一瞬の絶景を追い求める 山岳写真に魅せられて

投稿日:2017年11月15日 更新日:

自転車日本一周に必要&おすすめの装備・持ち物【総まとめ】

ウェア類

自転車日本一周は灼熱地獄、汗、そして夜間の冷えとの戦いでもあります。

自宅にいるように快適に…というのは無理ですが、旅を快適に楽しむために、備えておくべきウェア類についてお話していきます。

洗濯やお風呂のサイクルについてもご紹介します。

下着

化繊の物ならベストですが実際は普段はいている物でも大丈夫です。

枚数は4~5枚がベスト。

かなり汗をかきます。臭う下着は辛いですよ。

インナー(上下)

インナーは多くの人が間違えてしまいがち。アウトドア用インナーは値段が高いからです。

インナーほど化繊(ポリエステルなど)であることが重要な物はなく、特に自転車日本一周では間違いなく、例外なく大量の汗をかきます。

インナーは汗を発散し、乾かす必要があるのですが、これは化学繊維でないと無理です。綿のインナーは汗が発散されず、冷えてきます。

インナーは値段が高く感じてしまいますが、化繊の物をはじめから選びましょう。

上と下、どちらが重要かと言えば「上」です。上は化繊にして、下は家にある物を持って行くというのもアリですね。厚さは悩ましい所ですが、通年使用を視野に入れると中厚手より薄手かと思います。厚手のものは夏が耐えられないでしょう。夏場は着ないという選択肢もアリですけどね。

ミズノは日本の気候に合わせた優れたアウトドアウェアを作っているのでおすすめのブランドです。

枚数は上下ともに3~4枚でしょうか。

Tシャツ

化繊(ポリエステル)であれば何でも構いません。綿のTシャツは汗を吸い込んで地獄を見ることに。

基本的には半袖を着て、中に長袖のインナーを着るのが良いと思います。

枚数は4~5枚欲しいですね!

フリース

登山をする人は必ず登山用品を選びましょう。

日本一周だけを考えても、アウトドア用がベストです。

しかし、フリースを着て走ることはまず無いと思うので、あまり嵩張らず、暖かければ用を成します。上を見るとかなり高額の物もありますが、ここは値段を抑えても良いでしょう。主に寝る時やブログ執筆時に着ます。

枚数は1枚でOK。

ダウン

ダウン上は必ず必要ですが、パンツは無くともなんとかなります。

寒い時期に「耐えられない」と感じたら追加で購入でもいいでしょう。厚手のダウンではなく、コンパクトに収納できるものがいいですね。

上下ともに1枚でOK。

パンツ

何でも大丈夫。上半身と比べて圧倒的に汗が少ないからです。

ジーンズで走っているチャリダーもいるくらいですよ。半ズボンと長ズボンどちらもあると便利。

長ズボン2着、半ズボン2~3着あると良いですね!

靴下

こだわる必要はありません。くるぶしソックスなどではなく、ある程度厚めの方が汎用性が高いです。

登山する人は厚手の靴下を一つは用意しておきましょう。

雨で濡れることを考慮して4~5足は欲しい。

各種枚数まとめ

私の思うベストな必要枚数をまとめるとこんな感じですね!

下着 5枚
インナー(上) 4枚
インナー(下) 4枚
Tシャツ(半袖) 5枚
Tシャツ(長袖) 0~1枚
フリース 1着
ダウン(上) 1着
ダウン(下) 1着
長ズボン 2着
半ズボン 3着
靴下 5足

これでは多いと思うチャリダーもいるはずです。

足りなければ買えばいいので、気持ち少なめにして、必要であれば途中で買い足すのが賢いかもしれません。

洗濯サイクルと着替えのサイクル

私が日本一周していた時の、着替えと洗濯の基本的なサイクルを表したのが上の図です。

季節により、天気により、性別により着替えのペースは異なりますが、概ね3日~4日に1回程度は着替えていたと思います。

このサイクルで着替えと洗濯を行うのであれば、着替えは4着分あると安心だという事になりますね。人によりこの基準は異なりますが、多くのチャリダーが3~4着分の着替えを持っていると思います。

汗をかいたり汚れたりして、特に気になるのは「下着、靴下、インナー」。

一方でズボンは相当な日数履き続ける事が可能だったりします。

着終えた服はどうするの?

