【旅233日目】土谷棚田の夕景~刻々と変化する空模様~

旅233日目は長崎県の西海橋公園(さいかいばしこうえん)から。今日も気持ちのいい青空が広がっています。好天に感謝、感謝。

テントから出ると早速ネコちゃん達も集まって来ました!爪を研いで上機嫌な所に、シャッター音を聞くと鋭い眼光をギラリ。いやいや、本当は心通じ合ってますからね?体すりすりしてくるんですからね?

西海橋公園を出ると、すぐに西海橋が見えてきます。この辺りの光景は長崎県らしい、湾と島々で構成された地形となってます。当たり前ですけど、同じ日本でも県によって全然地形が違います。

四方八方を高峰に囲まれた長野県や岐阜県、平地の多い東京都、島と湾で構成された長崎県、南国の沖縄、極寒の北海道。日本には四季があり、様々な地形や気候があり、様々な景色が見られて面白いなと感じる今日この頃。

今日はまず伊万里(いまり)を目指します!進路から外れる佐世保市街はスキップ。

この辺りは有田焼や伊万里焼と焼き物が有名。

と、佐世保はスキップしようと考えていると、ちょうどいいタイミングで佐世保バーガーのお店発見。昼ご飯には早いですが(まだ10時やん笑)、せっかくなので佐世保バーガー食べていこうと思います。

焼き立てアツアツの佐世保バーガーをがぶりと。

話を聞くと、佐世保バーガーとは特定の種類のハンバーガーを指すのではなく、佐世保で作られ、オーダーが入ってから鉄板で焼き始めるスタイルの物を指すんだと言います。このC&Bは厚切りベーコンが売りだと仰ってました。お店によって個性があり、複数のお店で食べ比べてみると面白そう。

佐世保バーガーって、遠く離れた神奈川の私でも聞いたことがあるくらい有名だと思いますが、なんでだろうか?東京にお店とかあったかな・・・。

日本の最果て、佐賀県に突入!

佐賀県に入りましたー!!!

やったぜ。ついに佐賀県、九州地方ラストの県にやって参りました。これで29/46県達成!

こう言っちゃ失礼なのかもしれませんが・・・ぶっちゃけですよ?佐賀県って、本当に印象薄くて、というかほぼ無い(汗)

本州では福井県の印象が希薄でしたが、佐賀県に至っては、遠く最果ての場所にあることも相まって、どんな場所なのか見当もつかないという具合。思い浮かぶのはハナワの「S・A・G・A・佐賀」くらいや。と、言う訳で!これから数日かけて佐賀県を探索してみたいと思います(๑╹ڡ╹๑)p♪

知らない場所を知っていく。それが日本一周の醍醐味なのです。

走ってたら茶色い物体があるなぁと思ったらワンコだった。かわゆ。

焼き物の町「伊万里」

伊万里に入ったわけですが・・・ふーむ。なるほど。

まだ判断するには早計ですが、佐賀県は、これまで周って来た県の中でも、かなり田舎な気配を感じる。でも、いい意味で田舎です。これくらい、のどかでチェーン店まみれじゃない場所も、日本には必要だよなぁと思います。

一方、住んでいる方は便利なのがいいに決まっていますし、そのバランスはとても難しい。

伊万里と言えば伊万里焼

市街地に行くと道の脇に伊万里焼が展示されています。

白地に施された精巧で美しく高級感あふれる色味が特徴(らしい)。

窯元があるのは大川内山(おおかわちやま)という市街地から6km程、山の中に入った場所だそうです。ちょっと迷いましたが、伝統工芸メインではないので、今回はパスしちゃいました。

橘とお菓子の神様「伊萬里神社」

伊万里市街にある伊萬里神社にやって来ました。

いくつかの神社が合祀(ごうし)された神社。その一つ、中嶋神社の祭神「田道間守(たじまもり)」は天皇の命を受けて、当時、不老長寿の力があるとされた柑橘類の原種であるをとりに常世の国(伝説上の場所)へ向かいます。その帰り、初めに寄ったのがここ伊萬里神社とされ、橘を一株植えたという伝説があります。そのことから、橘の宮とも呼ばれるそうです。

