投稿日:2016年5月15日 更新日:

【旅24日目】福島県の秘境に佇む絶景「達沢不動滝」

こんにちは!自転車日本一周24日目(5/15)です!

昨日記事を更新したかったんですが、圏外で携帯もパソコンも使えず更新できませんでした。

最近、天気に恵まれているので走っていて気持ちいいし、どこに行っても絶景ばかり!

今日はどんな景色が待っているか、24日目いってみよー!

天神浜オートキャンプ場

天神浜オートキャンプ場でお目覚めです。湖畔でキャンプっていいですよね!

浜辺とか湖畔でのテント泊に憧れてたので、夢が叶って嬉しいです。

1000円でゆっくりできるので、今日はここで停滞しても良かったんですが、電源が確保できなくて微妙なのと、真横で音楽のイベントが始まるようなので進むことにしました。

朝起きて歯磨きした後、いわきの方からキャンプに来られていたご夫婦に朝ご飯に誘っていただき、ご馳走になりました。

朝から納豆ご飯や目玉焼きを食べることができ、元気いっぱいです!

今日のテントの片付けも、実は昨日のテント設営時も、風がすごく強くてテントの設営/片付けが難しい。

特に設営ですね。風が強くてテントが吹っ飛びそうになります。

テントを片付けていざ出発!

今日の目的地ですが、達沢不動滝(たつさわふどうたき)という滝を見に行きます!

快晴の空の下、快調に走っていると・・・

日本一周の看板を見たご夫婦が声をかけてくださり、ドリンクまでいただきました!

ありがとうございます!

日本一周の応援にと声をかけてくださると、本当にうれしい。

褐色に染まる長瀬川

川の色がすごい赤褐色!

実は、磐梯山を登った時もこのような褐色の川が流れていました。

調べてみると、赤褐色をしたこの川は長瀬川というらしいです。

中性の長瀬川と強酸性の酢川が合流し、鉄の成分が沈殿して赤褐色に見えるんだそうです。

後日談

酸川は現在も活動している安達太良山を水源に持つため強酸性水のようです。磐梯山も過去に大噴火していますし、福島のこの辺りは活発な火山帯の様ですね。

この長瀬川は猪苗代湖へ流入する水の2/3を占めることから、猪苗代湖も酸性なんだそうですよ。

ちなみに猪苗代湖の透明度が高いのもこの影響だといいます。

達沢不動滝へ向け、山に囲まれながらのどかな田舎道を走ります。

串焼きだんご「黒みつ堂」

小腹が空いてエネルギー補給したいなぁと思っていると、奇跡的なタイミングでお団子屋さんが!

これは寄るっきゃない。

福島テレビとか、メディアにも結構取り上げられている様子。

この辺りでは珍しい串焼き団子の黒みつ堂さんです。

ご主人おすすめだという草団子をチョイス!

めちゃんこうまい!

自家製の味噌ダレが美味し過ぎ。

甘辛い味噌ダレ、草団子のヨモギの風味が最高です。

お団子は美味しいしカロリーもあって自転車日本一周にはもってこい。

今日は猪苗代から北へ走り、福島方面へ進んでいます。

左には魅力的な裏磐梯があるんですがこの旅では泣く泣く割愛することに。

お団子を食べて少し進むと、滝がある達沢エリアに入っていきます。

中ノ沢温泉という温泉エリアでもあるようですが・・・

あまり人はいないですね。

この辺りは何と言ってもかなりの田舎で、周囲にメジャーな観光地があるので経営厳しそう。

温泉も入りたいけどもうちょっといけるかな。

明日には土湯温泉入る予定ですし、今日は我慢しよっと。

本日二度目の差し入れ

「お兄さん!!!」と大きな声で呼ばれたのでびくっと振り返ると、お母さんがウイダーを差し入れしてくれました!

ありがとうございます!

ビタミンとプロテイン不足しがちなのでとっても助かります。

看板が見えてきましたね!後少しです。

福島でも標高が高いところなので、まだまだ桜がきれいに咲いていました。

のどかだなぁ。

本当にのどかです。

あまりにのどか過ぎて・・・

路上焼肉パーティーにお呼ばれして宴会スタート

もはや道路で宴会やってます(笑)

町のお祭りの準備のために奉仕活動をしていたというお父さんたち。

見るからに酔っ払っていて良い意味でダメな感じなので、これはシレっと通り過ぎようかと内心思った矢先。

おーい!!!兄ちゃんなにやってんだ!?
酒と肉があるからちょっと寄ってけ!
清宮
はーい!!!(笑)

ということで。

こうなりました(笑)

まだ14時くらいで時間はたっぷりあることですし。

こんな機会そうはありません。

れぞ一期一会の旅の醍醐味

ラム肉をたらふくいただきながら、旅のことや町のことで話が弾みます。

はじめお酒は断わっていましたが、ラム肉の焼肉でビールなしは不可能。

ここで飲まないのも野暮かと思い、というかお肉食べてたら飲みたくなり、結局いただいちゃいました。

滝はすぐ近くなので、自転車は押していきましょう。

20代がここを通ること自体かなり珍しいらしく、とてもよくしてもらいました。

こんな交流できるのも自転車の良いところだと思います。

結局1時間ほどいっしょにドンちゃんしながら盛り上がりました。

そこから少し進むと、達沢不動滝はいよいよ後少し!

ここから先は砂利道。

1kmくらいでしょうか?砂利道が続きます。地味にきつい。

達沢不動滝

着いたー!!!

楽しみすぎて、ここから滝まで写真も撮らず突き進みます。

滝までは5分くらいなのですぐですよ。

自転車を停め、三脚とカメラを持っていざ!

めちゃくちゃ絶景。

マイナスイオン飛びまくり。秘境にあるからこそ、ここにたどり着いた時の感動は大きい。

日本一周で寄った「茨城の袋田の滝」や「栃木の華厳の滝」は日本の三名瀑に数えられていて、大きさや迫力はあるんですが、その反面、周りの環境が整備され過ぎていて自然感がありません。

一方、この滝沢不動滝は山奥にあり、滝のすぐ近くまで行けますし、人も圧倒的に少ないです。

自然の中にある雰囲気がとても素敵。

まさに秘境と言った感じです。

新緑の緑に囲われたこちらの滝が「日本の滝100選」に選ばれていないのは一体何の間違いでしょうか?

来る価値、見る価値が絶対にあります。

後日談

日本一周を終えた今でも、この滝は本当におすすめです。

でも。自転車で来るのはかなり大変ですよー??

自転車日本一周でここに寄っている人はあまりいないと思います。

時間も遅くなるといよいよ人も居なくなったのでちょっと記念撮影。

神秘的な雰囲気の中、一人でここにいると自然の一部になったような気さえしてきます。

写真は三脚で走りながら撮りました(笑)

ブログの更新でもしようかと思ったら、圏外(当たり前)!

人工の光は何もないので、19時頃には真っ暗。疲れもあって21時頃には夢の中へ。

滝の音がゴゴゴッと常にすごいんですが、いつも通り一瞬で寝ちゃいました。

進捗 日本一周24日目
日付 2016年5月15日
本日の走行距離 23km
総走行距離 774km
スタート キャンプサイト「天神浜オートキャンプ場」
ゴール 野宿「達沢不動滝」

Copyright © Japan Nomad, 2015~2020 All Rights Reserved