一瞬の絶景を追い求める 山岳写真に魅せられて

投稿日:2016年5月16日 更新日:

【旅25日目】達沢不動滝から土湯へ行こうとするも、自転車通行不可で郡山へ

こんにちは!自転車日本一周25日目です。

旅を始めてもう少しで1か月ですが、最近「ブログを毎日の楽しみにしている」とか「更新はまd?!早く見たい!」などのお声がけをいただきます。

すごく嬉しいです。ブログの更新ってなかなか骨が折れる作業ですが、情報発信して、それを楽しみに待ってくださる方がいるかと思えば、タイピングする指も弾みます。

他にも、旅で出会って自己紹介をして「日本一周してまして・・・」というお話の後に、ブログに来てくれて、コメントくださる方もたくさんいらっしゃいます。すごく嬉しいです。

旅の様子を少しでも楽しんでいただければ、旅人冥利、ブロガー冥利に尽きますね。

野宿明けの達沢不動滝で美しい景色に感動

朝の5時に起きて写活に励んでおりましたが、やはり達沢不動滝はいい!

本当に綺麗な滝ですね。そして自然との距離感が最高です。

この角度が個人的にはベストポジションでした!こういう景色に出会えると本当にうれしい!

いい時期に来れたんだと思います。達沢不動滝は紅葉の時期も有名ですが(写っている葉っぱが紅葉します)、朝日に煌めく新緑と達沢不動滝、サイコー!

朝の方が昼より滝がきれいに映るんですよね。昼だと滝がちょっとぎらぎらするといいますか。

ここは絶対おすすめですよ!ぜひ、福島に来て直で見てほしいです(๑╹ڡ╹๑)p♪

細菌は写真の虜になっております。

写真は素敵な景色、思い出を形として残せる。時に、写真でしか表現できない表現を楽しむこともできます。

ブログをやるということは外部に情報を発信するということで、素敵な景色や魅力を十分伝えるためにも写真って大事ですよね!

私がいくら「達沢不動滝やばい!超綺麗!超感動するから、絶対行ったほうがいい!!!」とブログで声を荒げても、言葉だけじゃその魅力ってなかなか伝わらないと思うんです。でも、写真があれば、百聞は一見に如かずで、私が見た景色がよりリアルに伝わるんじゃないかなって思います。

写真、本当楽しいです。

達沢不動滝にはこんな感じの社務所、兼休憩所があるんですが、そこにノートがあります。

訪問した人がメッセージを書いてるんです(何年か前の物もありました誰が用意してるんだろう?)。

ガッツリと残しておきました╭( ・ㅂ・)و ̑̑ !

さあ!写真も十分楽しんだところで、出発します!

滝から鳥居まではこんな感じにしっかり舗装されているのでご心配なく。

根が岩を飲みこんでいるみたいですね!

朝の7時くらいでしょうか。早い時間にお父さんが写真撮影にきていました。

やっぱり新緑で朝の時間がおすすめって仰ってました。天気もよかったしね(๑˃̵ᴗ˂̵)و !

・・・あと熊の話。達沢というか、この辺りは全部山なので、熊はいます。

普通にいるらしい。その辺に出ちゃうみたいです。昨日道路で宴会しているときも「熊とは共生」って言ってました。

熊も人間と出会いたくないらしいので、事前に存在をアピールすることが重要みたいですね。

ここまで自然が多いと、人間が山に住まわせてもらっているという感じがします。お互いトラブルなく過ごせれば一番ですね。

土湯へ行こうとするも…??

うん、きれい!

季節は移りますが、私自身も各県を巡るので各所でたくさんの花を見ることができて嬉しい限り。

達沢は過疎化が進み、20代はいるかいなかって話でした。

町から人がいなくなったら、どうなるんだろう?

日本中で限界集落が増えているのかなと思うといたたまれません。

このまま少子高齢化やが改善しなければ、ますます増えてしまうでしょう。

さて、土湯方面を目指しますかね!

・・・これね。

昨日の宴会で聞いたんですが、土湯へ向かうのには土湯トンネルっていうトンネルを通るらしいんですが、まさかの自転車と歩行は禁止。

自動車専用道路だというのです。

このトンネルを通れば真っすぐ行けるんですけど、通行禁止なものは仕方ないですね。

しかし、マップを見て、スカイラインってのがあまりにクネクネしていたので、本当にこの道で大丈夫なのかちょっと心配になり、この辺の人に聞いてみることに。

清宮
土湯方面に行きたいんですけど、スカイラインってこの道であってますか?
スカイラインは今通れないから、自転車じゃいけないんじゃないか・・・うん、行けないわ。
清宮
はい!?