霊菓「橘」のことから、田道間守はお菓子の神様とも呼ばれます。

ちなみに、境内の上に行くと胸像があって、誰のものか説明がなかったので分からなかったんですが、後で調べてみると森永製菓の創業者「森永太一郎」なんだとか。伊万里出身なんだそうですが、大手の製菓会社と伊萬里神社、なんだか面白い関係ですね(๑´ڡ`๑)、

伊万里を抜けるとすぐに大きな田園地帯へ突入。

走っているとカブトガニの文字が!

実はここ、伊万里はカブトガニの産卵場所として有名らしい。入場無料とのことなので、中に入ってみました。

実物おった(笑)

資料展示だけかと思っていたら、カブトガニのつがいが飼われておりました。まさか日本一周中にカブトガニを見ることができるとは。

カブトガニは2億年前からほとんど姿を変えておらず、何と世界に4種類しかいないそうです。日本にいるのは「カブトガニ」というそのまんまの種類で、伊万里湾は貴重な産卵場所となっています。時期は6月~8月。この時期は大潮に乗って浅瀬にやってくるので、産卵を見ることもできるそうですよ!

ちなみに、カブトガニはカニよりも、クモやサソリの近縁種なんだといいます。

田園風景を抜けて、目指す先は長崎県?

そこから走って程なく、橋を渡って福島という島に向かいます。(日本には、福島と言う地名の場所、たくさんありますね。他でも複数見ました。)

それでですよ?私はてっきりこの福島は佐賀県かと思っていたんですが、なんともびっくり、長崎県なんだそうです。・・・なぜだ?なぜ佐賀県から橋を渡っていったらそこだけ長崎県なんだ。

確かに、下に長崎県があるので、福島が長崎県なのはまあいいとしても、その上にある鷹島も長崎県だって!?いやいや、絶対佐賀県でしょ!ちなみに、鷹島も佐賀県から橋を渡っていきます(笑)

不思議すぎ。

福島にはヤマザキとAコープがあるので買い出し可能。

おそらくここを逃すと他にはお店がないので、ご飯とかルービーとか買うなら要チェック。

日本棚田100選「土谷棚田」

福島を走ると棚田が見えてきました!

風景写真をやっている方なら土谷棚田(どやたなだ)は聞いたことがあると思います。日本棚田100選の中でも絶景スポットとして非常に有名。西側、海辺にある棚田なので、夕日と絡めることができちゃうんです。

日本一周の中で、棚田を訪れるのは2度目です。

【旅141日目】星峠の棚田で初の棚田撮影、雲海と朝日が幻想的でした

こちらも超有名な棚田、新潟県にある星峠の棚田。この時はクロックスにくるぶしソックスで足が凍傷になるかと思うほどに寒かったですね(笑)

・・・思えば遠くに来たもんだ(๑´ڡ`๑)

土谷棚田の夕景~刻々と変化する空模様~

薄い雲が広がっているので、空全体がいい感じに夕焼けとなっています。何故か棚田の水面にはあまり日が射さなかったんですが、海を望む棚田の景色にうっとり。

日が沈む直前、一瞬太陽が顔を出します。赤く染まる空とシックな棚田の様子が渋い。

日が沈んだ後は雲がきれいに焼けました。ピンク、紫、赤、オレンジが複雑に絡み合う空模様。

やはり、雲があるのは大正義。そして、奥の方の棚田2枚だけ焼けてる。これが全部焼けたら最高でしたが、これでも十分うつくしい。

マジックアワーはブルーアワーの時間へ。棚田は蒼く、空は青からピンクまでグラデーションを演じています。(めっちゃきれいーーー!!!)

