ranking

【旅146日目】日本随一の木彫り「井波彫刻」と瑞泉寺を見学(石川県で派手に落車…)

2016年11月23日 

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e5%91%a8163%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%88%e5%af%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c-%e4%ba%95%e6%b3%a2%e5%bd%ab%e5%88%bb%ef%bc%89-japan-nomad-1

自転車日本一周146日目です。道の駅「庄川」にて7時頃起床。開店が9時からだったので7時には起きましたが、瞬間、大きな雨音がテントの外から聞こえてしまい、さてどうしたものか。

ひとまずテントを撤収していると、テントを入れているドライバッグに穴が開いてしまった。。。

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e5%91%a8163%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%88%e5%af%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c-%e4%ba%95%e6%b3%a2%e5%bd%ab%e5%88%bb%ef%bc%89-japan-nomad-2

ステッカーを貼るテープがかなり強力なのでこちらで応急処置。これで行けそうなら旅中はこれで頑張ってもらおう。旅も日数を重ねて装備品が消耗してきました。

旅が終わるころには体も装備も満身創痍になってそうですね(笑)

日本一周なんてしているのだから、それも仕方ないかな?という気がしますが。

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e5%91%a8163%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%88%e5%af%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c-%e4%ba%95%e6%b3%a2%e5%bd%ab%e5%88%bb%ef%bc%89-japan-nomad-3

結構な勢いで雨です。また、本日は全国的に冷えているようですが、富山県も例外ではなく現在5℃程。昨日と比べて一気に冷えました。雨の様子を見ながら朝ご飯を食べ、待機。

・・・

9時半ごろ、雨脚が弱まったところで出発です!午後になれば雨雲がなくなるという予報を信じ、富山の誇る木彫りの芸術、井波彫刻を見学しに行きます。

日本一の木彫りの里「井波」

富山県西南部、砺波平野の最南部に井波という町があります。ここは日本一の木彫りの里として多くの伝統工芸士が活躍し、緻密で精巧な彫刻を生み続けています。

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e5%91%a8163%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%88%e5%af%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c-%e4%ba%95%e6%b3%a2%e5%bd%ab%e5%88%bb%ef%bc%89-japan-nomad-4

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e5%91%a8163%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%88%e5%af%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c-%e4%ba%95%e6%b3%a2%e5%bd%ab%e5%88%bb%ef%bc%89-japan-nomad-9

そんな井波、芸術の中心となるのがここ八日町通。彫刻師の工房が多くあり、井波彫刻を生み出しているまさに木彫り芸術のメッカ。

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e5%91%a8163%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%88%e5%af%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c-%e4%ba%95%e6%b3%a2%e5%bd%ab%e5%88%bb%ef%bc%89-japan-nomad-10

今まさに彫刻師が木彫りをしているところ。いくつかのお店はこのように「見学自由」の看板を下げてくれているので入りやすかったです。

このお店ではありませんが、日本一周の話をしたり、いくつか質問をして「皆それを聞くねぇ」と、凡庸な質問しかできないことを晒したところで、先へ進みます(笑)

井波彫刻発祥の地、瑞泉寺へ

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e5%91%a8163%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%88%e5%af%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c-%e4%ba%95%e6%b3%a2%e5%bd%ab%e5%88%bb%ef%bc%89-japan-nomad-8

井波は瑞泉寺というお寺の門前町として栄えたところ。それならば、瑞泉寺にも行かないとですよね。何度か焼失の被害にあっている瑞泉寺ですが、その際に京都から招集された宮大工の技術が井波彫刻に繋がったと言われています。

明治時代に再建されたという本殿。瑞泉寺はいずれの建築も極めて荘厳で重厚感があり、高位な風格が漂っておりました。

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e5%91%a8163%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%88%e5%af%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c-%e4%ba%95%e6%b3%a2%e5%bd%ab%e5%88%bb%ef%bc%89-japan-nomad-5

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e5%91%a8163%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%88%e5%af%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c-%e4%ba%95%e6%b3%a2%e5%bd%ab%e5%88%bb%ef%bc%89-japan-nomad-7

井波大工が完成させたお寺、随所に井波彫刻を思わせる造形が見られます。

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e5%91%a8163%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%88%e5%af%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c-%e4%ba%95%e6%b3%a2%e5%bd%ab%e5%88%bb%ef%bc%89-japan-nomad-6

雰囲気、風格は国宝そのものなんですが・・・焼失により建築当初の物が残っておらず、国宝には指定されていません。先日訪れた瑞龍寺が国宝で瑞泉寺が国宝じゃないというのは、個人的には違和感を感じるところ。

内部は撮影禁止なので写真がありませんが、仏壇は絢爛で神々しく、迫力がすごかったです

拝観料は300円と良心的ですし、瑞龍寺と併せておすすめのお寺ですね。

井波彫刻総合会館で多くの展示を見学

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e5%91%a8163%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%88%e5%af%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c-%e4%ba%95%e6%b3%a2%e5%bd%ab%e5%88%bb%ef%bc%89-japan-nomad-11

道の駅井波近くにある井波彫刻総合会館で多くの作品を見学しました。基本的に撮影不可なので写真がないのが残念ですが、これはご自身で実物を見た方がいいですね!井波彫刻の繊細で超人的な技を間近に見ることができますよ。

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e5%91%a8163%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%88%e5%af%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c-%e4%ba%95%e6%b3%a2%e5%bd%ab%e5%88%bb%ef%bc%89-japan-nomad-12

最後になりますが、井波彫刻とは木材を精巧、繊細に彫った作品。一つの木を彫ってできたとは思えませんね。多くの芸術があるなかで、誰が見ても楽しめるものだと思いますよ。

次に目指すは石川県!

