- 旅と登山と山岳写真 -

投稿日:2016年2月29日  更新日:

カメラの祭典CP+2016に参加してきました!

CP+に初参戦!CP+2016の感想や楽しみ方をご紹介します

CP+とは2010年から開催されているカメラや映像機器メーカーのイベントで、各社製品の展示やPR、プロカメラマンによるセミナー等が行われます。初年度の2010年からずっと横浜パシフィコで開かれていて、2016年の今年も同会場での開催となりました。

横須賀住まいの私としてはアクセスが良いので大変ありがたいです。

カメラ関係としては最大クラスのイベントだと思いますが、会場は横浜だけで関西やその他の開催はありません。毎年横浜なので、神奈川・東京以外の人は不満を持ちそうな気もしますが・・・。

最寄り駅の「みなとみらい」でお昼を済ませ、いざ横浜パシフィコへ!

中へ入ると早速CP+の垂れ幕を発見しました。

CP+は事前登録すれば無料で参加することができます!事前登録はCP+のホームページで簡単にできますし、開催日近くに参加証がメールで送られてくるので、これをプリントアウトするか、当日受付でQRコードを提示するだけです。ちなみに、事前登録しないで当日駆け込むと参加費かかります

入り口でQRコードを提示し、入場証をもらいます。

CP+2016は合計67,792人の参加だったそうです(公式HPより)。

カメラが趣味の人ってすごくたくさんいるので、もっともっと人が集まってもいい気がしますが、やはり横浜会場だけなのがネックなのかもしれません。いくらカメラが好きでも、関東以外の人が来るには大変すぎますもんね。

出展企業数は100を超えます!

会場に入ると、いきなりきれいなおねーさんが!

カメラの展示会だからか、モデルさんは基本撮影OKみたいです。普段ポトレやる機会がない人でもCP+に来れば撮れますよ╭。 (しかもきれいなおねーさんばかりです

ドローン関係のブースがかなりあったように思います。今では家電量販店で普通にドローン売ってるのでちょっとビビります。

ドローンで撮った写真が飾ってあったんですが、空中撮影いいですね!これからどんどん普及して、もう少し値段がこなれてくるといいんですが。

TamronやPanasonicなどを見て、皆大好きSIGMAに来ました!

SIGMAってレンズかっこいいですよね!以前、APS-CですがSIGMAの超広角を使っていました。解像度キレキレで、私はサードパーティーの中ではSIGMA推しです。

「望遠レンズが大きい」ネタとしてたまにネットで見るこちらのレンズ、CP+で展示されています。しかも!実際にレンズを使って写真を撮ることができます!こんな機会そうそうありませんからね、迷わず体験してきました!

こちらのレンズ、焦点距離はなななんと・・・1000mm!100mmじゃないですよ?

カメラが用意されていますが、自分の手持ちのカメラを付けて写真を撮ることもできます。

その望遠性能もさることながら、何よりこの大きさ!カメラというより望遠鏡覗いてる人にしか見えません。

ちなみに、このレンズは実際に売られています!お値段は・・・250万円!個人で購入も可能です。しかも!毎年、数本売れているとのことです!

これ買ってる人は一体どんな人なんでしょうか。お金を持て余し通常の楽しみでは満足できなくなってしまった人か、あるいは・・・どんな人か想像もつきません。

カメラバッグや三脚の種類も豊富です

カメラ以外にもカメラバッグ、三脚、ストラップなどカメラ関連グッズがたくさん展示されていました。私はカメラバッグやNDフィルターを見たかったんですが、各社まとめてみることができてよかったです。担当者の方に説明を聞くこともできますし、CP+は欲しいアイテムの検討する場としてもすごくいいと思います。

自転車日本一周で使うカメラバッグをどうしようか悩んでまして。私はフルサイズの一眼をもって行くので、カメラ関係が非常に重くなります。登山用のザックは協賛会社にご用意いただく予定なので、別にザックタイプのカメラバッグを持ってしまうと逆に荷物になってしまうんですよね・・・。

ザックに入れられるようなカメラケースを買うのがいいのか、まだ決めかねています。

NDフィルターを買うにあたり、透過率をどうしようか悩んでいたんですが、今はバリアブルの物があるんですね!フィルターを回すことで透過率を変えることができるので、1つ買えば光量を自由に調整することができます。すごく便利なのでバリアブルが欲しいんですが、お値段が結構高めです。

聞いた中では台湾の物が150ドル(日本未発売)。maruiの物が実売2万円ちょっとと安かったです。フィルターでよく使うKenkoの物は5万円とのことで、さすがにNDフィルターに5万円はちょっとお高いような・・・。

コンデジによく付けて使うたこ足タイプの三脚ですが、一眼付けられる物もあるとは!D750+大三元でも使えました。室内の展望台とかで重宝しそう。

Nikonのレンズやカメラがずらり!全部そろうと壮観ですね。

D5やD500の試し撮りもすることができます!さすがの人気で、一人5分と時間制限がされていました。発売前に実際に使うことができるのはいいですよね。D5なんて、それこそ車が変えるような値段ですから(しかも、Nikonのモデルさんすっごくきれいでした。

さすがカメラの祭典CP+、Nikonの本気を見た気がします。

D5やD500、既存のフルサイズD800やD750などの作例が展示されていました。こんな風に撮れるよう、練習&研究あるのみですね。

Nikonで気になったのが、こちらのウェアラブルカメラ!Nikonでこういうタイプも売ってるのかぁと話していると、今年の3月に発売だと教えてくれました。

自転車日本一周しながら、こんな風に動画を撮ることもちょっと検討しています。

こちらはSONYブースのモデルさんです。

私たちは端から端まで割としっかり見て、たまに企業の人と話したり写真を撮ってかかった時間は3時間くらいでした。カメラの試し撮りやアウトレットにも顔を出そうと思ったら、半日くらい見ておけばたっぷり時間をかけて楽しむことができると思います。

新発売のカメラの試し撮りをするのもよし、レンズやカメラ関連グッズを物色するのもよし、モデルのお姉さんを撮るのもよし、普段触れていない機器(カメラだけでなく、動画関係、赤道義、望遠鏡、双眼鏡、ドローンと幅広いです)を見て周るのも面白いと思います。

まとめ

CP+すっごく楽しいです!カメラが趣味な人にはたまらないこと間違いなし。最新のカメラやレンズを使って試し撮りすることができますし、カメラメーカーだけじゃなく関連のグッズもたくさん展示されているので、今のトレンドや最新製品を知ることができるまたとない機会です。モデルの方も多いので、普段ポトレの機会がない人でもきれいなモデルさんを撮影することができます。しかも入場無料・・・これは毎年参加確定ですね。


この記事のカテゴリー カメラ・レンズ・三脚

記事のシェアをお願いします
おすすめ記事

Copyright © Japan Nomad, 2015~2021 All Rights Reserved