一眼レフ初ポートレート! 一眼レフを持っていて良かったと思う時

子太郎ポートレート-Japan Nomad (13)

一眼レフを買ってから風景以外を撮ることってまったくありませんでした。友人の結婚式等で持っていけばいいんですが、プロのカメラマンもたくさんいるので気が乗らず。しかし!今回初めて真剣にポートレートに挑戦したので、その様子をお伝えいたします。

一眼で初ポートレート!

ポートレートと言いえば、被写体は?モデルさんにでもお願いしたのか?!と、気になるところですよね!

Twitter見てると、写真好きの皆さんはモデルさんにお願いしてポートレートのお写真撮ってるみたい。撮る場所も一般の公園から有料のスタジオまで。ポートレート、奥が深そうです|ω・)

tumblrフォトアルバム-Japan Nomad (1)

今回は記念すべき初ポートレートということで、めっちゃ可愛いモデルさんに撮影をお願いしました!返事は、無言で一発OK!

モデルが誰か、気になりますか?気になりますよね??

 

 

・・・はい!

 

 

 

子太郎ポートレート-Japan Nomad (10)

モデルは子太郎さん(柴犬♂7歳)です!

めっちゃ可愛いー!!!(๑˃̵ᴗ˂̵)و 

 

・・・ちょ、待って待って。ごめんなさい。ウィンドウ閉じないで!笑

 

ポートレートと言っても、今回は「人」ではなく「犬」です。本当は可愛いモデルさん(人間♀)といきたいところですが初ポートレートのモデルは子太郎さんです!

子太郎ポートレート-Japan Nomad (15)

ワンコを撮ることがポートレートと言うのかはさておきまして、これまでは風景ばかり撮ってきましたが、今回初めて「生き物」というか「家族」を撮りました。風景や人とは異なり、わんちゃんはカメラを意識して止まってくれないので、撮るのは結構大変です。でも、初の動く被写体と言うことで、とても勉強になりました。

一眼レフを持っていて良かったと思う時

一眼レフは大切な人や家族の、何気ない一瞬を記録に残すことができる。今回、子太郎を撮っていてこんな風に感じました。カメラなので当たり前と言えば当たり前なんですが、これまで風景を撮っていてこんな風に意識したことってありませんでした。

子太郎さんは家族とはいえ「犬」なので、どんなに長生きしても後10数年のお命・・・。今は元気に走り回り暴れまくってますが、どっかでお爺ちゃんになるタイミングが来ます。そうなる前に、暴れまわる子太郎の写真を撮っておきたいなと思ったんです。

これから時間が経って後で見返した時に、当時の若々しい、元気に走り回る子太郎の写真を見たら、すごい懐かしかったり嬉しいだろうなと思うんです。

子太郎ポートレート-Japan Nomad (16)子太郎ポートレート-Japan Nomad (1)子太郎ポートレート-Japan Nomad (2)
携帯のカメラがすごく進化して、ちょっとした写真なら綺麗に残すことができるようになりました。それでも綺麗な画質にこだわるのであれば、一眼レフを使うのがベストです。

子太郎(犬)のように、動く被写体を撮ろうと思ったらそれこそスマホでは難しい。

一眼レフがあれば、家族や大切な人の写真をきれいな画質で残すことができる。風景を撮っている時には感じなかったような、なんだか新鮮な思いでした。

母と子太郎と散歩へ

普段は母と交代で子太郎の散歩に行っているので、一緒に散歩に行くことはないんですが、写真を撮るには二人必要です。子太郎も入れて三人でお散歩。二人より三人の方が子太郎も嬉しいようで、普段にも増して可愛い表情をしてくれました。

子太郎ポートレート-Japan Nomad (7)

ここは地元の「くりはま花の国」というところで、時期によってはポピーとコスモスでちっと有名です。

子太郎ポートレート-Japan Nomad (9)

ブラッシングしてあげると気持ちよさそうに、とろけた表情をする子太郎さん。めっちゃ可愛い(灬╹ω╹灬) 

・・・ええ、完全に親バカです。

一眼レフなら動く被写体の時を止めることができる!

