【日本一周・追想】北海道(その1)~旅人のあこがれ「試される大地、北海道」へ!~

前書き

早いもので私の日本一周『Japan Nomod~日本の魅力を巡る旅~』が終わってから、後少しで1年が経とうとしています。サラリーマン復帰してから初のゴールデンウィークに「去年は何をしてたんだっけ??」と振り返れば、”まだ日本一周してたんだ・・・”と、去年の今頃は自転車で日本を放浪していたのかと懐かしい想いと、当時の喜びと苦労が鮮明に思い出されます。

その一方で、やはり記憶は風化してしまうもの。

「日本一周の様子を地域ごとに振り返る」とゴール直後にブログで報告していながらも、全然手を付けていませんでした(主に登山が忙しくて笑)。そんな折、2年目の雪山シーズンが終了し、登山的には今少し落ち着いており、何気なく自分のブログを読み返したら・・・日本一周、最高に楽しかったな、そんな気持ちでいっぱいになりました。

もう二度と日本一周なんて・・・そう思っていましたが、人生でもう一回くらい、次は定年を迎える頃にもう一回チャレンジしてもいいかもなと一人ほくそ笑んでいるくらいです。

とは言え、今すぐ日本一周の旅に出るわけにいもいきません。

仕事は楽しく、山も楽しい。

今かもな、と。

日本一周を振り返るには今が一番いいのかもしれない。電子書籍を出すとか写真展を開くとか色々検討した割には何もしませんでした。それでも、日本一周の事はよく思い出します。旅が終わってからもうすぐ1年、記憶が風化しきってしまう前に、日本一周を振り返りたいなと思いました。

これから綴っていく記事は『私が私の旅を思い返し、私向けに書く追想』です。こんな風に思ってたよとか、ぶっちゃけこうだったよねとか、今ならこうするね、とか。だいたい10日分を1記事にまとめていこうかなと思っています。登山もあるので不定期ですが、私の日本一周が約30記事に集約されることになり、それでもだいぶ多いのですが、後から旅の記録を追跡するのにも役立ちそうです。

もしかしたら、私の日本一周の旅をリアルタイムで読んでいてくれた方も、懐かしいと感じてくれるかもしれませんね。3万枚を超えるような写真を撮っているので到底全ては紹介できませんが、改めてJapan Nomadな日本一周をお楽しみいただければと思います。

何となくですが、上から、つまり北海道から南下する形で書こうかと思います。理由はありません。なんとなくです。もしかしたら北海道を体が求めているのかも?

それでは、Japan Nomad~日本の魅力を巡る旅・追想~

はじまりはじまり~(๑╹ڡ╹๑)p♪

日本一周で最も心躍る時間「試される大地、北海道」へ

「岩手県~青森県は坂が多くてマジでしんどかった・・・。国道4号線はなんやねん。」そんな気持ちも後少し、ようやく青森県は青森市まで到着。いよいよ旅で一番楽しみにしていた北海道入りが目前に。

かと思いきや、蔦沼(つたぬま)を見に激坂を走っていると「バイーン」と初のスポーク折れ。私はタンナスを使っていたのでスポーク折れだけは嫌だった。タイヤを簡単に外せないから。

Twitterで助言を仰ぐと教えてもらったのはサイクルショップピエタというお店。一緒に写真を撮っておけばよかったなぁと思いながらも、このショップの主人はバックトゥザフューチャーのドクのような一見近寄りがたい職人かたぎの人なので、結局写真は撮らなかった。個人のサイクルショップはどこもかしこも腕が凄い。タンナス取扱店じゃないけどあっと言う間に直してくれて、昨晩は結局二階に泊めさせてくれた。

何と言うか、無骨なんだけど優しい、近寄りがたいんだけど親切な、ザ・職人なおっちゃんだったなぁ。

日本一周で青森のサイクルショップを探しているなら是非ともおすすめしたいお店。チェーン店では決して味わえないような体験ができると思う。後、泊めさせてくれるのも本当ありがたい。住宅街の中にあって見逃しやすいから要注意。

青森市街は八戸よりも田舎という感じで、青森県の田舎レベルはかなり高い。田舎ランキングをやったら日本で5指には間違いなく入る。ちなみに、後は和歌山県、高知県、鳥取県、佐賀県かなと。

北海道へ渡る前、青森市街の郵便局で受けとったのはTigraのスマホホルダー。それにしても、今はこの会社で働いているっていうんだから、人生わからないものだよ、本当に。誰かうちの会社にスポンサー依頼してこないかな?さすがに俺が中の人でいたら嫌なもの?笑

郵便局での局留め、実は結構スリルがあって、間違えて通り過ぎたり見過ごすことができないから、局留めでの荷物受け取りは結構ドキドキだったかも。

青森でインパクトあったのは味噌カレー牛乳ラーメン!!

日本一周チャリダーはだいたい食べてるんじゃないかな?日本全国で色々なラーメン食べたけど、結局これが一番だったかも。それくらい美味しかった。濃厚なのにくどくない。青森来たら絶対に食べてほしい。青森再訪の際には間違いなくまた食べたいと思える逸品。

日本一周で一番心躍る瞬間は、やっぱり青森県から北海道へ渡る時だと思う。北海道ってそれくらい特別な場所と言うか、本州から遠いし、秘境の地っていうイメージが強くて、広大な大地を自転車で駆け抜けたい、そんな想いを抱いてたなぁ!

実際は、広大過ぎて自転車で周るのはかなり大変。

でも、それがいい。「試される大地、北海道。」このキャッチフレーズ作った人は天才だと思うくらいに、ぴったりだよね。

自転車ごと海を渡るっていうのも良いんだよねー!!!

