【旅272日目】日本一は伊達じゃない、「有田のみかん山」が凄すぎた件

自転車日本一周272日目は、ももこの家でお目覚め。家主のももこが出社するタイミングで目を覚まし「おはよう!」と爽やかに挨拶を交わすものの、15秒後には夢の中へ。昨日に続き、今朝も手作り朝ご飯がしっかりと机に用意されていました。

女神どころか、彼女は、天使だったのか。女神と天使、どっちの方がランクが上なのかはさて置いて、こんなことされると、一般的な男性は惚れてしまうので、注意が必要ですね。

ちなみに、昨日(日本一周271日目)は「0時就寝、17時起床」と、17時間という眠りの深淵に嵌っていたため、何をしたのかと言えば、スーパーに買い出しに行き、ビールを飲んだくらいです。

“それも旅の一ページ”

そう言っとけばどうにかなるので、旅人とは素敵な職業です。

「いつまでも居てもらって構わないけど?」という、ももこの天使だか悪魔だか分からない囁きに、全身全霊で抗い、本日は出発します。・・・本当にありがとう(涙)

和歌山駅から2km程移動して、和歌山城へ!

ふむ、和歌山城は近づくと写真が撮りにくい配置になっておりますね(汗)

先日撮った、遠景のアングルの方が私好みかな。

入場料を払って中へ。巻物や武器防具、家紋なんかの資料が豊富に展示されています。やはり、日本一周が終わったら、本格的に日本史の勉強にとりかかる必要がありそうだ。否、日本各地の再訪に備え、日本史を勉強したいと、すでに燃えています。

古事記を知れば神社参拝が面白くなうように、日本史の造詣を深めればお城訪問は絶対楽しくなる。この旅では行けていないお城がわんさかあるので、今後、登山ついでにお城も訪れたいと思います。

天守閣からの眺望は壮観。お城から眺める街というのは良い物です。概ね、県庁所在地に行くとお城があるものですが、むしろ、お城があって街が栄えたと考えるべきでしょうね。それぞれの街が、城下町としてどんな風に発展してきたのか興味が湧いてきます。

日本百名城に選ばれている和歌山城。他のお城と比べて外国人の観光客が一際多い気がしました。日本の旅行で和歌山を選ぶって、結構マニアックな気がするんだけども、有名どころは既に旅行済みってことなんでしょうか??

日本一は伊達じゃない、「有田のみかん山」が凄すぎた

和歌山市街から国道42号線を使い、和歌山を南下します!

程なくして、有田(ありだ)という町へ。”ありた”なのか”ありだ”なのかも知らないようなレベルの私ですが、この町には驚きましたねぇ。

「みかん街道」の看板が示す通り、目の前には大きな「みかん山」が並んでいて、この辺りがみかんの一大産地だとすぐ分かります。

みかんの段々畑がずーっと続いてるなぁ、なんて思いながら走ってるんですけどね・・・

いや・・・どこまで続いてん??笑

右も左もひたすらにみかん山、みかんの段々畑!

思わずパノラマで写真撮ってしまった程!

(一眼レフでどうやってパノラマ撮ってんの?と、思われる方へ。複数枚撮っておいて、Lightoomという写真の編集ソフトでパノラマ合成しています。)

しかし、こんなの氷山の一角。果てしないみかん山が永遠と続てました。愛媛県でみかん山は見てきましたが、有田の規模はレベルが違いましたね。

・・・

みかん=愛媛県のイメージだったんですけども、みかんの生産量って和歌山県の方が多いんですって!?県の大きさが和歌山の方が大きいでしょうが、それを考慮しても、和歌山県すごいですね。でも、みかんって聞くと、和歌山県より愛媛県を連想するのは私だけでしょうか?汗

そんな和歌山県において、ここ有田は特にみかんの生産地として有名みたいです。

そんな、四方八方をみかん畑に囲まれた、みかん畑の結界のような場所を走っていると、凍ったお茶を差し入れいただきました。ありがとうございます!梅雨で蒸し暑くて死にそうだったので、心の底から嬉しかったです(๑╹ڡ╹๑)p♪

左右をみかん山に囲まれたサイクリングロードを快適に走っていきます。

ここだけで、一体どれ程のみかんが収穫できるのしょう??秋になると山がオレンジ色に色づくんでしょうか?どんな景色なのか、見てみたい気がしますね。

山越えする時も、辺りはみかんの段々畑です(笑)

恐るべし、和歌山県有田地方。

「里」って!笑

この辺りは里と言うのでしょうか?ちなみに「里」って看板、今日見るの二回目なんだけども?

漠然とし過ぎてやいないか!?地域名として、もう少し個性を持った方が良くないのか!?看板に脱力、突っ込まざるを得ないじゃないか。俺はボケ担当だと言うのに。。

朝のうちは雨が降っていたようですが、雨上がりの晴れ間っていいですね。埃が雨で落ちて、空気が澄んでるんです。雲が多くて夕焼けにはなりませんでしたが、雨上がりの空は写真的に映えるのでおすすめ。

・・・

気づけば和歌山県の美浜町に到着。

海沿いの、静かでいいところですねん。

ちょっと用事があったので、色々と周ってました。西御坊駅が雰囲気あったなぁ。

御坊(ごぼう)っていうのも面白い。

・・・美浜町は、青空に飛行機雲な景色が最高な場所なんですけど、それでも、大満足でした・・・

今日は煙樹ヶ浜(えんじゅがはま)で野宿しようと思います。キャンプ場もあるんですが、オフシーズンはキャンプ禁止と書いてあったので、キャンプ場じゃない場所で野宿します。ただの、揚げ足取りな気がしないでもないですが、まあ、人も少ない場所なので、迷惑かけなきゃ大丈夫でしょう。

雨上がりは水たまりができるのでいいですよね。水溜まり写しとけば、なんとなくそれっぽい写真になるって、誰かが言ってましたよ。

・・・

天気予報的には、小雨が降るかな?的な天気だったので気にせず野宿したんですが。。

リアルタイムの今、完全に喰われました(笑)

梅雨時期の天気予報で雨予測の時は、もう少し慎重に構えないといけないか。上のように降水量50ミリレベルの豪雨に襲われるとテントから出ることができません。

それどころか、テントが風で潰れそうになるので、手で押さえるなりして、耐え忍ぶしか道はなし。止まない雨は無いという事で、豪雨は台風でもない限り、長時間は続かないものです。とにかく、こういう時はテントの中で好転まで待ち続けるしかなく、二度寝なり読書なりしてゆっくりしましょう(๑´ڡ`๑)

雨や防風のキャンプはチャンスです。こういう状況に対応できるかどうかが、アウトドア力なんだと思います。晴天、屋根の下だけで野宿していては、いざ悪天候に嵌った際、対応ができないものです。山の中ならなおさらです。

フェイスブックで北アルプスの山小屋のページをフォローしてるんですが、絶景を見続けることにより、そろそろ登山がしたくて爆発しそうです。。来年の春から梅雨は残雪期の北アルプスを攻めまくります(๑╹ڡ╹๑)p♪

移動ルート

今日の旅データ(272日目)

本日の走行距離 ?km 
総走行距離 ?km 
スタート 友人宅「ももこの家」
ゴール 野宿「煙樹ヶ浜」
 

「いいね」して頂くと、
Facebookで最新情報をお届けします。

お気軽にフォローください
Pocket

こんな記事も読まれてます

お気軽にコメントください

メールアドレス、ウェブサイトをご入力いただいても一般公開はされませんのでご安心ください。コメント入力後、下記「コメントを送信する」ボタンを押してください。