汗をたっぷり吸収した着替えは、くさいです(涙)

そのため、選択するまでは二重にしたジップロックで密閉するのがいいです。

ただ、それでも臭ってくるため、10日前後で洗濯したほうがいいと思います。

手洗いという選択肢はアリ?

個人的には、無しです。

まず、道の駅の水道では洗濯禁止となっている場所が増えてきており、洗う行為自体が嫌煙されています。

さらに、洗剤を持ち運ぶ必要性、洗っても匂いが落ちないリスク・・・それなら、コインランドリーを利用した方が総合的に言って賢いと思っています。

お風呂に入るタイミングとは?

お風呂は着替えるタイミングで入るのが鉄則!

汚れた服を脱ぎ捨て、死ぬほど体と頭を洗って入る温泉程気持ちのいい物はありません。

頻度については毎日入る旅人もいれば、週に数回から週に1回まで様々です。

個人的な感覚として、3日入らないとまあまあ汚れて、5日間入らないとザ・旅人の汚さ、7週間入らないと一線を越え、10日近く入らないと人智を越えてきます。

風呂に入らなければ偉いわけでもなんでもないので、周りに迷惑が掛からないレベルで旅を楽しむのが一番。

とは言え、汚れてなんぼの世界みたいなところもあるんです(たぶん)

電子機器

人によって持つ量がかなり変わってくるのが電子機器。スマホ、カメラ、パソコンが主な持ち物になると思います。

”スマホじゃなくてミラーレスで素敵な記録を残したい”

”ブログを重要視しているからパソコンのスペックはそれなりがいい”

旅に最適な物というよりも、旅で何を優先させたいのか?によって装備がガラリと変わります。

スマホ

一昔前までは得体の知れなかった格安SIMがメジャーとなり、工夫すればかなりの節約ができるようです。

お金が厳しい旅人生活、事前に大手のキャリアから格安SIMに乗り換えておくのは賢い方法だと思っています。

もちろん最新のiPhoneを持って行くのも良いでしょう。

基本的には既存のスマホをそのまま使えばいいですね。

たまに電子機器無しの旅をしている人も居ますが、そうでもない限り、地図を確認するのにやはりスマホは必要です。

防水機能や通信料が進化した今のスマホ

今はソフトバンクから20GBの定額プランが出ていたり、iPhoneが防水になったりと、私が日本一周していた昨年とは事情が変わってきました。

20GBあればデザリングすることでポケットwifiは不要となり、スマホが防水になったことで自転車ホルダーの選び方にも影響してきます。

ポケットWifiとの兼ね合いもありますので、もしスマホを買い替えるのであればどんなプランにするかは早めに決めておいたほうが良さそうです。

ポケットWifiは必要か?

私は7Gのプランのスマホを使っていたので必要でしたが、20GBあるプランなら不要でしょう。

ブログ執筆にはかなりの通信料を使いますから、スマホ(+ポケットWifi)で20GBあれば余裕があると思います。

モバイルバッテリー

スマホや自転車ライトなどを充電するのに使います。旅をするのに欠かせない装備の一つですね。

毎日コンセントで充電するのは手間なので、モバイルバッテリーを活用するわけです。上の製品は20000mAhという高容量です。実際に使っていますが、iphoneを5~6回はフル充電できるので日本一周でも十分です。

モバイルバッテリーと言えばAnkerというまでに有名なブランドになりました。他にはCheeroなども有名です。

モバイルバッテリーとペアで必要なのがUSB充電アダプタです。4ポートあるものがベスト。

これなら①モバイルバッテリー②スマホ③自転車のライト④wifiなど、複数の電子機器を一気に充電できちゃいます。

日光で充電できるタイプもありますが、自転車日本一周ではぶっちゃけなくても大丈夫かと思います。

サバイバル的な旅がしたければお勧めかも?

