【北アルプス】餓鬼岳、唐沢岳(その1)~出発が遅くて雨だし荷物が重くてやらかした話~

行ってきましたよ北アルプス!北海道は大雪山~十勝連峰で山の雄大さ、かっこよさ、素晴らしさに目覚めて完全に山ヤと化しております。

登山家の憧れ北アルプス!

いざ第一弾ということで、北アルプス南エリアという人気の場所にあるにも関わらず、訪れる人が少なく、北アルプスの中でも秘境的な山として知られる・・・餓鬼岳(がきだけ)&唐沢岳(からさわだけ)に照準を合わせ、北アルプスデビューを果たしました(๑╹ڡ╹๑)p♪

それでは、餓鬼岳・唐沢岳登山の一日目、いってみよう!!

北アルプスのデビューは超渋い餓鬼岳・唐沢岳!

餓鬼岳、唐沢岳ってどんな山?

%e9%a4%93%e9%ac%bc%e5%b2%b3%e3%83%bb%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%b2%b3%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bd%9e-18

餓鬼岳唐沢岳は北アルプス南エリアの中では北側に位置する山です。標高は2600mちょっと。餓鬼岳は200名山に選ばれています。

南を見れば燕岳、大天井岳、槍ヶ岳といわゆる表銀座の縦走路が、西を見れば三俣蓮華岳や双六岳などの裏銀座の山々が見える、そんな位置にあります。

餓鬼岳は、燕岳から人気の表銀座コースの反対側にあるということで、北アルプスの中では訪れる人がかなり少ない山であり、唐沢岳に至っては餓鬼岳から縦走しなければ行けないので、北アルプスの中でも秘境的な扱いをされています。

しかし、そこから見える景色は絶景だと言います(๑╹ڡ╹๑)p♪

今回はそんな餓鬼岳と唐沢岳に行って、静かな山行を楽しんできました☆

ゲストハウス「バックパッカーズ松本の宿」から白沢登山口へ

%e9%a4%93%e9%ac%bc%e5%b2%b3%e3%83%bb%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%b2%b3%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bd%9e-1

横須賀⇒新宿(バスタ新宿)⇒松本と電車・バスを駆使して松本に前泊移動!

松本にはゲストハウスがたくさんあるため、登山の拠点として利用するのには最適!北アルプス(富山・長野)登山口へのアクセスも良好なので、北アルプス登山の玄関口みたいなものですね(╹◡╹)

記念すべき初宿泊は「バックパッカーズ松本の宿」というゲストハウス!

2500円というリーズナブルな価格、おもてなし、スタッフさんのお人柄、広さ、きれいさ・・・ピカイチ!!!

今後もココを利用させていただきます。詳しい紹介は、追い追いね(๑˃̵ᴗ˂̵)و!

%e9%a4%93%e9%ac%bc%e5%b2%b3%e3%83%bb%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%b2%b3%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bd%9e-2

松本から電車で信濃大町、信濃大町から餓鬼岳の登山口である白沢登山口まではタクシー移動(約4000円)となります。土日であれば信濃大町にタクシーがいることもありますが、まったくのゼロということも多いようなので、事前に予約しておくのが吉でっせ。

アルプス交通(0261-22-2121)

「〇〇時に信濃大町から白沢登山口までお願いしゃす!」

と、伝えればそれで分かってもらえます☆

%e9%a4%93%e9%ac%bc%e5%b2%b3%e3%83%bb%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%b2%b3%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bd%9e-3

登山道にトイレはないので登山口で済ませておきましょう。

%e9%a4%93%e9%ac%bc%e5%b2%b3%e3%83%bb%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%b2%b3%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bd%9e-4

タクシーが乗り入れできる場所から少し歩くと登山口が見えてきます。

ここから出発するのですが・・・タイトルにある通り、実はこの山行はやっちまってます・・・。

天気がイマイチなので今日にするかどうしようか悩んでいるうちに、時間が経ってしまい、登山開始が11時というあり得ない時間に(松本⇒信濃大町が1時間に1本あるかないか)。

私の足は迷いに満ち満ちています。

%e9%a4%93%e9%ac%bc%e5%b2%b3%e3%83%bb%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%b2%b3%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bd%9e-5

