D750と合わせて使いたいレンズ、望遠・広角の次に狙うレンズはこれだ!

pic_01

どうもこんにちは!自転車日本一周中の清宮です。

今日は久しぶりにどっぷりたっぷりカメラ・レンズについて語りたいと思います!

ニコンフルサイズ、D750を相棒に日本一周をはじめて【2カ月】以上経過しました。これからもD750と共に日本を回り、日本の絶景、日本の魅力が伝わるような写真を目指して撮っていきたいなと思います。

D750は非常に魅力的なカメラですが、カメラはレンズと一体となることにより本来の力を発揮します。そして、レンズの種類によって撮影できる画はガラリと変わります。

“日本一周でこんなレンズを使いたい!”

そんな私の妄想と羨望を交えながら、D750と合わせて使いたいレンズをご紹介していきます(๑╹ڡ╹๑)p!

まずは私のレンズラインナップをご紹介

とても嬉しいことに、D750関連の検索で私のブログへお越しいただく方が少なからずいらっしゃるようです。

「D750欲しいんだけど、どんなレンズを一緒に使ったらいいのか・・・」「レンズの種類が多すぎて何を買おうか迷っちゃう」そんな方の一助になればいいなぁという気持ちも込め、まずは私が使っているレンズを紹介いたします。

望遠レンズ、広角レンズについてはコチラも合わせてお読みください(╹◡╹)

⇒ ニコンフルサイズ、D750と一緒に使うレンズ(望遠・広角)はこれだ!

【現在所持】 ニコンAF-S NIKKOR 24-70mm(標準ズーム)

日本一周で初めの”2週間”活躍してくれました、言わずと知れたニコン大三元の一つ!旅の中で故障を経験し、今は自宅待機中です。旅が終わったら再び主力のレンズとして活躍してくれるでしょう( ・ㅂ・)و ̑̑

<魅力>

  • 爆速のAF
  • F2.8通しの明るさ
  • 美しい描写、とろけるようなボケ味
  • 大三元を所有しているという満足感!

<ここがいま一つ>

  • 重い!デカい!
  • ナノクリだけどゴーストがちょっと目立つ?
  • 手ぶれ補正(VR)が付いた新型あり

【現在所持】 タムロンSP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(望遠レンズ)

タムロン60周年を記念して技術の粋を結集して作られたレンズです。標準ズームだけでは遠くを撮ることができません。そんな時に役立つのが望遠レンズ、~300mmまでカバーしているので、かなり遠景を撮ることができます。

旅では高倍率ズームを使っているため、コチラも自宅待機中。

<魅力>

  • 求めやすい低価格
  • 非常に美しい描写、柔らかいボケ味
  • 強力な手ぶれ補正(ピタッと止まります)

<ここがいま一つ>

  • 近くを撮れないのでレンズ交換が面倒
  • 高倍率ズームと競合する

日本一周11日目-Japan Nomad (17)

【作例】茨城県「ひたち海浜公園のネモフィラ」

【現在所持】 トキナーAT-X 17-35mm F4(広角ズーム) 

トキナーのレンズを使うのは初めてでしたが、非常に優秀なレンズで、自転車日本一周で大活躍してくれています。

<魅力>

  • 超広角の焦点距離(フルサイズ17mmはAPS-Cだと10~11mmに相当)
  • シャープな画質
  • 小型ボディ

<ここがいま一つ>

  • AF⇔MFの切り替え方法がはじめわからなかった笑(筒を上下させます)

日本一周-Japan Nomad(1) (55)

【作例】福島県「磐梯山から見下ろす裏磐梯」

自転車日本一周62日目(神威岬)-Japan Nomad (54)

【作例】北海道「神威岬」

【現在所持】タムロン28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD(高倍率ズーム)

24-70mmに代わり、現在日本一周で主として使っているレンズです。便利ズームの名のごとく、標準から望遠までこれ一本で担う超便利なレンズ!

自転車日本一周50日目(十和田湖、奥入瀬渓流)-Japan Nomad (58)

青森県「奥入瀬渓流」

自転車日本一周59日目-Japan Nomad (6)

ワイド端は28mmスタートなので広角レンズとして使うにはやや狭いですが、望遠300mmまでワンタッチでズームできるのは本当に便利です。

<魅力>

  • 広角以外、レンズ交換不要な便利さ
  • 小型ボディ

<ここがいま一つ>

  • AF-S Nikkor 24-70mmなどと比べると描写が甘い

これからD750と一緒に使いたいレンズをご紹介!一歩進んだレンズ構想

上でご紹介した通り、標準レンズ、望遠レンズ、広角レンズ、高倍率ズームを所持しております。

画角的にはこれで広角から望遠まで撮れちゃうわけですが、実は、これらのレンズだけでは「撮れない写真」があるんです。

具体的にどんなレンズなのか、メーカーのHPから写真を拝借しつつ、ご紹介していきましょう!

究極の接写性能 マクロレンズ

slide_01

次に欲しいと思っているレンズの一つ目が、こちら!

マクロレンズと呼ばれるレンズ群です。マクロとは「巨大な」という意味ですが、何が巨大なのかといいますと・・・作例を見ていただいた方が早いですね。タムロンのHPから写真をお借りして見てみましょう!

