投稿日:2020年1月4日 更新日:

ポケモン赤・緑に夢中だった私がポケモン ソード・シールド(剣盾)にドハマリしている「4つの理由」

ポケモンソード・シールドがマジで面白い。

プレイ時間100時間越えとかドラクエ7以来かも!?

30歳をすぎてポケモンにドハマリしているので、何が面白いのか、いい歳した大人がプレイしても楽しめるということを存分にお伝えしたいと思います(๑´ڡ`๑)

ポケモン ソード・シールドを買うに至った理由と経緯

ポケモンと言えばポケットモンスター赤・緑な世代です。

当時は白ともグレーとも言えない大きなゲームボーイでポケモンに夢中だったあの頃。

古すぎるのかさすがにAmazonにも売っていなさそうです。

こんな感じの薄いグレーでしたよね。

小学生だった頃、友達と通信ケーブルでポケモンを交換したり、ポケモンバトルが地上波の人気番組だったあの頃…!!

 

ケンタロス、スターミー、サンダース、ゲンガー、ナッシー・・・

 

思い出すだけで胸が熱くなる人が多いのではないでしょうか?

当時はこの辺りのポケモンが人気でした。

サファリパークでケンタロスを捕まえました。

「はかいこうせん」が強いのなんの。

・・・実は去年、Nintendo Switchを買いました。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドがやりたかったんです。

そしてこれが最高に面白かった。

そんな折、奥さんに教えてもらったポケモンGoをかじっていた影響もあり、最新作のポケモン ソード・シールド(剣盾)を購入しました。

ポケモンGoはスマホのアプリゲームなんですが、当時捕まえていたポケモンをリアル世界で捕まえるのが胸アツすぎてハマってしまい、その流れで買ったというわけです。

おすすめのポケモンソード・シールドですが、ゲームやポケモンの話をすると「いい歳した大人になってポケモン!?」という議論もありますよね。

・・・わかります。

現時点でプレイ時間130時間って5日分くらいやってますからね。

「ゲームなんて時間の無駄!」という意見もわかりますが、マジで面白いので最後までその理由を聞いてください。

ポケモン剣盾が面白過ぎる理由1:美麗なビジュアルと3Dな世界観

・・・ヤバくないですか!?

当時はドット絵だったわけですが、美麗なビジュアルを3Dで楽しめる時代なんです。

私の様に昭和後期でポケモン赤・緑世代だった人は、その後ポケモンをやらずして大人になった人がほとんどだと思います。

そんな私(たち世代)にとって、この進化は目を見張るわけです。

フィールドをポケモンが歩いているだけでテンション上がっちゃうわけなんですよ。

感動間違いなしなのでぜひ体験してみてほしいです。

ポケモン剣盾が面白過ぎる理由2:ポケモン総数400匹

私に言わせればポケモンは151匹です。

「ピカチュー、カイリュー、ヤドラン、ピジョン・・・」とポケモン言えるかなを歌っていた世代なわけです。

じゃあポケモンソード・シールドはどれくらいのポケモンがいるかと言えば、なんと400匹

マジっす。

超多いです。

序盤からポケモンたくさん出てきます。

赤・緑時代なんてポッポとコラッタしか出なくて初めの方はフシギダネ頼りだったわけです。

それが今回は400匹もいるので、ストーリー中で回収するために序盤からガンガン出てきます。

これが楽しい。

30歳過ぎてもポケモンゲットしたら当時の様にテンションが上がってしまいます。

記憶がフラッシュバックするからですかね(๑´ڡ`๑)

ポケモン剣盾が面白過ぎる理由3:初代のポケモンもたくさん登場

ポケモン赤・緑が出たのが1996年らしいので、あれから24年も経っているわけですが、当時ゲットしたり倒したポケモンが超キレイなビジュアルで、3Dで見れるわけです。

しかも動くんです。

当時ドット絵だったポケモンが動くというのは本当に感動します。

想像できますか?

ラフレシアと一緒にキャンプして遊んでカレー食べることができるんですよ!?笑

 

 

これが!!

 

 

こうなります!!!

