投稿日:2020年4月26日 更新日:

WordPressブログの写真アップ先はどこがいい?GoogleフォトとFlickrを検討してみた!

ブログコンテンツの中心的存在である写真。

皆さんはどこにアップロードしていますか?

私は何の疑いも持たずにレンタルサーバーにそのままアップしていたんですが、ちょっと不都合が生じてきたので写真のアップ先を検討することにしました。

サーバーへそのままアップしている方や、外部サービスへの移行を検討している方の参考になれば幸いです。

ブログの写真アップ先はどこがいいのか?

ブログのメディア(サーバー)へアップしている人もいれば、写真はすべて外部サイトと言う方もいると思います。

ブログの運営や記事の表示速度に問題がなければ結論どこでも構わないのですが、この先もずっとブログを続けようと思っている人や、ワードプレスの挙動が重たいと感じている人には検討の余地があります。

2万枚もの写真をアップしていた

日本一周の記事が約290記事あり、その一つ一つに平均50枚程度の写真を使っていました。

それだけで15,000枚、さらに登山記録など写真がメインの記事も多く、ブログ全体で20,000枚もの写真がアップされています。

恐らく通常のブロガーさんと比べて格段に多い写真の枚数。

そのせいでブログ全体の挙動も重たい気もします。

ワードプレスの管理画面が遅すぎてストレスに

私はエックスサーバーを使っているので容量的には全く問題ありません。

しかし、写真が多すぎて「メディア」が肥大しているためか、ワードプレスの管理画面がとても重たい。

記事執筆に支障をきたすレベルでしたので、写真のアップ先を検討する必要が出てきました。

ワードプレスは様々なサイズの写真を生成してしまう?

これまでのようにワードプレスへ直接写真をアップする上でもう一つ気になっていることがありました。

それはワードプレスが勝手に複数サイズの写真を生成していることです。

例えば「1500×1000ピクセル」の写真をアップすると、ワードプレスは勝手にサムネイルや大中小などいくつかのサイズにリサイズした写真を勝手に生成し、あろうことかサーバーへ勝手に保存し、その分データベースも大きくなります。

この機能自体はfunction.phpにコードを追記することで止められるようですが、過去に生成された写真は手動で削除する必要があるなど、ハッキリ言って私には必要ない機能だと感じています。

な~んか嫌だなと。

ワードプレスへの直接画像アップは微妙なのかも?と思った理由の一つです。

外部から写真を挿入する方法を検討

ブロガーさんの記事を読むと、写真のアップ先が外部サイトであること、多々ありますよね。

有名どころで言えばFlickr(フリッカー)という写真共有のサイト。

他にはPinterest(ピンタレスト)、スマホ写真の管理にも有用なGoogleフォトなど。

色々なサイトを見回った結果、むしろこのような外部サイトから写真を引っ張ってきているブログの方が多いのでは?と思うほどに、写真を外部から引っ張ってくるのは主流なやり方のようです。

外部サイトから写真を表示するメリット

ワードプレスの「メディア」にはデフォルトでのフォルダ分けの機能がなく、前述の通り挙動がとても遅いため、写真の管理に適していません。

一方、外部サイトは写真に特化したサイトなので表示速度や管理の観点で軍配が上がります。

これからもブログを続けるのであれば外部サイトを使うのは理にかなっているのかも。

外部サイトから写真を表示するデメリット

一方、外部のサービスを利用する一番のデメリットは、そのサービスが停止するリスクがあることです。

写真を外部サイトにアップロードして、そのURLを介してブログに表示する以上、そのサービスが終了した段階で写真は表示されなくなります。

もちろん、いきなりサービスが終了することはなく、終了までの猶予期間があったり、移行先のサービスがあるかもしれません。

ワードプレスの写真アップ先であるレンタルサーバーについても倒産する可能性があるので、リスクがゼロな訳ではありませんけどね。

外部サイトから写真を表示するとサイトの表示速度は改善されるのか?

ブログに大量の写真を載せるとサイトの表示速度が低下します。

写真はブログの中で圧倒的に重たい存在なので、表示に時間がかかるからです。

これを外部リンクとしてブログに挿入することで表示速度が改善されれば一石二鳥・・・

そう思ったのですが、GoogleのPage SpeedI nsightsで計測した結果では特に改善は見られませんでした。

ブログ全体としては挙動が軽くなるのか?データベースが小さくなることでサイト全体のスピードが改善されるのか?など詳しく知りたいのですが、この辺りを検討している記事を見つけることができず、実を言うと未だにクリアになっていません。

どの外部サイトが良さそうか検討してみた

ここまで外部サイトに写真をアップした方が良さそうだ、と言う事をお伝えしました。

それでは、具体的にどこへアップするのが良さそうか検討してみたいと思います。

Flickr

利点

  • 多くのブロガーが利用している実績がある。
  • 画質がきれい。
  • ワードプレスと連携するプラグインがあるので、記事への挿入が容易。

欠点

  • 会社が買収される事態が続いており、サービス持続性にかなりの不安がある。
  • 大量の写真をアップする場合は有料。
  • Proアカウントの値上げが続いており、赤字サービスであることを考えると今後も値上げが予測される。