撮影:焦点距離/17mm、f/8, ISO/200, シャッタースピード/28分

夜も更けた頃、星が流れる土谷棚田も撮影。薄い雲が広がってるんですが、これもアリだぞ?これまで雲があると星を撮るのやめちゃってたんですが、雲と星のコラボもいい感じ。海の向こうには工場の灯が煌々と灯って・・・ピントを合わせるのが楽で助かりました(笑)

土谷棚田は夕暮れから星空まで、刻々とその景色を変える絶景スポット。東京からは遥か遠いですが、訪れる価値のある場所でした(๑´ڡ`๑)

広角レンズで撮ると、雲のさらに上に星を入れられるので便利でした。棚田だけ撮るのであれば標準レンズが丁度よかったですよ!

移動ルート

今日の旅データ(233日目)

本日の走行距離 58km 
総走行距離 8598km 
スタート 野宿「西海橋公園」
ゴール 野宿「土谷棚田」
飲み物 539円
朝食 127円(食パン)
昼食 700円(C&B「佐世保バーガー」)
夕食 519円(パスタ、ラーメン補充)
買い食い 181円(おつまみ)
使用金額 2066円
自転車日本一周バーナー Japan Nomad

自転車日本一周のブログランキングに参加しています。皆さんにバーナーをクリックいただくと順位が上がる仕組みです。旅を応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします(๑´ڡ`๑)

 

「いいね」して頂くと、
Facebookで最新情報をお届けします。

お気軽にフォローください
Pocket

こんな記事も読まれてます

comment for this post

  1. ゆう

    佐賀県出身の末次です!
    もし虹の松原通られるのであれば、からつバーガーがおすすめです(^^)
    地元民からしても、なかなかコレといった魅力が思いつきませんが、お手柔らかにお願いします(^_^;)

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      お疲れ様ですー!
      佐賀県はハナワの次に厳風さんを思い出しましたよ!笑
      最近日本一周チャリダーのブログはあまり読まなくなってしまいましたが、厳風さんのブログはRSSで楽しませてもらっています(๑´ڡ`๑)
      お互い頑張りましょうね☆
      本日、唐津に訪問予定なので、食べてみますね!ありがとうございます(๑╹ڡ╹๑)p♪

      Reply
  2. ぴぽぱ十勝

    こうしてみると、日本には私の知らない美しい風景がホントにたくさんあるのだな~!と思います。
    沖縄から東京、北海道へと住居を移してきたので、なんとなく南から北まで知ってる感に陥ってる自分がおそろしい。

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      日本一周では一度に多くの場所を巡れるのが何と言っても魅力です。
      私は特に風景・絶景のカテゴリー担当?ですので、そういった意味で、
      これまでに知らなかった景色を知っていただければ、私としては本当に何よりです(๑´ڡ`๑)
      日本一周が終わったら、訪れたばっしょ・行きたいけど行けなかったから今後行く場所などをまとめますので、
      どうぞ今後のご旅行の参考にしてみてくださいね(๑╹ڡ╹๑)p♪

      Reply
  3. さーさん

     おはようございます。唐津に近付いてきましたね。果たして会えるかな?それともスーッと通り越すかな?そんな期待を胸に、お待ちしています。と言っても風車が立っているわけじゃなく、工事中なので、見るものはありません。
     国道を走ると「みなとん里」JAの道の駅のようなものです。そこの喫茶店「道草」に寄れば連絡をくれると思います。秋田で果たせなかった夢が叶うでしょうか?でも、今日は忙しいから居ないかも・・・

     さあ、運命はどちらに傾くでしょうか?乞うご期待!!

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      本日はどうもありがとうございました!
      とてもいい思い出になっただけでなく、ブログを通じてお会いすることもできるものだなと、感動しました(๑´ڡ`๑)

      Reply

お気軽にコメントください

メールアドレス、ウェブサイトをご入力いただいても一般公開はされませんのでご安心ください。コメント入力後、下記「コメントを送信する」ボタンを押してください。