 

しかし、残念ながら151匹すべては出てきません。

多くのポケモンがリストラされてしまっています(涙)

私が好きなポケモンで言うと、カイリューやニドキング、ケンタロス、カイロスなどは出てきません。

悲しい。

今作の舞台であるガラル地方イギリスが舞台だと言われていますが、登場しないポケモンはガラル地方には住んでいないという設定な訳です。

ちなみに赤・緑の舞台だったのはカントー地方

私は神奈川在住なので、赤・緑のカントー地方はまさにドンピシャだったわけですね。

こうして見ると、私の故郷である横須賀市にマサラタウンがあるっぽいことにも驚きます。

小・中学生の頃に意識していれば嬉しかっただろうに(๑´ڡ`๑)

ポケモン ソード・シールドは昔のポケモンが結構出てくるので、とにかくノスタルジーがすごいです。

歳をとったってことなんでしょうね。

ちなみに、少し前のシリーズ(アローラ地方)からポケモンは生息している地域によって姿が異なるという設定があります。

たとえば剣盾にはお馴染みのマタドガスが登場しますが、今作では英国紳士風な姿で登場します。

この辺は賛否両論と言いましょうか、ビジュアル的に受け入れがたいポケモン(ニャースとか)もいたりしますが、これもまた新しい要素として楽しめると思います。

ポケモン剣盾が面白過ぎる理由4:ポケモンはいつからか大人こそ楽しめるソフトになった

ちょっと前からポケモンはオンライン対戦ができるようになったようです。

昔の赤・緑の頃は通信ケーブルでの対戦でしたが今は違います。

世界中の人と対戦ができるようになり、自慢のポケモンをグローバルに競わせることができます。

それどころか、これもちょっと前からあるようですが、ポケモンの強さを表す個体値に加えて努力値性格などの要素が増えたことで、同じ種類のポケモンでも全く異なる性能を持たせることができます。

技やタイプの相性も細分化され、対戦におけるやりこみ要素が格段に増えていると感じます。

もっと言ってしまえば、オンライン対戦をやろうと思うと、やり込んでいないとまず勝てません

Youtubeあたりで調べるとオンライン対戦を実況している動画が多数あるので暇なときに見てみると面白いですよ!

ネットで調べると「ポケモンの育成論」について詳しく書かれています。

というか、もはやビジネスになってますね。

ポケモンソード・シールドが出た次の日には全クリして、さらに数日後は詳細な情報が出ていたので、おそらくチームとなってポケモンをいち早く研究して公開し、ネット上のSEOを強めていたように感じました。

それくらいまとめサイトの情報量がすごいんです。

総じていえば、ポケモンは小学生向けのゲームから今や大人向けのやり込みゲームに変わったと言っても過言ではないと思います。

スマホの普及で子供も調べまくって対抗しているのかと思いますが、上記の個体値やら努力値やらがあまりに細かいので、小学校低学年では大人にまず敵わないでしょう。

 

どうしてこんな流れになっているのかと推測すると・・・

 

任天堂はぶっちゃけ「お金がある大人に買ってほしい」のかなと思います(笑)

少子高齢化で子供が減ってますしね。

 

私も任天堂の誘いにまんまと乗っているわけですが、面白いので仕方ありません。

5000円くらいだと、飲み会1回と同じ値段ですからね。

結構気軽にポチってしまいますもん(๑´ڡ`๑)

楽しんでいればゲームだって時間の無駄じゃない

社会人になるとアフターファイブや休日をどう過ごすかが大切なわけです。

そのうえで自己研鑽は非常に大切ですが、アフターファイブは常に英語の勉強してればいいわけではありません。

自己研鑽だって何だって「楽しいですか?」に対する回答が「YES」でなければ意味がないですよね

遊び心や趣味がない社会人はつまらないものです。

仕事と勉強しかしてない社会人とか嫌すぎますもんね(勉強は超大事ですけどね)。

私も心のどこかで「この歳でゲームか、ポケモンか」という気持ちが初めはありましたが、やっているとそんなことはどうでもよくなるくらいに楽しいので、昔ポケモン赤・緑をやっていた昭和世代の人にも是非やってみてほしいと思いますし、マジでおすすめです。

ポケモンもゼルダもそうですが、スイッチがそれくらい秀逸で任天堂の本気を感じるゲーム機なんですよね。

一時は株価が落ちて心配していましたが、さすがは任天堂といった感じです。

私は登山や山岳写真が一番の趣味ですが、家でまったり楽しめる趣味を探していました。

同じような悩みの方にもおすすめですよ(๑´ڡ`๑)

Copyright © Japan Nomad, 2015~2020 All Rights Reserved