を収納したいと思います。

5Lのドライバッグで余裕を持って収納できました。スタッフバッグは「大は小を兼ねる」ことを考えて5Lを買いましたがちょうどいい大きさでしたね。

一緒に就寝用のインナーなどを入れても余裕を持って収納できます。

スタッフバッグは登山用途で使う限り、そうそう破けるものでもないので買い替えのタイミングが難しいもの。

中身が見えるポーチが欲しいと思って調べ出したのがこのブランドと出会ったきっかけですが、想像以上に使いやすかったのでドライバッグまで購入した次第です。

マジックマウンテンとは

初めはAmazonで見つけたので、どこか無名なメーカーかチャイナブランドかと思っていましたが、全然しっかりとしたアウトドアの企業さん。

誰もが知っているグリベルの正規代理店をしたり、自社のブランドを展開したりと、もともとスリーピングエアーマットの会社さんなんでしょうか?マジックマウンテンは社名のようです。

エアーマット出しているくらいなので密閉性やコンプレッションは専門なんでしょうね!コンプレスドライバッグは本当に完成度が高いと感じました。

ミシン跡がないのはもちろんジッパーもしっかりシームレス加工されているので防水性も期待できそうです。

ポーチにも3種類(1L・2L・4L)の大きさがありますので収納したい量によって使い分けが可能です。

ポーチはあまり詰めすぎると取り出しにくくなりユーザビリティが下がるので1Lがベストバイだと思います。

コンプレスドライバッグも5L・7L・10L・15L・20L・25Lと大きさがたくさん用意されています。夏用シュラフであれば15Lでも十分入ると思います。厳冬期用は20Lか25Lがおすすめ。各種ウェアを収納するのにも良いと思います。

おすすめなのでぜひ参考にしてもらえればと思います。

                   
\ こちらもおすすめ /

Copyright © Japan Nomad, 2015~2020 All Rights Reserved