一瞬の絶景を追い求める 山岳写真に魅せられて

投稿日:2016年5月20日 更新日:

【旅29日目】100匹のキツネに大興奮!宮城県の名所「蔵王キツネ村」

こんにちは!自転車日本一周29日目です。

自転車に大きな荷物と看板を付けて「日本一周」をアピールしているので、ありがたいことに道中よく声をかけていただきます。そんな時、よく聞かれる質問トップ3は・・・

  1. どこからスタート?
  2. 日本一周ってどれくらい期間かかるの?
  3. 今おいくつですか?

歳については「20代前半、大学生かと思った」と言ってもらえることが多いですね。

旅っていうと大学生のイメージが強いからかな?何にせよ、嬉しい限りです(╹◡╹)

それでは、29日目いってみよー!!

道の駅「七ヶ宿」からスタート!

道の駅「七ヶ宿(しちかしゅく)」にてスタート。普段は軒先にテント張ることが多いんですが、道の駅の方とお話して今回は建物の裏側にしました。

道の駅でテント張る時、テントを張ることを伝えるか否か、場所はどうするかなど・・・一律「こうすべき」という答えがあるわけではないので、その場その場で判断するようにしています。

たくさん駐車場が用意されていますが、車中泊の人は少なかったようです。多いところはすごい多いですからね。

色々片付けながら、ゆったりとモーニングコーヒーを楽しみます。

建物の裏側にテントを張ったほうが、表側より時間や人の目を気にしなくて楽かもしれません。朝の5時くらいになると車中泊の人が動き出すので、トイレ付近だと結構目立つんです。

昨夜はかなり寒かった!スポンサーのエバニュー様から追加でご提供いただいたフリースやジャケットが無かったら、リアルに凍えるところでした。半袖Tシャツ+長袖トレーナー(薄生地)+フリース+ジャケットでダウンハガー#2に入ってちょうどいいくらい。

最低使用温度-6度ってなってますが、どんなに着込んでも-6度じゃ死ぬほど寒くて寝れないと思う。ご参考までに。

テントの夜露がすごいので乾かしてと。朝の7時から8時の1時間乾かすだけで全然違いますね。フライシートも他の場所で干してます。

・・・テントのメッシュを毛虫が這っていて、死ぬほどびっくりしたのはここだけの話です。

朝ご飯はアイス!

・・・寒い寒い言うてる話はどうした٩(◦`□´◦)۶ 

いやね、これが太陽が出るとめっちゃ暖かいんです。寒暖差がハンパじゃありません。

宮城県の名所「蔵王キツネ村」へ!

時刻は8時半。テントも片付けて、出発します!

ちょっとだけ113号を通り、

目印のカレー家・・・元カレー家?さんを曲がって、

今日の目的地はここ!

蔵王キツネ村!

ここはね、すごいんですよ?キツネが100匹くらい放し飼いになっていて、すぐ近くで見ることができるんです。めちゃくちゃ山奥にありますが、行くしかない!行きたい所へは自転車でも、大変でも行く。

俺はキツネに囲まれたい、そして写真を撮りたい。

ワクワクが止まらないー。あー早く行きたい!めっちゃ楽しみ!

そんなキツネ達に会うため、私は今日も山を上ります。

Googleマップで周辺の位置情報を調べると「白石町辺りの交通機関情報は利用できません」って出る…。山過ぎて、田舎過ぎてルート出せないってこと?iPhoneの調子が悪い?

国道を走っているときは道路交通標識を見ながら進みますが、山の中だと目的地までの看板がすべて。後はマップの地形を見て、信じて進むしかない。

・・・。

うーん。山奥で、標識なしに分かれ道は困るなぁ。

目指す方向を頼りに、右側に進みます。右の方が舗装されてるしね。

自転車日本一周29日目-Japan Nomad (20)

昨日ほどじゃないけど上り坂が結構きつい。

これで道が違ってたら泣ける( ;∀;)

この山は蔵王山ではなく不忘山(ふぼうさん)のようですね。

現在位置が不安なまま走っていましたが、目印にしていた長老湖がありました!