それでもここまで来たら引き返せない。いざ登山スタートです( ・ㅂ・)و ̑̑

%e9%a4%93%e9%ac%bc%e5%b2%b3%e3%83%bb%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%b2%b3%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bd%9e-6

白沢登山口から始まり、はじめは樹林帯を進みます。この辺は歩きやすい。

%e9%a4%93%e9%ac%bc%e5%b2%b3%e3%83%bb%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%b2%b3%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bd%9e-7

ほどなくして白沢の名前の通り、沢(川)が登場。

ここから橋、はしご、鎖、川渡りの連続です。餓鬼岳登山は、はじめ沢登りだということは事前調査で知っていましたが、これが想像以上にハードです。

%e9%a4%93%e9%ac%bc%e5%b2%b3%e3%83%bb%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%b2%b3%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bd%9e-8

先日の台風、今日の雨の影響で増水が心配でしたが、水量は問題なさそう。台風の後なのに水がきれいですね!ごくごく飲みまくりです。

餓鬼岳登山では水を十分確保できるので、信濃大町から買ってくる必要はないですよ。

%e9%a4%93%e9%ac%bc%e5%b2%b3%e3%83%bb%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%b2%b3%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bd%9e-9

白沢の美しい川を見ながらの登山!沢登りは初めてで、ウキウキしちゃう(←この時はな)。

%e9%a4%93%e9%ac%bc%e5%b2%b3%e3%83%bb%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%b2%b3%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bd%9e-11

と、初めはテンション高かったんですが・・・

雨の影響で橋が、岩が、木道が・・・めっちゃ滑るー!!!

滑ったらドボン不可避の道を進みます。

%e9%a4%93%e9%ac%bc%e5%b2%b3%e3%83%bb%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%b2%b3%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bd%9e-10

途中岩の上を渡る場所が多数ありますが、渡渉(としょう:川の中を歩いて渡ること)する場所はありません。

ただ、台風の翌日などで極端に増水していると、渡渉が必要になるかも??

%e9%a4%93%e9%ac%bc%e5%b2%b3%e3%83%bb%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%b2%b3%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bd%9e-12

こんな風に橋の上を渡ったり岩を越えたりする箇所が合計20以上はあるので、かなりドキドキの登山道です。

%e9%a4%93%e9%ac%bc%e5%b2%b3%e3%83%bb%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%b2%b3%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bd%9e-13

%e9%a4%93%e9%ac%bc%e5%b2%b3%e3%83%bb%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%b2%b3%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bd%9e-14

滑る・・・滑るー!!!

とくに丸太が超滑る٩(◦`□´◦)۶ 

丸太に対して横向きに力を加えようものなら「ツルン」といきます。

・・・

正直に言いましょう。滑りすぎて2回ほどこけました。しかも1回は割とやばい滑り方で、危うく滑落という感じ(汗)

餓鬼岳ですが、雨が降っている日はマジで危険です。

本当に至る所が滑るので、是非晴れや曇り日に登ってください(←マジです)。

%e9%a4%93%e9%ac%bc%e5%b2%b3%e3%83%bb%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%b2%b3%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bd%9e-15

沢登りは楽しいんですが・・・

今日は新しいザックのデビュー。しかも、(この時は)縦走しようと考えていました。

なのでザックが重たくて重たくて、全然前に進まない?

ちょっとやばいかも・・・

%e9%a4%93%e9%ac%bc%e5%b2%b3%e3%83%bb%e5%94%90%e6%b2%a2%e5%b2%b3%ef%bd%9e%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bd%9e-16

慎重に慎重に進んで、魚止ノ滝まで到着。

しかし、ここで雨脚が強くなってきて・・・ザックが・・・重くて・・・やばい(死亡フラグ)。

山の神様ごめんなさい。やっちまいました。

この後、最終水場という少し休憩できるようなところに到着します。

ただ、時刻はすでに15時を回ってしまい、このペースでは明らかに日没までに山頂に到着できない!?