吾妻磐梯スカイライン、通行止め問題

登りが大変とか、そういった覚悟はしていましたが、自転車で行くことができないというのは想定外でした。

昨年9月の「関東・東北豪雨」のため復旧工事を行っているそうです。

磐梯吾妻スカイラインの一部区間通行止めについて

いやぁ、これはわからん٩(◦`□´◦)۶笑

「これから通る道にトンネルがあって、そのトンネルが自転車走行不可かどうか」なんて調べないし、それに加えて他の道は工事と言うことで・・・北東に進む道が絶たれてしまいました。

通りすがりのお父さんと相談すると、ここから相馬方面に行くには、一度山形の米沢にでるか、郡山方面に行くしかないとのこと。

気分的に山形に突入したくなかったので、少しでも縁のある郡山に行くことにしました( ;∀;)

ルート変更して郡山を目指す

行けないものは仕方ない。上りを回避できたとポジティブに捉え。

郡山を目指します。

磐梯熱海っていう方向ですね。

まずはボナリ峠という山を越えます。

でもこの山を超えたら!ひたすら下り╭( ・ㅂ・)و ̑̑ !

「農園食堂」にて少し早い昼食

11時過ぎくらいとお昼にはちょっと早いですが、「農園食堂」といううどん屋さんを発見。

美味しそうな雰囲気が漂っておる。

地元の野菜を使ったけんちんうどんと、凍みもち(しみもち)というメニューを頼んでみました。

郷土料理「凍みもち」

まず出てきたのが、凍み餅。

この食感は初めて。これやばいよ。

びっくり。すっごく美味しい。

冬の間に餅を凍らせておいて、食べる前に水に浸けて油で揚げ、福島会津の郷土味噌「じゅうねんみそ」を塗って食べる。

福島でよく食べる保存食なんだそうです。

地元の野菜盛りだくさんのけんちんうどんも絶品。

旅人ということで元気つけろと大盛にしてくれました。ありがとうございます!

途中で車を停めて何かしている人がいたのでお話を聞いてみると、山菜のゼンマイを獲っているんだとか。

ほほう。確かに磐梯山登った時も、ゼンマイありました。

山菜が美味しい時期ですもんね。

日本一周にすごい驚いてくれて、揚げパンいただきました!

ありがとうございます!

おやつにもってこいですね(╹◡╹)

そこから少し走ると郡山市へ!

そして・・・

そこからは、ずーーーっと下り坂!

これまで福島に入って上ってばかりいましたが、その分の標高を一気に駆け下りるかのごとく、何キロも何キロも下りが続きます。

この通り、およそ13kmに及ぶ下り坂を駆け下ります。

最新の注意を払いながらも、蛇行を繰り返す道だったので、さながらマリオカートのようでした。

ここ数日上りばかりだったので、最高にスカッとしましたね。

その後は畑や牧場に挟まれながら、郡山市街を目指します。

郡山と言えば市街地は栄えてますが、山の方はこんな感じで大自然が広がってるんですね。

郡山市内

長らくお店も何もなかったので、コンビニでちょと休憩。トイレがなくて困ってました。

市街地に近づくにつれ一気に交通が増えます。

自転車専用道路があると本当ありがたい。

そして、ついに・・・

郡山駅に到着しましたー!

懐かしいーーー!

と、言いましてもまだ1年も経ってませんが、前職の仕事で郡山にはちょくちょく来ていたので、この光景を見て一人にやにやしてました。

あの時はスーツを着て、今は自転車日本一周でか・・・。

お馴染みの快活クラブですが、珍しく駅の目の前にありますね。

宿泊場所としてネットカフェを多用しすぎな感じがするので、1か月経過した段階で今後の予算編成をしたいと思います。

ヨドバシカメラでNDフィルター購入

その後はヨドバシカメラへ!

ヨドバシって大きい街にしかないんですよね。

目的はNDフィルターです。今持っているのはND500というフィルターで、NDの後は数字はレンズに入る光を1/◯に減らすという意味になります。

ND500なら通常状態より光を1/500にカットするということ、これはND16なので光の量が1/16になります。どちらも利点欠点があるので、状況によって使い分けることが必要です。

ND500とND16の使い分けは、実際に写真を撮り分けた際にご紹介しますね。

その後はスタバでブログの更新をして、夜になったらネットカフェでお休みです。

土湯方面にいけないという予想外のアクシデントはありましたが、そのお陰で美味しい凍み餅やけんちんうどんを食べれました。迂回することで生まれる出会いもあります。何事もポジティブに捉えていこう(╹◡╹)!

後日談

トラックの後ろにくっつきながら自転車で行っちゃえば?と道を聞いたお父さんに言われた時は危うく魔が差しましたが、交通違反は無論行けない上に、ブログで様子を伝えられないので大人しく郡山へ行くことにしたのでした。

日付 2016年5月16日
本日の走行距離 45km
総走行距離 819km
スタート 野宿「達沢不動滝」
ゴール ネットカフェ「快活クラブ(郡山駅前店)」
                   
\ こちらもおすすめ /

Copyright © Japan Nomad, 2015~2020 All Rights Reserved