Flickrの料金プラン

Smugmugという会社に買収され収益性を抜本的に見直しているFlickrですが、有料とは言え2年契約であれば毎月600円程度($5.83)で利用可能です。

金額はそれ程ネックではないんですが、やはりサービスの持続性が不安なFlickr。

SmugmugのCEOが「The world’s most-beloved, money-losing business needs your help(世界で最も愛され、しかし赤字垂れ流しのFlickrは貴方のサポートが必要です)」と題したブログをアップしていることからも、まあ心配です(笑)

Googleフォト

利点

  • 基本的に無料。
  • ブロガーが急速に利用を始めている。
  • 画質がきれい。
  • 写真を管理しやすい。
  • Googleのサービスなので持続性は期待できる。

欠点

  • Google+やPicasaの例もあるのでGoogleのサービスと言えど持続性は不透明。
  • アルバム(フォルダー)の並び替え機能がない。
  • WordPress記事への差し込みが面倒。
  • WordPressと連携するプラグインが現時点でない。(Photo Express for Google の後発が出てこない)
  • 高画質/高容量の写真をアップする場合は有料。

Pinterest

利点

  • Pinterest経由のアクセスが期待できる?

欠点

  • 画像にマウスオーバーするとPのアイコンが出てウザったい。
  • ブログへの貼り付けを意図しているサービスではない。
  • Pinterestを利用していない(個人的に)。

候補に挙げておいて何ですが、Pinterestを使う理由は特に思い浮かびませんでした。

使っているブロガーさんをたまに見ますが、絶対数は多くありませんね。

やはり候補はFlickrGoogleフォトになりそうです!

GoogleフォトとFlickrの画質を比較

それぞれの画質の違いを見てみましょう。

同じ写真を同じサイズで載せていますが、果たして違いは見いだせるでしょうか?

上:Flickr(1429 px)
下:Googleフォト(1429 px)

・・・ふ~む?

ブログへアップする際に、余程画質にこだわった見せ方をしなければ(1500px程度であれば)、両サービスによる違いは殆ど見受けられないと思います。

等倍で細かく見ればシャープネスのかかり具合などに違いはありそうですが、ほとんど関係なさそうです。

上:Flicker(1500 px)
下:Googleフォト(1500 px)

普通にアップした雰囲気では、シャープネスや暗部の写り方もほとんど同一。

意味のある違いはないと言えそうですね!

Googleフォトの「自動リサイズ」問題をどう考える?

https://・・・省略・・・=w1429-h950-no

こちらは上の画像のアドレスです。

Googleフォトは画像パスが異様に長いので省略しています。

最後にw1429-h960と書いてあるのが分かると思いますが、Googleフォトでは画像の大きさを指定するのがやや面倒なんです。

下の図を見てみてください。

Googleフォトは「画像アドレスをコピーする際に表示されている写真の大きさ」にリサイズする機能が付いているため、一般的なノートPCなどで作業をするとおよそ1500px程度の大きさとして画像パスが渡されます。

つまり、画像アドレスをコピペしてブログへ貼り付けると1500px程度になるという事です。

例えば、Googleフォトへアップした写真が6000pxあったとしても、PCのスクリーンに表示されている大きは1500px程度なので、結果そのまま画像アドレスをコピペすると1500pxの画像になります。

翻すと、Googleフォトにアップした画像を原寸大でブログにアップする場合、画像アドレスを修正する必要があるんですね。

これは超面倒です。

最高画質で表示したい時にはFlickrが最適か?

Googleフォトではこのようなリサイズ機能が付いているため、3000pxや5000pxといった大きな写真を原寸大で表示するのには向いていません

上記のアドレスを任意の数字に書き換えることで意図したサイズの写真を表示することは可能ですが、都度書き直すのは面倒だし非現実的。

そのため、オリジナルサイズで大きくブログへ写真を載せる場合はFlickrの方が良さそうです。

【結論】普段はGoogleフォト、キレイに見せたい時はFlickr

これまではレンタルサーバーへ直接アップしていた写真を外部の写真サービスへアップすることにしました。

ワードプレスのメディアへアップすると管理画面とブログ全体の挙動ががとても重たく、遅くなってしまうからです。

外部サービスを検討した結果、写真の画質やワードプレスとの連携ではFlickrに軍配が上がりますが、Flickrの将来性にはかなりの脆弱性があるように思います。

これらを総合的に考え、一般的な写真はGoogleフォト、画質に妥協せずきれいに見せたい写真のみFlickrを使う事にしました。

この運用なら費用もかかりませんし、今のところ快適に運用できています。

ブログの写真を外部サービスへアップしようとしている方や写真のアップ先で悩んでいる方の参考になれば幸いです(๑´ڡ`๑)

Copyright © Japan Nomad, 2015~2020 All Rights Reserved