よかった。道はあってそうです。時間もまだ午前中ですし、ちょと寄っていきます。

長老湖と長老神社に立ち寄り

ちょっと曇っていて残念ですが、不忘山の麓にある静かな湖で天気がいいとすごい綺麗みたいです。

車で来ていたお父さんと少しお話して、道に戻ります。

走っていたら右手に素敵な鳥居を発見。朱い鳥居と新緑の緑が息を飲むほど美しかったです。

花に囲まれた階段を登ると、

・・・象?

神社の柱に象がいるのって、普通なのかな?

ここの緑の美しさが本当すごい。

空には緑の天井ができていました。

お腹も空いてきて、どこかお店でもないものかと思っていると看板が!

・・・看板だけで順路にお店はありませんでした( ;∀;)

道があっているのか、イマイチ確信が持てず、不安な気持ちで走っていると・・・

久しぶりにキツネ村の看板が!よかった!道はあっているようです。

ここから少し坂を登れば・・・。

蔵王キツネ村で思う存分キツネを撮影

着きましたー!蔵王キツネ村に到着です(๑˃̵ᴗ˂̵)و !

いやはや、これはかなり山奥にあります。およそ自転車で来るような場所ではありません。スタッフさんも自転車で来たと伝えたら大層驚かれてました。

平日なのに結構お客さん入ってるなぁ!

入場料は1000円かかりますが、キツネたちに会えることを思えば安いもんよ。

中に入ると、折に入っているキツネがいますが、そこは華麗にスルーして、早速キツネが放し飼いにされているエリアに向かいます!

が!

フェレット!フェレットがおる!

小学生~中学生の頃、くーちゃんというフェレットが家に居まして。本当可愛かったな。フェレット大好きです。

と、フェレットで癒されたところで!いよいよ!

キツネさん達とご対面!なお、大量のキツネさんたちがいますが、手を出すと100%噛まれるということで、モフりたい気持ちは押さえて、そっと観察するようにしましょうね。

キター!!!かわいー!!!

キツネを目の前に超興奮。めっちゃかわいい。

あっちも!こっちも!キツネだらけ(๑˃̵ᴗ˂̵)و !

キツネは夜行性ということもあり、昼寝しているキツネも多いですが、活発に動いている子もたくさんいます。

有料でエサをあげることができ、そのエサを巡って争うキツネたちも!

こんな感じで、その辺にキツネがごろごろいます。

放し飼いエリアが結構広いので、色々歩くことでキツネの愛らしい、たくさんの表情を見ることができます。

白いホッキョクキツネ(これはプラチナキツネかな?)など、多くの種類を見ることができます!

個人的にはキタキツネが一番かわいい。エサをもらおうと立っているところ。

やばい、可愛すぎてやばい。

そんな切なそうな表情で見ないでおくれ。でも可愛い。

何が起こったのか分らなかったんですが、何かの合図でキツネたちが一斉に扉の方へ!

エサじゃなかったんだけど、何だろう?でもまあ、寝てる子たちも皆起きたのでありがたい。

寝てる姿もいいけれど、歩いている姿も凛々しくていいですねぇ!

飼われているキツネなので、痩せ形は少なくて、ふっくらした子が多かったです。

これ、めちゃくちゃ近いんですよキツネまで!

人間に慣れているのでいきなり攻撃してくるなどの心配は一切ありません。エサがないと分るとすぐそっぽ向いちゃいますが、この愛嬌!この距離!ここでしか味わえない魅力がある!

動物好き!動物の写真を撮るのが好き!モフモフした物が好き!キツネが好き!どれかに当てはまる人なら、絶対楽しいですね。私が約束しましょう。

朝からアイスしか食べてないのでお腹が減りすぎて倒れそうに・・・

ここまではキツネパワーで何とか頑張りましたが、もう限界。

キツネ村にご飯食べるところもあるんですが、平日のためかお休み。ラーメンが売ってたので食べました。

ラーメン食べてすぐにキツネたちの元へ!