カメラ

日本一周の経験に基づく「旅におすすめのカメラとは何か?」の提案」を参考にしていただければと思いますが、ざっくり需要と供給を分類するなら以下のような感じでしょう。

写真は撮れれば何でもいい スマホ
スマホ以外にもカメラは欲しい コンデジ
スマホ以上にきれいな写真が撮りたい ミラーレス
写真に重きを置いている ミラーレス/一眼レフ

最近はミラーレスカメラの台頭が著しい。

写真に重きを置いている人で、これから新しいカメラを買いたいのであればミラーレス一択でしょう。

一方で、今どきの最新スマホはカメラの性能が目を見張ります。とりあえず撮れればいいのであれば、スマホも十分ありかと。

一番中途半端なのは、スマホ以下の画質しかない昔のコンデジです。これでは勿体ないですよね。

一眼レフですが、「そのカメラじゃなきゃダメな理由」を知っているのならば、一眼レフを運んで日本一周するのは大いに意味があると思っています。

そうでなければ、無理に一眼レフじゃなくても、ミラーレスで良いのではないかと言うのが最近の私の考え方です。

現在は素晴らしいフルサイズミラーレスが躍動している時代です。

どの程度カメラに重きを置いているかが選ぶ鍵ですね。

交換バッテリー

カメラの交換バッテリーを1つか2つは用意したいところ。

特に私の様に日本一周写真系チャリダーならなおさらです。

パソコン

時代と共に進化するノートPC、この記事をお読みいただいた時に最適な種類を選びたいですね。

私が日本一周で使っていたのは東芝のKIRAというシリーズです。Lightroomという写真編集・管理ソフトを多用するため、それなりのスペックがあるノートパソコンが必要でした。

もしブログをアップするだけの用途であれば、もっと安いノートPCでも十分だと思います。

PCで見るべきポイントは稼働時間と重さ、それにCPUの性能です。何のためにPCを持って行くのか理由をはっきりさせておきましょう。

ASUSのZenBookなんて良いなと思います(๑´ڡ`๑)

ノートパソコンは保護ケースに入れて運んでいました。サイドポケットに外付けHDDやマウスが入るので便利ですよ。衝撃吸収モデルなので、ちょっとした安心感もありますしね。

外付けHDD

1TBあればRAWで撮った写真でも十分保存できます。

万が一足りなくなったら旅の途中で追加購入したらいいと思います。

生活用品、その他の便利グッズ

最後に、旅という生活を経験するにあたり、生活用品として必要な物、あるいは持っていると便利な物を挙げてみたいと思います(๑´ڡ`๑)

歯磨き/歯磨き粉

言わずもがな。生活必需品。旅の途中で虫歯にだけはならないよう気を付けましょう。

シャンプー/ボディーソープ

基本的にシャンプー備え付きの銭湯や温泉を利用したいですが、共同浴場(町の小さな風呂場)は基本的にシャンプーがありません。

番台で買うと高いので、小さいサイズのシャンプーとボディーソープは持っていて損はないと思います。

(無くなったら大きな温泉施設などで補充させてもらいましょう…ゴニョゴニョ)

速乾性タオル

手ぬぐいや速乾性タオルは干せばすぐに乾く優れもの。

2枚持っておけば1枚を体洗い用1枚を拭き用として使えます。

電気髭剃り

レイザー剃刀でも良いですが、そこはお好みで。

女性の倍はサニタリーグッズなども必要だと思いますが、そのあたりは女性チャリダーの先輩に聞くのがいいと思います。

イヤホン

ネットカフェ、ゲストハウス、野宿、とにかくいびきをかいたりアイドリングしている車がうるさかったりと、日本一周の睡眠は騒音との戦いでもあります。

耳栓でもいいですが、音楽を流せるイヤホンの方が完全防音になります。

旅になれてくると音楽聞きながら寝れますよ!