しかも最終水場~大凪山がかなりの急登で、ザックの件もあり、明らかにやばい。

日没までに絶対間に合わない

白沢登山口は電波が悪く、引き返すにしてもタクシーは呼べないし、山頂にも間に合わないということで、最終水場で・・・テントを張ってビバークしました。

夏山では指定された場所以外でのキャンプは禁止されていること、重々承知しているのですが、やむを得ず。。

登山開始時刻が圧倒的に遅すぎました。

本当に反省です。

と、いうことで北アルプス1日目からやっちまった1日でした( ;∀;)

2日目に続く。

コースタイム

  • 11:00 白沢登山口
  • 13:00 魚止ノ滝
  • 14:00 最終水場
  • 前進するも、山頂まで間に合わないと判断、最終水場に戻る
  • 15:00 最終水場

Pocket

こんな記事も読まれてます

comment for this post

  1. たか

    私は登山をしない。

    大学の時、学食でカレーライスを食っていたら、大して親しくもない顔見知りの男子生徒が俺の所に座った。
    爽やかな屈託のない笑顔が性格の良さを表している、男から見ると、少なくとも俺に言わせると、羨ましいほと良い男だ。
    「ここいい?」と笑顔で隣に座るもんで、まともに話したこともなかった俺は、「良いけど、どうしたの?」と、問い返すことになった。
    それをきっかけに、様々な世間話をし、趣味の話をし、彼が実はその世界ではそこそこ名の知れたクライマーだということを知った。そこそこというか、多分、大物ルーキーだったんじゃないかな。世界の幾つかの名峰にも登頂しているという話だった。
    人間関係とは現金なもので、ちょっとウマが合うと、あっという間に何年来の友人かのように親しくなれる。学食を出て喫茶店に寄り居酒屋へ。カラオケなんて無い時代。
    で聞いたのが、夏に遠征の計画があって、今週末にその練習に、アルプスのどこぞの山に登ることになっている、ということ。要は、誰かに気持ちを込めて送り出して欲しかったらしい。人間関係に不器用で、大学の講義とゼミと山しかなくて、回りに打ち解けられず、寂しかったんだと。実に山男らしい。
    「お前、だったら俺なんかじゃなく、女の子に声かけろよ。お前、絶対モテるはずだぜ?」
    「いやぁ、とてもムリだよ。」
    そんな会話があって、
    「じゃあ、週明けに山の土産話、聞かせてくれよな。で、その次には、女の子に見送ってもらおうぜ!」
    たわいもない、でも、とても楽しい時を過ごして彼と別れ、週が明けた。
    大学に彼の姿は無かった。研究室で聞いたところ、山で死んだと。頂上付近で風邪を引いて、直ぐに下山しようとしたんだが、肺炎に掛かってしまい、間に合わなかったと。
    あっけなかった。車ならほんの数十分の距離にも拘らず、山の上というだけで手の施しようもなく命は消える。命は儚い。

    俺も山が嫌いな訳じゃない。高校生の時には、僅かながら手を染めた時期もあった。
    だが、彼の事があってから、俺は山に登るのをやめた。冒険はしない。いや、冒険はするが社会との繋がりは保持した上で、無茶をする。
    そうして、俺はサドルに跨がったんだ。

    あなたはもしかしたら自転車より、山に向いているのかもしれません。それはそれで良いと思います。無理して日本一周なんてやる必要は、ありません。好きなことに打ち込むべきです。
    ただ、冒険は常に生死が背中合わせであること、頭ではなく心に刻んでチャレンジして欲しい。どんなに文明の利器が発達しようと、それは変わりません。
    それだけ申し上げたかった。長くなって済みませんでした。

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      そうですね・・・本当に一瞬の油断やちょっとしたことで命を落としかねないのが登山であり、
      登山以外でも旅や冒険、チャレンジではそうですよね。
      私自身「危ない!」という目に何度か遭っているので、たかさんがおっしゃる通り、
      常に危険と隣り合わせなんだということを意識します。
      日本一周も最後までやり遂げますが、強いてどちらが向いているかと言えば、
      自転車よりは山の方が向いているのかも、わかりません(笑)

      Reply

お気軽にコメントください

メールアドレス、ウェブサイトをご入力いただいても一般公開はされませんのでご安心ください。コメント入力後、下記「コメントを送信する」ボタンを押してください。