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e5%91%a8163%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%88%e5%af%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c-%e4%ba%95%e6%b3%a2%e5%bd%ab%e5%88%bb%ef%bc%89-japan-nomad-13

井波彫刻を見た後は南砺波を走ってお隣の石川県を目指します。道中、散居村の景観を見て通りますが、非常に個性的、印象的な散村風景。

防風林が家を守っている感じがすごい。

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e5%91%a8163%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%88%e5%af%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c-%e4%ba%95%e6%b3%a2%e5%bd%ab%e5%88%bb%ef%bc%89-japan-nomad-14

砺波は東からの風が極点に少ないらしく、多くの家の戸口が東向きなんだそうです。防風林は地元でカイニョと呼ばれ、「高(土地)を売ってもカイニョは売るな」という言葉があるくらい、重要視されているそうです。

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e5%91%a8163%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%88%e5%af%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c-%e4%ba%95%e6%b3%a2%e5%bd%ab%e5%88%bb%ef%bc%89-japan-nomad-15

峠の坂道を登って、石川県に入りました!

富山県では(惨敗したけど)雨晴海岸、砺波平野散居村の展望、高岡の町並み、井波彫刻などを楽しめました。道路が全体的にすごく走りやすかったのも印象的。

次は石川県を楽しみます。

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e5%91%a8163%e6%97%a5%e7%9b%ae%ef%bc%88%e5%af%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c-%e4%ba%95%e6%b3%a2%e5%bd%ab%e5%88%bb%ef%bc%89-japan-nomad-16

・・・と、思いながら走っていると。

ズサッー!!!

清宮、石川のコンクリの上で1分程悶絶。

前方看板を見た時に自転車が側溝に落ちて落車。胸と腰を強打。なんでこんなところに側溝があるねんと。目の前に横断歩道があり、上に看板があったので、まさかこんな斜めの溝が走っているとは思わず・・・。

自転車旅なんかやめちまうかー!!!

と、こういう時は思うんです。でも、ゴールしないとダメ。絶対、何があってもゴールしないと。今までの努力が水の泡だから。ゴールしたらこれまでの苦労が全部報われると思うので、頑張ります・・・、痛いけど(無事です)。

自転車の高さからコンクリに胸から落ちるってめちゃくちゃ痛いですけどね(笑えない!)

その後は金沢に到着。スタバでブログ書いて、夜になったらネカフェかな。

・・・

昨日福島の方で地震があったようです。大きな被害が出ないことを祈ります。

今日の移動ルートと旅データ

本日の走行距離 44km
総走行距離 13.5km 
平均走行速度 5,622km/h
スタート 道の駅「庄川」
ゴール ネットカフェ「快活クラブ(金沢久安店)」
                           
\ この記事をシェアする /




前後の記事はこちら
     
Amazonから写真集販売中
ranking

                           
こちらもおすすめ


関連記事

日本一周:石川県 日本一周:福井県

【旅148日目】サスペンスでお馴染みの断崖絶壁「東尋坊」へ!

自転車日本一周148日目です!昨日はスタバでブログを作っておき、兼六園で紅葉ライトアップを撮ったらネカフェで写真編集、ブログを完成させて投稿 ...

日本一周:新潟県 日本一周:富山県

【旅143日目】糸魚川のブラック焼きそばと交通の難所「親不知」

自転車日本一周143日目です。 快活クラブの上越店にて起床。面白い漫画を発見してしまい、昨晩で2周もしてしまった。 上越から富山を目指して走 ...

日本一周:富山県

【旅145日目】高岡で歴史ある町散策と富山の有名スポット「砺波平野散居村」

こんにちは!自転車日本一周145日目です。昨晩は道の駅「万葉の里 高岡」にお邪魔しました。トイレの裏手、防災庫の前にテントを張りましたが、こ ...

日本一周:石川県

【旅147日目】石川県の誇る絶景「兼六園」の紅葉ライトアップ

こんにちは!自転車日本一周147日目です。昨日は昼も夜も外食してしまいました。お金がだいぶ減ってきているので、再出発後、実は以前よりだいぶ節 ...

日本一周:富山県

【旅144日目】富山湾越えの立山連峰を狙いに「雨晴海岸」へ!!(惨敗…)

自転車日本一周144日目です! 昨日は富山県の黒部あたりまで進みましたが、このあたりは道の駅がないので公園に行こうかと思い走っていると、東屋 ...

About me
横須賀育ち横浜在住の30代。山岳写真が好きで北アルプス中心に活動しています。好きな山は穂高岳。製薬企業を退社して2017年に自転車日本一周達成。現在は代理店・EC関係の仕事をしています。
Category
カテゴリー
youtube
ranking
ranking
ranking
youtube
ranking
ranking
Special
特集
youtube
ranking
ranking
ranking
youtube
ranking
ranking
ranking

Copyright © Japan Nomad 〜旅と山と写真のブログ〜, 2015~2022 All Rights Reserved