04

08

マクロレンズとは、撮りたい被写体に”グッ”と近寄れる、小さなものを大きく撮ることができるレンズなんです(๑˃̵ᴗ˂̵)و!

02

しかも、単焦点レンズ(ズームできないレンズ)なので、描写性能がハンパない!単焦点レンズならではのシャープで鮮明な描写。F2.8という明るさ、90mmと長い焦点距離から生まれる美しいボケ味。

庶民に優しいタムロン、このレンズで7万円は極めてリーズナブルだと感じます。

(´-`).。oO(ただ、マクロレンズは三脚でどっしり構えて撮ることが多く、日本一周のように流動的な旅にはちょっと不向きです)

純正のニコンでのラインナップを見てみましょう!

フルサイズのレンズに絞って話すと、焦点距離で60mm、105mm、200mmの三種類があります。

これらのレンズで何が違うのかというと「同じ写真を撮る場合に、どれだけ被写体から離れるか」がレンズによって異なります。

D750マクロレンズ検討

焦点距離60mmは標準マクロ、105mmは中望遠マクロ、200mmは望遠マクロと呼ばれます。いずれのレンズを使っても上の画像のように同じ写真を撮ることができますが、その時のカメラの位置を見てみてください。

標準マクロでは被写体にくっつくほど近寄ります、中望遠マクロでは少し距離が長くなり、望遠マクロではより距離が長くなります(上の画像はイメージです!実際の距離を表しているわけじゃありません)。

この被写体とカメラとの距離を「ワーキングディスタンス」といいますが、どのレンズを選ぶかは、被写体にどれだけ寄って撮るのか、背景をどの程度ぼかしたいのか等によって決める必要があります(╹◡╹)

被写体によってはあまり寄れない場合もあるため、個人的には中望遠あたりの焦点距離が使いやすいのかなと思いますが、ヨドバシカメラなどで実際に試し撮りをさせてもらうのが確実ですね!

マクロレンズについては純正のニコン、サードパーティのタムロン、シグマから複数のラインナップが出ているため、購入前には徹底比較をしてみようと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

究極の広角視野と独特のクセ 魚眼レンズ

無題

欲しいレンズ第二弾はこちら!Fish eye、魚眼レンズと呼ばれるレンズ群です!

魚の眼は非常に広い視野と持つといいますが、魚眼レンズも読んで字のごとく、魚のようにあらゆるレンズ群の中で最も広い視野を持つレンズです。また、水の中から水上を見上げると背景が屈折するように、魚眼レンズで撮影した写真は婉曲するのが特徴です。

samyang opitcs-12mm-F2.8-fisheye-camera lenses-photo lenses-clip_02

samyang opitcs-12mm-F2.8-fisheye-camera lenses-photo lenses-clip_03

魚眼レンズは非常にクセの強いレンズです。広い画角だけでなく、大きく婉曲する特性から個性的な写真となるため、撮る人の腕やセンスが重要になってきます。

広角レンズは写真の外側から中心に向かって「小さくなる」特性がありますが、魚眼レンズはその逆で、外側から中心に向かって被写体が大きくなります。犬の鼻がでかでかと写った写真を見たことありませんか?あれはこの特性を利用して、魚眼レンズで撮影したものです(╹◡╹)

写真にパンチを効かせたい時、中央の被写体をドンッと目立たせたい時、水平線を丸く撮りたいとき、室内をユニークに写したいとき・・・活躍する場面はいくらでも思い浮かびます!

なお、魚眼レンズは選択肢が非常に限られます。ニコンは非常に古いものが一本ありますが、魚眼レンズへは注力していないようです。サードパーティーもタムロンは出していませんし、シグマに一本ありますが、こちらもあまり新しくないようです。

じゃあ、どうしたらいいのかって?

それは今度改めてご紹介します(๑˃̵ᴗ˂̵)و!

まとめ

標準、望遠、広角、高倍率と基本の布陣はそろっているので、残すところはマクロと魚眼ということになります。もちろん、単焦点を入れればまだまだバリエーションはありますが、「このレンズにしか撮れないもの」という観点からは、マクロと魚眼の優先順位が高いですね(๑╹ڡ╹๑)p♪

本日の走行距離 0km
総走行距離 2455km
平均走行速度 0km/h
スタート 自宅
ゴール 自宅

自転車日本一周のブログランキングに参加しています!皆さんにバーナーをクリックいただくと順位が上がりますので、旅を応援してくださる方は、ぜひクリックよろしくお願いします(๑╹ڡ╹๑)p♪

「いいね」して頂くと、
Facebookで最新情報をお届けします。

お気軽にフォローください
Pocket

こんな記事も読まれてます

comment for this post

  1. たか

    わ、わからん、、、
    要するに、俺が旅の感動を美しく残そうと思ったら、プロのカメラマンを随伴させる必要があるということなんだな。むむむ。

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      カメラのこだわり、写真のこだわりは人それぞれですからね!
      iphoneのカメラでも、一眼レフでも、どんな写真を撮りたいのかによって、
      自分のカメラを選ぶのが大切ですね(๑╹ڡ╹๑)p♪

      Reply

お気軽にコメントください

メールアドレス、ウェブサイトをご入力いただいても一般公開はされませんのでご安心ください。コメント入力後、下記「コメントを送信する」ボタンを押してください。