兵庫県 日本一周ブログ 鳥取県

【旅168日目】鳥取砂丘の夕景

投稿日:2017年3月17日 更新日:

日本一周168日目は兵庫県の道の駅「はが」にて起床。昨日が定休日だったのと車中泊が1台もいなかった為、羽を伸ばすことができました。

とは言えです、ここは後少し進めばスキー場があるような場所なので、夜はさすがに冷えました。真夜中は氷点下3℃程だったでしょうかね?

朝ご飯は定番のホットサンドとホットココア!

いやぁ、温まりますねぇ。もう食パンをトーストせずにそのまま食うとか、いくら日本一周でも無理ゲーです。

今後出発するチャリダーに是非ともおすすめしたい一品。

兵庫~鳥取の難所「戸倉峠」を行く

昨日は峠に入る前の場所でストップしたので今日はいきなりの登坂・・・

かと思いきや、緩やかな坂道をまずは登っていきます。

今日の敵は戸倉峠(とくらとおげ)、兵庫~鳥取間にかかる難所ですね。

程なくして美しい景色に出会えました!ただのダムなんですけどね。風がないのできれいなリフレクションになってます。

青空と雲がいい感じです。

"自転車"日本一周のいいところは、こういった景色、特に有名でない場所をじっくり見れることかもしれません。

ええー!!!これから峠なのー!?確かにここまで全然峠っぽくなかったもんねー!(白目)

この看板を見た時は絶望したものです。

坂が急になったので気合を入れてガシガシ漕いでいきます!

あれ、なんか坂が終わったような?ままままさか、戸倉峠終わり!?

昨日、地元の方4人くらいに「戸倉峠はやばい」って聞いていたのでビビッていたんですが、いやいや、こんなん日本レベルで見たら楽勝でっせ!

小坂峠、蔵王エコーライン、日勝峠、竜泊ライン、暗峠・・・いろいろ通って来たな(涙)お前らがキツ過ぎたんや(涙)

鳥取県に突入!

戸倉峠の終わりと同時に、鳥取県に入りました!

これで20/46県達成です!

1.千葉県⇒2.茨城県⇒3.栃木県⇒4.福島県⇒5.宮城県⇒6.岩手県⇒7.青森県⇒8.北海道⇒9.秋田県⇒10.山形県⇒11.新潟県⇒12.富山県⇒13.石川県⇒14.福井県⇒15.滋賀県⇒16.京都府⇒17.奈良県⇒18.大阪府⇒19.兵庫県⇒20.鳥取県・・・

鳥取の山間部には雪が結構残ってますね。

ただいまの気温2℃なうです。峠を一気に下ったので汗が冷えて激寒。

「お、こんな田舎にイオンあるんか」と思ったのも束の間、まさかの42km直進!

フルマラソンか!笑

無事に峠越えを果たしたという事で、道の駅で休憩がてら物産館を覗くと、そこにはの姿が。

日本一周でしょっちゅう買っていた梨ですが・・・梨ですよ?いやいや、3月も半ばなのですが?梨って秋でしょ?

「なんで梨があるんですか?」

「秋に収穫したものですが、長期保存できる梨なんですよ。春まで食べられます。」

長期保存にも程がある!笑

調べてみると、この梨は王秋梨(おうしゅうなし)という鳥取でしか作られていない希少な梨みたい。

あのね、食べたのよ、そしたらね、くっそ美味しかった!あっまーーーい!スピードワゴン井戸田も真っ青の甘さですわ。

この辺りは鳥取県の八頭(やず)という場所なんですが、二十世紀梨をはじめとした果物の宝庫。先ほどの王秋梨も二十世紀梨の親戚みたい。

辺りにはたくさんの果樹園が広がります(果樹園しか無いとも言える)。

ふと右を見ると、一際白い山が見えます。あれが氷ノ山かな?

鳥取駅に到着!

ここまで緩徐なアップダウンを繰り返したのでさすがに疲れました。

なるほど(笑)うーむ、少なくともこれまで見てきた県庁所在地の駅としては、一番・・・。

スタバは無くとも砂場はある「すなば珈琲」

時刻は既に14時近く。梨だけでしのいできたのはお昼ご飯をここで食べるため。

今や鳥取県の名所とも言えるすなば珈琲です!

(今現在、鳥取にもスタバは出店しています)

日本で最後の最後までスタバが無かった県、それが鳥取県。県の人口が東京都の八王子市と同じ程度という、何と言っても人口が少ない県なので、利益を確保するのが相当難しいんでしょうね。

ぎりぎりランチに間に合ったので珈琲付きのセットを注文!

待ってましたよ食後のブレンドコーヒー。

さあさあ、お味は・・・「普通に」美味しい。スタバにも決して負けてないと思いますよ!

遅めの昼食後は公衆浴場で汗を流し、本日のメインイベントである鳥取砂丘へ。

鳥取砂丘で夕日を眺めるのが今日のメインイベントなので、ちょっと急いでます。

砂丘の近くに柳茶屋キャンプ場(無料)があるので、まずは幕営の準備をしちゃいます。テントを瞬殺して、急いで鳥取砂丘へ!

日本の砂漠、鳥取の宝「鳥取砂丘」

キャンプ場から歩いてすぐの所に鳥取砂丘はあります。青空の下で眺める黄色い砂丘は美しい。

夕日には間に合いましたが、まだ安心できません。

鳥取砂丘に来たのが初めてなので、どこから写真を撮ればいいのか全くわからず。辺りには誰もおらず(笑)

その辺の海岸線とは大きさが違います。どこへ行けばいいのかイマイチ分からないまま、鳥取の砂漠を彷徨います。

地面の模様と太陽のコントラストが良い感じ!

その後、遠くの方に人がたくさんいるのが見えたので急いで移動!(たぶん)馬の背の上から夕日を眺めるようです。私も日が落ちる前に急ぎます。

って、結構遠いぞおい(白目)

キャンプ場から馬の背まではかなりの距離があるのでお気を付けください!

雲一つない空から海を目指して落ちていく太陽。

海岸線に広がる砂漠と相まって、非常に美しい光景を見させてくれました。

太陽が地平線に沈み往く直前の写真です。

夕日の後は雪解け水が溜まる「オアシス」を見ながら、キャンプ場まで戻りましょう。

美しい夕日に大満足です!兵庫から峠を超えてかっ飛ばしてきた甲斐がありました。

鳥取砂丘は朝日や夕日と絡めて見るのが良さそうです(๑´ڡ`๑)

今日の走行ルート

今日の旅データ

本日の走行距離 73km 
総走行距離 6464km 
スタート 道の駅「はが」
ゴール キャンプ場「柳茶屋キャンプ場」
飲み物 359円
朝食 0円
昼食 756円(すなば珈琲)
夕食 200円(ラーメン)
買い食い 200円(八頭の梨)
雑費 0円
お風呂 410円(元湯温泉)
使用金額 1925円

自転車日本一周のブログランキングに参加しています。皆さんにバーナーをクリックいただくと順位が上がる仕組みです。旅を応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします(๑´ڡ`๑)

-兵庫県, 日本一周ブログ, 鳥取県

Copyright© Japan Nomad , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.