高画質RAW写真の保存とバックアップについて

登山やら日本一周やらを通じて撮影した写真の枚数がとんでもないことになってきました。いずれも大切な思い出の形。撮った写真が消えてしまったり無くなったりしたらショック死します。

現在、写真の整理整頓中ということで、写真の保存とバックアップ先について考えてみました!

写真の保存はHDD(ハードディスク)が基本

写真を撮るときはSDカードに写真が保存されますが、SDカードを最終的な写真の保存場所にするのは難しいですね。というのも、最近のカメラ(スマホ含む)は高画素ゆえに、1枚1枚の容量がとても大きいからです。

ニコンD750の画素数は2432万画素ですが、RAW(写真の保存形式の一種)で写真を撮った場合、1枚あたりの容量は25MB~30MB程にもなります。

これをSDカードで保存しようものなら、あっと言う間に容量の限度を迎えてしまいます。

例えば、32GBのSDカードだと保存できて1000枚ちょっと。撮影の一時保存には使えても最終的な保存先としては現実的ではありません。

256GBという高容量のSDカードもあるにはあるんですが、値段が高いので紛失のリスクを考えると個人的には微妙かと・・・。

あと、SDカードは小さいので自宅で保存している間に紛失するリスクが高くて怖い。

と、なるとです、やっぱり基本はHDDかなと思うんですね。

PC内蔵のHDDに保存するとPCの容量がすぐ一杯になってしまうので、外付けのHDDを用意するのがいいですね!

大変ありがたいことに、技術の進歩もあってかHDDは低価格化が進んでいます。

写真のHDDは1TB(1テラバイト=1000GB)の物ですが、価格にして1万円程度とリーズナブル。

1000GBで1万円って結構衝撃的。一昔前はもっと高かったですよね?個人的にはHDDのデフレにびっくり、本当に超助かります。

私の場合(ニコンD750でRAW撮影)ですと、1TBの外付けHDDに約27000枚の写真を保存できています!たまに写真撮影に行くということであれば、外付けHDD一つ買えば十分だと思われます。

一方で、写真が趣味の場合には1TBの外付けHDD一つでは到底足りませんよね。私は1~2年に1つのHDDを購入して対応しようかなという感じです。

外に持っていかず、多少大きくてもよいという事であれば、1.3kgで4TBの外付けHDDなんかもあるみたい。自宅用としてはこれも良いな・・・4TBで1.2万円って衝撃的にお安いですね。

これからはNASの時代到来?

他に気になっている保存先としてはNASというデバイスがあります。

NASとはNetwork Attached Storageの略で、ネットワークに接続する外付けHDD、外付けHDDとPCの中間のような存在”らしい”。まだ使ったことがないのですが、十数TBものデータを1ドライブとして使えるので写真を一元管理しやすいようです。

このNASは8TBのHDDを4つセットできるので合計32TB!保存に充てられる容量はやや減りますが、これだけあれば写真の保存先には当面悩まなくて済みそうです。本体+HDDが必要なので値段は張りますし、気軽に外に持っていけなくなりそうなので一長一短だとは思いますが、将来的には導入を考えています。

写真のバックアップ先

写真の保存先としては外付けHDDでいいんですが、保存場所が1つでは紛失、故障などのトラブルがあったらそれだけで終了。「もしもの事態」に備えてメインの保存先以外にもバックアップ先を設定すべきです。

外付けHDDをもう一つ買って2つ体制にするのもありなんですが、できれば物理的に故障したり紛失したりしない場所がいい。そんな人におすすめなのがクラウド(インターネット上の保管場所)をバックアップ先にすることです。代表的なのはGoogleフォト、Flickr、Amazon Driveですかね。

Amazonプライムフォトという神サービス

タイトルにある通り「高画質RAW写真」をクラウドに保存するのであれば「Amazonプライムフォト」の一択ではないでしょうか?

というのも・・・

 

Googleフォト:

RAWにも対応、しかし1600万画素以上は圧縮 → ニコンD750は2400万画素あるので圧縮(劣化)されてしまう。

Flickr:

RAW非対応 → 論外。

 

GoogleフォトもFlickrもカメラマンのニーズを満たしてくれません。バックアップとは言え、「RAW写真をそのままの画質(圧縮や劣化なし)で保存したい」ですもんね。

一方!Amazonプライムフォトなら、RAW画像を圧縮や劣化なしで、容量無制限に保存可能なんです!

さすがはAmazon先生です、わかってる。時代のニーズ掴んでる。

Amazonプライムフォトの使い方

まずはじめにAmazon Driveのプライムフォトにアクセスします。

Amazonのアカウントを持っている方は入力してログイン。

ちなみにですが、Amazonプライムフォトを利用する前提としてAmazonの「プライム会員」であることが必要です。私は元々プライム会員だったのでプライムフォトを無料で利用できますが、もしプライム会員でない場合、年会費3900円かかります(汗)

プライム会員であるかどうかは「アカウントサービス<プライム会員情報」から確認できますよ!

プライム会員だとプライムフォトを利用できるしAmazonで商品を買った時、だいたい次の日に届くので年会費3900円の価値はありありです。(なお、プライム会員の制度を利用している人は”勝手にプライム会員になっている”可能性があるので一度確かめた方がいいですよ)

話を戻して、こちらはプライムフォトにログインした画面。

好きなフォルダを作ることができるので、RAW写真用のフォルダやjpeg用のフォルダ、Lightroomのカタログなんかもここにバックアップしています。

「RAWバックアップ」のフォルダを展開すると各日付ごとのフォルダが格納されてます。

「日付」のフォルダの中には実際のRAW写真が保存されてます。

(注)〇〇_.NEFというのはニコンのRAWファイル拡張子(形式)です。

写真をアップロードする際は、PCや外付けHDDに入っている写真のファイルやフォルダをドラッグ&ドロップするだけです。楽ちんですね。

RAWファイルは1ファイルの容量が大きいのでアップロードにはそれなりに時間がかかります。

また、大量の写真をアップロードすると、上りの通信量がとんでもないことになります。7GB制限のあるポケットwifiなどではアップロードしないように気を付けましょう(一瞬で7GB使い切ります)。

逆にAmazonプライムフォトから写真を引き出すには、写真を選択して「ダウンロード」するだけ!

写真以外は容量制限があるので注意

Amazonプライムフォトは、写真であればRAWであれJPEGであれ、圧縮無しの容量無制限のサービスですが、写真以外のファイルは5GBの上限があります。

写真以外というのは、例えば動画などですね。

私はこの5GBを使ってLightroomのカタログをバックアップしています。

写真が無事だとしても、Lightroomのカタログが無くなってしまっては現像データが全て無くなってしまいますから(汗)容量一杯になったら古いカタログを削除すればいいだけなので5GBの容量制限も問題なし。

写真もカタログも同じ場所にバックアップできているので分かりやすくて良いかなと思ってます。

まとめ

大切な写真をきちんと保管しておくために保存先とバックアップ先は慎重に選びたいですね。RAW形式の写真は容量が大きいので、外付けHDDに保存するのがいいと思います。バックアップ先にはAmazonプライムフォトが圧倒的におすすめですよ。JPEG写真や1600万画素以下の写真であればGoogleフォトも便利そうです(๑╹ڡ╹๑)p♪

 

「いいね」して頂くと、
Facebookで最新情報をお届けします。

お気軽にフォローください
Pocket

こんな記事も読まれてます

お気軽にコメントください

メールアドレス、ウェブサイトをご入力いただいても一般公開はされませんのでご安心ください。コメント入力後、下記「コメントを送信する」ボタンを押してください。