ふぉー!!!

なんてプリチーな寝方してるんでしょ。可愛すぎ。

キツネが目を閉じると、にっこり笑ったかのようで可愛い。

キツネの魅力に捕らわれ、シャッター押す指が止まりませんでした。

このキツネ村は通年やっていて、緑がある春から夏もいいですし、雪が降る冬もいいですね!雪とキツネのコラボとか、キツネの魅力が大爆発でしょうね(╹◡╹)

ちょっと多いですか?キツネの写真。しつこいですか?

・・・いいんです。

それ程キツネ達が魅力的だったんです。いろんな表情と仕草を見ることができて、いくらでもいれちゃうくらい。

・・・

どちらかと言えば昼寝しているキツネが多いため、歩いているキツネの写真が撮りたくて結構頑張りましたが、いかんせん真ん前に立つとすぐ方向を変えてしまうため、難しい。顔にピントがちゃんとあっていないので、甘い描写になってしまうことが多い。

うーん、動物は本当難しいですね。動物との距離や背景、構図を考えながらピントもうまく合わせないといけませんからね。

こういうところに来ると一眼レフがあったほうが絶対楽しいです。スマホは止まってるものならまだしも、動物をきれいに撮るのはかなり難しいでしょう。また、一眼レフでも望遠レンズがあればキツネちゃんたちをアップで撮れるので是非一本はほしいところ。

ここは海外でも特集されたようで、今日なんか外国人のお客さんの方が多いくらいでした(平日と言うこともあり)。珍しく中国人や韓国人は全くおらず、欧米の人ばかりでした。

ここ!蔵王キツネ村。本当おすすめですよ!

野生のキツネのような「鋭さ」は欠けるかもしれませんが、そんなこと補って余る魅力があります。100匹を超えるキツネたちを間近で見られる、そうそう経験できることじゃないと思います。

写真はないんですが、ずーっといたので、実は人懐っこい子を1匹見つけて、ちょっと戯れることができました。キツネの方から近寄ってきて、私の手をなめたり甘噛みしたりして構ってくれました(๑╹ڡ╹๑)p♪

ちなみに、ここは超徹底してエキノコックス対策をしているので心配無用です。

キツネ村を120%堪能した後、今日の宿泊地であるキャンプサイト「グリーンパーク不忘(ふぼう)」へ行きます。

キツネ村から15分ほどなのですぐです。

グリーンパーク不忘でキャンプ

上り続きで疲れていたので、近くのキャンプサイトにしといてよかった。

釣り堀と言いますか、ルアーやフライフィッシングを楽しむための池があります。

釣りの練習したい人にいいですね。

休憩所に無料のコーヒーがあったので飲みながらブログを更新。

あっという間に6時過ぎ、ここは山の中なので暗くなったら何も見えません。

明るいうちに急いでテントを張りました。

・・・

そしたら!なんと!この広いキャンプサイトに!

泊まるのが私だけと言う事態が発覚。

「今日は私だけですか!?」

「ええ、キャンプ場貸し切りですね笑」

山の中にあるキャンプサイトにポツンとテント張ってます。人が全くいないので、野宿とあまり変わらないような笑

珍しい経験できるんでいいですけどね(怖いけど)。

【次回予告】

明日は蔵王山を登ります(๑╹ڡ╹๑)p♪

後日談

神社でよく見る柱の上に付いている彫刻を木鼻彫刻と言うようです。よく見るのは獅子・龍・そして獏(ばく)。長老神社の木鼻は象ではなく獏だったという訳ですね。バクという動物もいますが、おそらくこちらは中国の悪夢を食べてくれるとされる想像上の動物かと思います。

日付 2016年5月20日
本日の走行距離 20km
総走行距離 969km(サイコンの実測値に補正)
スタート 道の駅「七ヶ宿」 
ゴール キャンプサイト「グリーンパーク不忘」 

Copyright © Japan Nomad, 2015~2020 All Rights Reserved