【旅266日目】岡山の魅力を詰め込んだ一日~倉敷美観地区と岡山後楽園~

道の駅「みやま公園」は名前のごとく深山公園と一体になっている道の駅。公園側の駐車場、一番車が来なさそうな奥の一区画をお借りしました。あまりに静かなので普段よりゆっくりしましたが、テントから出てみるとあらびっくり、公園は多くの車で賑わっていた様です。

今日は移動距離が少ないので、二度寝しちゃう。

あと、たまには爪を切ったりと、エチケットタイム。ふと気が付くと爪が驚く程に伸びていることがあります。面倒ですが大切。旅していても人としての一線は守らなければ(と、言う意識は一応持っておりますw)。

毎日お風呂に入ったりと綺麗にしているチャリダーもいますが、私はまあ、旅しているならちょっと汚い位が丁度いいのでは?と思っておりますん(´▽`)

以前ご紹介したエストニア産の「はちみつ」を使って今日も優雅に朝ご飯。

【旅256日目】思い切ってルート変更!~風光明媚な土佐北川駅と日本一の大杉~

たっぷり食パンに塗り塗りして、豪勢にいただきます。自然な甘さっていいですね。ジャムに飽きたチャリダーさんははちみつも良いですよ?

旅が終盤にさしかかり、心身ともに疲れが取れなくなってきたので、甘いもので癒されまくります。

・・・実はですよ、日本一周チャリダーのブログって、終盤だいたい同じパターンになるというか、同じ現象が起きがちだと思ってたんです。例えば、ネットカフェ利用率が異様に高まる、野宿しなくなる、自炊しなくなる、観光せずに長距離走って家を目指す等々。以前はブログ読みながら”後少しなんだから頑張ればいいのに…”とか思っていたこともあったんですけどね。

正直、今は。

「気持ちが分かり過ぎる」

って感じですね。分かるわぁ。分かりまくるわぁ。

それでも明日はやってくる。さあ、自転車日本一周266日目、岡山の観光いってみよう(ง `ω´)۶

歴史のかおり漂う「倉敷」美観地区が想像以上!

道の駅から程なく、岡山県を代表する観光地である倉敷にやって来ました!自転車を停めてすぐ目に入ったのは「きびだんご」の文字。岡山県と言えば外せないご当地物です。

早速お店に入ってみるも、お土産屋さん的というか、観光地的プライス過ぎてドン引き。

倉敷は江戸時代の町並みが保存されている場所。特になまこ壁などに代表される屋敷が広範囲に保存されています。倉敷みたいな「歴史ある町並みを保存する試み」は日本全国多くの場所でされています。例えば、私が訪れた中では山口県の柳井(やない)なんかもそうですよね。

そんな中に会って、倉敷はレベルが違うと感じました。

すごいですね、ここは。美観地区として町を条例で保護していることもあって、町全体が歴史ある雰囲気を例外なく残す努力をしています。どこを歩いても、どこを見ても、逸脱してる所がない。完璧なんです。

歴史ある町並みの中に面白い風景がたくさんあります。

ぷらぷら歩くだけで面白い。

お店が少ない側では路上販売してる人がちらほら。許可を得てやってるのかな?倉敷で路上販売とか、かなり良さげ。写真の路上販売したいくらいでした。

倉敷と言えば、定番の景色「くらしき川舟流し」は風情があります。以前は物資を運ぶための舟だったようですが、今では倉敷の美観地区を彩るなくてはならない風物詩となっています。

チケットの販売所で買うですけどね、やっぱり人気なわけです。予約もできないし、土日は乗船券を入手するだけでも大変そうでした(今日は平日にも関わらず、次の舟は一杯で・・・とか話してましたし)。

一通り歩いてみて、写真も撮ったところでティータイムと洒落込みます。「おざきや」さんが一番リーズナブルに、気軽にきびだんごを食べれる場所だと思いました。一本単位で売っているし、コーヒーとのセットなんかもあるので、おすすめです。

珈琲セットにきびだんごを一本追加しました。やはり岡山県と言えば、吉備団子。涼しい店内でアイスコーヒーと甘味を堪能。

お店の人に教えてもらいましたが、「吉備団子」なのにもかかわらず、現在の吉備団子の多くは「きび」が入ってないそうです(えっ…)。おざきやさんのお団子は昔ながらの、いわゆる黍(きび)が入っているのでご安心を。

吉備と備前。岡山県の旧国名は「吉備」なのかと思っていたら、岡山は備前と備中。広島県東半分は備後(びんご)と言うらしい。広島の西半分は安芸(あき)。備中や備後は初めて聞いたな。

倉敷から岡山市街に来ると路面電車を発見。岡山県も走ってるんですね。走っている県と走っていない県、そろそろ混乱しそうだ(笑)

黒いお城はかっこいい、黒一色の岡山城「烏城」

岡山市街に入ってまずやって来たのは岡山城。カラスのごとき真黒なその姿から、別名「烏城(うじょう)」と呼ばれるそう。

やっべ、岡山城、めっちゃかっこいい。

岡山城と後楽園のセット券を購入して内部へ。黒い河原に金色の鯱が圧倒的な存在感を放ちます。白いお城の代名詞、姫路城「白鷺城(はくろじょう)」も素敵ですが、私は黒いお城の方が好きかも。

・・・つうか、日本一周ではお城に興味ないしそんなに寄らない!!