子太郎はカメラで撮られていようが気にしません。カメラに目線をくれることもなければ、カメラを意識して止まってくれることもありません。犬のように動く被写体をきれいに撮るには、「一瞬」を切り取れる一眼レフがベストです。

こちらはおやつ目指して飛び跳ねる子太郎さん。

子太郎ポートレート-Japan Nomad (3)子太郎ポートレート-Japan Nomad (4)子太郎ポートレート-Japan Nomad (5)子太郎ポートレート-Japan Nomad (6)

動いている被写体をブレずに撮るには、1/何百秒とか1/何千秒とか早いシャッタースピードが必要です。シャッタースピードを上げれば上げるほど、被写体の時(動き)を止めることができます。

上の子太郎が走っている写真はシャッタースピード1/500秒や1/3000秒で撮っています。

犬を撮る時にはどんな風に撮る?

普段はAv(絞り優先)で撮ることが多いですが、子太郎みたいに急に動くような被写体の時はTv(シャッター)かマニュアルで事前にシャッタースピードを決めておいた方が、大事な瞬間を撮り逃さなくていいです。

普段は1枚撮影ですが、常に動いているので連続撮影にしてよく撮れている物を選ぶのも大事!

子太郎ポートレート-Japan Nomad (8)

㊟スマホのカメラでもISO感度やシャッタースピードを調整できるアプリがあるみたいで、iphoneでも一眼のように詳細設定を調整できるみたい。実際に使ってないので画質はわかりませんが、恐るべきiphoneです。

記録を残したいのはポートレートも風景も一緒

子太郎の元気な姿を記録に残したいと思って写真を撮りに出かけましたが、風景もそうだなって思いました。今はきれいな自然もいつまでその形を保つことができるのか。今は当たり前のものでも、この先ずっと維持できるかはわかりません。地球の環境が変わったり、あるいは人の保全活動が力及ばなかったり・・・。

日本一周をしてたくさんの自然を見て、カメラで写真を撮って、今ある素敵な自然をJapan Nomadを通じてお届けします。でも、本当は感動しているだけじゃダメで、そこから自然をどうやって残すか考えて、感動させてもらった分、保全活動などを通じて還元しなきゃいけないなと思います。

そんなことも頭に入れながら活動していきたいですね。

せっかく家族の写真を撮るならば、一眼レフがおすすめです!

彼女、奥さん、子供、ペット・・・何を撮るにしても現状一番きれいな写真を撮るには、一眼レフに軍配が上がると思います。

子太郎ポートレート-Japan Nomad (14)

一眼レフと言っても色々種類がありますし、私もまだまだ超初心者ですが、それでも少しずつ知識も増えてきたので、これからはカメラの記事も少しずつ書いていきたいなと思います╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ 

子太郎ポートレート-Japan Nomad (12)

最近私の回りでは完全なる赤ちゃんブームがきていますが、赤ちゃんの日々変わる表情を一眼レフで残しておけば、将来絶対楽しいはず!

家族(子太郎)の写真を撮ることで「一眼レフを持っててよかった」ってすごく感じています。もちろんただ持っているだけじゃだめで、どうやったら上手く撮れるようになるのか、ウデを上げる必要はありますが、それもまた楽しくてヾ(●`・ω・´●)ノ

子太郎ポートレート-Japan Nomad (11)

カメラと言っても「ストリート、アート、ポートレート、風景・・・」一眼レフで楽しめるジャンルも様々!カメラが趣味の人はぜひ一緒に写真撮りにいきましょー!

そして・・・ポートレートのモデルやってくれる人、大募集中です!風景も、犬も、人も、撮らないと絶対上手くなりませんからね(∩`ω´)⊃)) 

まとめ

家族のポートレートを通じて、改めて一眼レフを持っていて良かったと感じました。これからは風景や自然だけでなく、子太郎や人の写真をどんどん撮っていきたいです。日本一周でも日本にいる人の魅力が伝わるような写真を撮りたい!そのためにポートレートの技術を上げていけるように頑張ります(๑╹ڡ╹๑)p♪

Pocket

お気軽にコメントください

メールアドレス、ウェブサイトをご入力いただいても一般公開はされませんのでご安心ください。コメント入力後、下記「コメントを送信する」ボタンを押してください。