日本一周準備 自転車・ルート

清宮、車に轢かれたってよ(日本一周前に人身事故にあいました)

投稿日:2016年3月12日 更新日:

清宮、車に轢かれたってよ-Japan Nomad

どうもこんばんは、日本一周2016年組にして、まさかの出発前に車に轢かれた男、清宮です。

何から説明したらいいのか分りませんが…このタイトルを見て「はッ?」と思われる方や、心配をかけしてしまう方も多いと思いますので、まず結論から書きます。

  • 2016/3/10東京某所、自転車走行中に車に轢かれる。
  • 直進していたところ、右後方より衝突される。
  • 激しい衝撃後、落車して後頭部をコンクリートにジャーマンスープレックス。
  • 首、後頭部、右足首打撲。骨に異常なし。
  • 救急車にて近くの病院に搬送(人生初救急車)。
  • 目撃者によると、相当な落ち方だった様子(頭からドンッですからね)。
  • 自転車の前輪後輪のリムが大きく歪む。
  • ハンドルが大きく歪む。
  • 自転車のフレームは一見問題ないが、何とも・・・。
  • 近医の接骨院受診済み、骨に問題なし。
  • 近医の脳神経外科受診済み、脳機能問題なし、近日MRIにて精査予定。

と、このように一昨日の事故にも関わらず、すでにブログを更新しているくらいですので、私の身体は問題ありません。MRIも「後になってから何かあっては困る」ということで念のため検査するだけでございます。

「人生どこで何があるか分らない」をリアルに体感した

「人生どこで何があるか分らない」そう言われたって、人は健康を崩さなければ健康のありがたさを本当の意味では理解できないし、本当に貧乏にならなければ普通の生活のありがたさを感じるのは難しいのかもしれません。ちょっと大げさですが、今回の事故で「生きててよかった」と心から思いました。

人生初めて車に轢かれて感じたのは「下手したら死んでいた」というリアルな恐怖です。まだ若いおかげか、それなりに身体を鍛えていたためか分りませんが、後頭部からアスファルトに落下した割にはものすごい元気です。

でも、それは身体の話であって、事故当日と翌日はさすがに落ち込みました。

何に落ち込んでいたのか、上手く説明できないのですが・・・自転車がスクラップになってしまったこと、協賛会社の方にご迷惑おかけしたこと、これから日本一周するのに出発前に車に轢かれるとは…家族にどれだけ心配かけるんだってこと、そして何より生まれて初めて死をリアルに感じたことかもしれません。

右後ろからの衝突だったので、私はぶつかった瞬間車を見ていません。気づけばコンクリートにぶつかった衝撃と“大丈夫ですか!?”という後ろを走っていたロードバイクのお兄さんの声、目の前に停まっている大きな車と、かけ寄ってきたおばあちゃんドライバーの姿。

最近は日本一周のことしか考えていないためか、事故を意識した瞬間脳裏をよぎったのは「まじか…日本一周前に事故とか、こんなんで日本一周できんのか」という気持ちでした。

身体のことより日本一周、事故直後の思考としては我ながらなかなかタフだと思います(笑

自転車に乗りながら常に後方を注意できるものなのか?

今回の事故、自転車が壊れただけではなく、私が怪我をしているので、物損事故ではなく人身事故となります。結構な数の警察官が来て、実況見分していました。

現場が片付いた後、警察署に行って調書を取られました。その際「難しいとは思うけど、自転車側もできるかぎり後方を注意してほしい。」

決まり文句なのか、このように言われました。

でもね、現実レベルで言って、自転車に乗っていて「常に後方を注意する」というのは、難しいですよね。注意しろと言われたって、サイドミラーがついているわけでもあるまいに・・・1分に1回後ろを振り向く?考えるな、感じろ?

自転車は、歩道でも広い車道でもなく「車道のなるべく端」を走っているため、縁石にぶつからないよう、段差に車輪をとられないよう、車の邪魔にならないよう、人と衝突しないよう・・・前方への注意だけだって大変です。ましてや、車のような鉄箱に入って走っているわけではないので、事故への恐怖は車以上だと思います。

何しろ、今回のように後ろから車にぶつけられれば、簡単にコンクリートに投げ出されてしまうのですから。

それでも、不幸中の幸いに感謝するしかない

身体は元気ですが、心もそうかと言えば「自転車こえーな!」という気持ちがゼロなわけありません。車に轢かれたのも初めてなので、なおさらかも。

正直、文句を言いたい気持ちもありますが、

幸い、生きてました!

というか、事故に遭ったのが日本一周出発前で良かった!

車側の人たちは皆良い人で、誠心誠意対応してくれました!

「なんで俺が・・・」「日本一周前にチャリ壊れるとか・・・」「ツイてない・・・」と悲観的になってしまっては、日本一周なんてできません。この経験を活かして安全に日本一周するにはどうしたらいいのか、何かあったときにどう対応したらいいのか、本気で考え、用意してから旅に出ようと思います。

日本一周中のリスクマネジメント

リスクマネジメントって・・・真面目か!(∩`ω´)⊃)) 

ええ、一応元サラリーマンですからね、これでも。

今回の事故が出発後だったらと思うとゾッとします。

今回の事故ではタイヤのリムが変形してしまい、自転車は微動だにしなくなりました。

動かない自転車はただの鉄の塊となり、自宅までの道のりは70キロ強・・・自転車に付属する荷物が多いので自転車を置いていくわけにもいかず、結局は弟に車で私&自転車を回収してもらい事なきを得ましたが、旅先ではそうもいきません。

日本一周で旅に出ると様々なリスクがありますよね。

交通事故、自転車の盗難、自転車の破損、体調不良、(野宿中の)暴走族やチンピラ、北海道での熊、登山中の遭難・・・

私は心のどこかで「交通事故?まあ大丈夫でしょ☆」「盗難?鍵買ったし☆」「チンピラ?ボクシングやってたし☆」などと、自分は大丈夫だろうと、少し安易に考えていたなと反省しています。

そもそも、普通に考えれば自転車で15,000キロも走る間に何もトラブルがないわけありません。

今回のように、自分の努力だけでは防げないことが世の中にはたくさんありますが、未然に防ぐ努力をして、軽減措置をとっておくだけでも結果は良い方向に転ぶはずです。

出発前にこの辺のリスクマネジメントはしっかり考えます。

日本一周は予定通り!

出発3週間前に車に轢かれはしましたが、身体は大丈夫なので、予定通り4/3に出発します(╹◡╹)

自転車がダメになってしまいましたが、当然、先方の保険で補償してもらうので、またディアゴナール買います!

というわけで、死の淵から生還いたしましたので、これから気持ち新たに頑張ります!

日本一周前に車に轢かれるとはまったくもって恰好がつきませんが、そんな私ではございますが、これからもどうぞ応援よろしくお願い申し上げます(๑╹ڡ╹๑)p♪

-日本一周準備, 自転車・ルート

Copyright© Japan Nomad , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.