【旅267日目】素敵な出会いが退屈を救う

昨日は岡山県の観光の後、Aさんとご飯を食べてお風呂に入り、近くのネットカフェに泊まりました。我々(日本一周者)以上に、日本全国のネットカフェを利用している人種はいるだろうか?-否、いないだろうな。利用頻度が高い人ならいざ知らず、これ程に、全国津々浦々のサイバー空間を渡り歩く人はまあいまい。

とは言え、旅人と一口に言っても寝床の好みはそれぞれ。ネットカフェを一切使わない人、基本ゲストハウス等の宿にしか泊まらない人、道の駅しか野宿しない人、様々。

私は、それなりに色々な場所で野宿してきた方かもしれない。海岸線、川沿い、橋の下、観光地、駐車場、道の駅、公園、トイレの裏・・・

ふと思う。あと何回野宿をするだろうか?

もう、それ程多くはないかもしれない。旅が終わったら野宿をすることは、無いだろうな。旅の中では当たり前だったことが、旅が終われば非日常へ。今は何にも思わないことも、旅の終わりの終わりには、すべてが思い出に変わるのかな、なんて考えたりします。

場面は変わっていきなり兵庫県へ!

今日は、岡山の備前、兵庫県の赤穂(あこう)あたりを通っているわけですが、記事を起こすのやめようかと思うほどにイベントや観光地がない場所でした。産業道路というか、何というか。日本は広い。すべてのエリアに平等にして魅力的な観光地が与えられたわけではない。仕方がないけれど、退屈な移動日もある。

“うちの町は観光とかやる気ありません”的な雰囲気をビシバシ感じるんですよね。ただ単にゴミが散らかっているからという訳ではなく、町の中の目立つ場所に観光案内版がない、というのが逆に目立つ。

日本一周で走った地域の中で、「今後再訪することがないだろうなランキング」トップクラスの地域だったかもしれませんね。

色彩のない一日。無感情を纏って走っていると、前に一台車が停まってくれた。「清宮さんですか!?」その一言は、惰性で終わりかけた一日を素敵な一日に変えてくれます。

なんと、ブログの読者の方がたまたま発見してくださったと言うのです。これ程驚くことはありません。だって、芸能人でもない私が、通りすがりの車、知らない人から名前を呼ばれるってんですから。

予め約束してお会いすることもありますが、こんな風に、偶然読者の方とお会いするのは滅多にないので、まあ驚きます。しかも、お話ししてみるとフェイスブックでよくイイネしてくださっている方なので、驚きは一層。

記念にお写真撮ってもらいました(๑´ڡ`๑)

私の日本一周のブログ更新を楽しみにしてくれている人が居る。旅終盤の今、私を突き動かしている大きな原動力になっているのは間違いありません。

それにしても、私は顔や名前を出してブログを運営しているので、もう悪いことはできそうにありません(笑)

「自動車専用」

自動車道があるんだから、一般国道を自動車道専用にされるのは、簡単には納得できません。この憤りをどこにぶつければいいのでしょうか?国土交通省の担当者とは一度、しっかりとお話ししてみたいものです。

側道が途中でよく分からん感じになり、遠回りをすることに\(^o^)/

今日は姫路のゲストハウスでゆっくり休みます。姫路城すぐ近くにある縁楽堂(えんがくどう)へ。ネットカフェとゲストハウスで値段がそれほど変わらないとあれば、時間制限の緩いゲストハウスを選ぶことは、ごく自然な選択肢です。

それに、ネットカフェでのソフトクリーム食べ放題も、連日では飽きてしまいます。

ゲストハウスにて、一人の女性ライダーの方と会ったのですが、これがまたビックリ!

バイクで日本一周されているんですけどね、何と、同い年、同じ神奈川、そしてそして、共通の友人がおりました。共通の友人を持つ同年代の方とお会いするのは初めて。

日本一周前に私のブログの準備編を読んでいてくれたこともあったそうで、色々と驚きが連鎖しました。「有名人にあった気がする」などと言われると、うっかり天狗になってしまいそうじゃないですか。慎ましく、謙虚でなければ。

そんなこんなで、ブログ読者の方との出会いもあり、退屈だった移動日が素敵なご縁に恵まれた一日へと変わりました。香港から来たチャリダー、ヒンソンは日本語がしゃべれませんが、「ありがとう」の他に、もう一つだけ日本語を覚えたと言っていました・・・縁・・・。

明日は雨予報なので、ゲストハウスで一日ゆっくりする予定です。ブログ記事は起こしません。旅は姫路から大阪へ。ついに、日本一周後半戦スタートの地まで戻ります。

移動ルート

今日の旅データ(267日目)

本日の走行距離 92km 
総走行距離 10214km 
スタート ネットカフェ「快活クラブ(フレスポ高屋店)」
ゴール ゲストハウス「縁楽堂」

「いいね」して頂くと、
Facebookで最新情報をお届けします。

お気軽にフォローください
Pocket

こんな記事も読まれてます

お気軽にコメントください

メールアドレス、ウェブサイトをご入力いただいても一般公開はされませんのでご安心ください。コメント入力後、下記「コメントを送信する」ボタンを押してください。