ジップロック

言わずと知れた、100均で手に入る最強アイテム。

日本一周における重要度は計り知れません。

ウェア類をジップロックで小分けにしたり、汚い服を閉じ込めたりと幅広く使っていました。安いので気兼ねなく使えます。ジ

蚊よけスプレー

日本一周で何が辛いかお話ししましょう。それは、夏なんです。

6月を過ぎるとテントの外には蚊がいっぱい!

蚊よけのスプレーは人体に全く影響がないわけではないですし、ないより密閉されたテント内で使うと咳き込んだりもするので換気をお忘れなく。

簡単な工具(特にペンチと六角)

日本一周の準備編を見ると、チャリダーは総じて過剰な工具類を持っていますが、ぶっちゃけそんなに使いません。

ペンチ六角があれば十分でしょう。ドライバーでも何でもダイソーで売っていますから、必要になったら買えばいいんです。

初めから持って行くと要らない工具がかなり邪魔に思えてくるはず。

タイラップ(結束バンド)

必ずあった方がいいですね!結束バンド、インシュロック、タイラップと場所によって名前を変えますが、いずれも同じもの。

キャリアやパニアバッグが壊れたりしたとき、タイラップで繋ぎ合わせることで物凄い強度を持たせることができます。

これも100均で手に入るアイテムの中で、ジップロックと並びとても優秀です。

吸水タオル

無くても問題ありませんが、あればテントの結露を拭けるので便利。

これも100均に売っています。

防水シューズ

自転車日本一周で悩ましいのが雨との付き合い方。私は雨でも走ることがありました。

結論としては、防水のレインシューズを持っているのが一番だと思います。

私はビニールに足を突っ込んでクロックスを履いて頑張りましたが、結局濡れてしまいます。それならレインシューズを持っていた方が良い。

それくらい雨は厄介な問題なのです。

座椅子

私のような日本一周ブログ系チャリダーには圧倒的におすすめ!テント内で背もたれに寄りかかれる幸せをぜひ味わってください。

ブログの執筆環境が跳ね上がりますよ。

バイクカバー

道通りや駐輪場に自転車を長期間停めておく時、バイクカバーの有無は防犯に役立ちます。

これがあるだけで荷物をガサゴソしにくくなる効果があり、とうぜん雨もしのげるので絶対に必要。

私はダイソーのバイクカバーを使いましたが、薄くてすぐ破れるのでしっかりしたものを買うのがいいと思います。

三脚

日本一周の思い出に自分が写っている写真がどれくらいあるのかは大切だと思っていて、三脚はそんな自撮りに必須です。

自転車と自分が写っているような写真が無いと、後で寂しい思いをしてしまいます。

日本一周から登山まで、これくらいの三脚があれば十分です。

日本一周の看板

看板は絶対あった方が楽しいし、旅が盛り上がります!

この看板を通じて、多くの出会いを経験してきました。

ある意味、身分証明にもなりますので、自分だけの看板を引っさげて日本一周してみてくださいね(๑´ڡ`๑)

名刺

【装備紹介】まとめ-Japan Nomad (23)

出会った人はあなたの名前を憶えていてくれるでしょうか?

出会ったその人はあなたにすごく興味があり、ブログが見たいのに、別れた後うっかり名前を忘れてしまった・・・なんてことは十分起こりえます。

そこで名刺の出番です。

これを渡してさえいれば、機会や出会いのロスを防ぐことが可能。

ぜひ個性あふれる名刺を作ってみてください。

旅の装備は、旅人の個性

日本一周に「これを持って行かなければいけない」なんて物はありません。

使いたい物を使えばいいと思っています。

装備は旅人の個性です。私がここでお示しした情報もあくまで参考でしかありません。

もちろん、迷った場合は先人の知恵を借りればいいんですが、断固たる思いがあるのであれば、ぜひ自分の考えを貫いてください。

私で言えばフルサイズ一眼レフ+レンズ4本がその例でした。

他にもすごい物を持って日本一周している人が日本一周にはごまんといるんですから(๑´ڡ`๑)

Copyright © Japan Nomad, 2015~2020 All Rights Reserved