・・・とか、言っていたのに、なんだかんだ毎回お城に来ていたら、お城にハマって来た(笑)

岡山城から橋を渡って次なる目的地、日本三名園の一つ「岡山後楽園」へ!

庭園からは岡山城がしっかりと見えます。

蓮の時期が近い。もう、夏ですねん。

同じく日本三名園である石川県「兼六園」へもこの旅の中で訪れていますが、私は圧倒的に後楽園の方が好きでした。兼六園は正直、だだっ広すぎて、イマイチ取り留めが無い上に、まとまりがない(気がしないでもなかった)。兼六園のライトアップは素敵でしたが、純粋に庭園としては後楽園の方が好きでした(๑´ڡ`๑)

お城にまつわる、あるいはより広範囲に日本史を復習して、お城は再訪したい。

岡山駅にやって来ました!まず目に留まるのは謎の噴水的なモニュメント。広島駅にも似たようなのがあったけど、正直センスイマイチだと感じたぜ(笑)

駅前には岡山を代表する桃太郎の銅像が。

サル、犬、キジ・・・

サル、犬、キジ・・・ハト・・・

ベストポジション過ぎー!!!(グッジョブ)岡山県で一番の写真はこれに決定。

鳥取県以来の再会、伯耆大山の事はこの人に聞け

伯耆大山 雪山登山~中国地方最高峰からご来光を望む~

中国地方で一番かっこいい山は、まったく議論の余地がありません。他のどの山域でもある程度、好みによる議論があるもんですが、中国地方は議論の余地が微塵も存在しない。伯耆大山です。

その伯耆大山に毎週末のようにでかけられ、素敵な写真を撮りまくっているAさんと上の山行でお会いしました。

岡山県在住とのことで、大山でお会いした時にも「岡山県で…」とお話ししとりまして、この度、再開を果たしました(๑´ڡ`๑)

Aさんのインスタグラム:mizuki_aki_yama

何度も、何度も、本当に何度も通うからこそ素敵な景色に巡り合える。それを地でやっているAさん。中国地方だったら、伯耆大山の一択。さあ、私は旅が終わったらどこの山に狙いを定めよう?もちろん、まだまだ色々な山に登って広範囲の山の開拓を続けますが、どこかの山に何度も何度も通いたい。そして写真が撮りたい。アクセスを考えると、無難だけどアルプス。特に北と中央アルプス。新宿から上高地へバス一本で行けるのは大きい。

前日夕方に移動、上高地で前泊。早朝からナイトハイクすればご来光を望める。選択肢は無限大。

ああ、早くまた冬にならないかな(๑´ڡ`๑)

Aさんのお車で岡山の名店「やまと」へ!食べたのはもちろん、岡山のご当地グルメ「デミカツ丼」です。トンカツという私が最も好きな食べ物にデミグラスソースがかかった岡山のソウルフード。

通常のデミグラソースとはやや味が違う?

ご飯が進み過ぎる味、美味すぎるので、後3杯くらい食べたかったです(笑)

次お会いするときは、ぜひ大山の南壁を案内してください!

ぶっちゃけ、今すぐ行きたいくらいです(いやマジで。はよ大山。大山行きた過ぎる。)

その後は一緒に温泉に入り、ネカフェに移動してお休みなさい。

移動ルート

今日の旅データ(266日目)

本日の走行距離 48km 
総走行距離 10122km 
スタート 道の駅「みやま公園」
ゴール ネットカフェ「快活クラブ(フレスポ高屋店)」
自転車日本一周バーナー Japan Nomad

 

自転車日本一周のブログランキングに参加しています。皆さんにバーナーをクリックいただくと順位が上がる仕組みです。旅を応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします(๑´ڡ`๑)

 
 

「いいね」して頂くと、
Facebookで最新情報をお届けします。

お気軽にフォローください
Pocket

こんな記事も読まれてます

お気軽にコメントください

メールアドレス、ウェブサイトをご入力いただいても一般公開はされませんのでご安心ください。コメント入力後、下記「コメントを送信する」ボタンを押してください。