「みんな車かバイクだろ?俺は自転車だぜ?」っていう、何だか誇らしい感じがするし、自転車日本一周でもしなければ、自転車ごとフェリーに乗る事なんて少なくとも俺はしないから、最高にドキドキしたのをよく覚えてる。本州~九州の関門トンネル、本州四国のしまなみ海道、鹿児島~屋久島も最高だけど、やっぱり本州~北海道には敵わないかな!

北海道に到着。

自転車は車とバイクの後、最後に出ていくんだけど、これもスペシャルな感じがして大好きだった。北海道は函館に着いた瞬間って、最高じゃない?ああ、ついに北海道入りしたかーって!先人たちのブログを読みながら、みんな北海道では最高の思い出を作っているのを見ていたから、俺も北海道満喫するぞっていう気持ちがすごかったなぁ。でも一方で、広大過ぎる北海道を本当に周れるのか不安もあった。

しかもしかも、北海道一周しても「たったの1都道府県」にしかならないって、どないやねん!笑

結局北海道だけで2,000km以上も走ることになるんだけれど、デカすぎやろ北海道!笑

道南とかホンマふざけんな!長万部とか二度と行くか!っていう気持ちも最後にはあったけど、それも踏まえて、最高の思い出だった。

北海道と言えば、やっぱりコレだよねーコレ!!!

カツゲン様にまさる乳酸菌飲料はないのよ。めちゃ美味いしさ、北海道限定なのが最高にいい。本州に置いたら絶対売れるのに、そうしないのが最高にクールなのよ。北海道でしか飲めないって言うのがいいのよね。安易じゃない、それがいい。たまに東京でやってる北海道フェアでカツゲン見ると「高っっっっ!カツゲン250円くらいで売ってんぞ!」って一人で盛り上がっちゃうもんね!

北海道いる間はリアルに1日1本は飲んでた。そんな人、結構多いんじゃない?(´▽`)

ラッピね。ラッキーピエロ。日本一周人がこの瞬間をどれ程楽しみにしているか、伝わらないだろうなー!!

セイコマね。セイコーマート。「日本一周で興奮した瞬間ランキング」をとったら、リアルにトップ3入るんじゃない?それくらいセイコーマートは伝説的に人気があって、日本一周しててこのお店を触れないのは最早不可能なほどに不動の地位を築いている、それがセイコーマート。うまいし、安いし、ラインナップが最強。例えばコカ・コーラとか普通の商品も本州より断然安い。

ファミマだかセブンだかと手を組んだ時期があって、実は関東の茨城辺りにもいくつかお店があるんだけど、北海道とは別物。カツゲン売ってないセイコーマートなんて認めないよ!!

函館と言えばハセガワストアも外せない。これ、コンビニの中よ?なんで焼き鳥焼いてるのよ!こんなん凄すぎて笑うわ!

北海道は本当に個が強い。だからこそ魅力的。日本全国駅前はどこ行っても同じような景色が広がって、無個性化が酷くてマックだスタバだ何だと面白くないんだけれど、函館は違うぞっていう気概を感じる。(函館にもスタバはあるけども)

お洒落なスタバなんてお呼びじゃない。

観光地に必要なのは個性。それにしても、ラッピはどうして北海道全体に進出しないんだろうか?

高鳴る胸に期待と不安を詰め込んでやって来た北海道。2016年は本当に天気がよろしくなくて、北海道は記録的な日照不足。来る日も来る日も雨雨雨。やってられないよ本当に!函館港で迎撃してくれたポチさんと1週間くらい一緒に走ったなぁ。

ポチさんは俺よりも年上なんだけど、今思い返してもできる男って感じで、頼れる存在だったなと。運んでる荷物の量とかパッキングの方法とか、すごいシステマチックでめちゃ参考になった。

ポチさんから学んだことは多かった。

ポチさんはとにかく雨の中走るのが嫌な人だったから、晴れるまで函館港で停滞したかったみたいだけど、さすがに後4日も停滞してたら、さすがにねぇ?ということで、嫌がるポチさんを引き連れて出発したのでした。

道南は控えめに言っても観光地に乏しく、それでいて雨だからイライラ。

立ち寄ったのはトラピスト修道院。カトリックで女人禁制。自家製のソフトクリームを売っているんだけれど、日本一周した俺の経験からすると、ここが一番美味しかったかもしれない。チーズケーキみたいに濃厚で絶品。これ食べるために立ち寄る価値は大いにあり。また食べたい。

道南と言えばそう、パソコン盗難事件があった場所。まさかあの時間にバス待合所のおトイレ使う人がいるとはね。野良充電させてもらっていたので何一つ文句は言えないのだけれど、蓋を開けてみれば自分の名前も書けないようなお爺ちゃんが徘徊していたスポットだったそうな。

なーんもない北海道最南端の碑。

この辺りはずーっとこんな感じの景色が続くからもう嫌になっちゃうよ!走れど走れど景色は変わらず。広大な大地を自転車で走る・・・なんてかっこうがいいようで、実際はかなりたいへんな面もあったなぁ。ポチさんいたからいいけど、一人だったら居眠り運転しちゃうんじゃないかってね。

エゾニュウ見ると北海道だなぁって!本州にも生えているようだけど見た記憶なし、北海道ではそこら中で見かけます。

野宿して、朝を迎えて。

その繰り返しが、かけがえのない時間だったなって、普通の生活に戻ると思う。すごいしんどかったけど、楽しかったなって。

カントリーサイン!北海道はどこの町もその特徴を表すサインがあって、距離感が狂う北海道では移動していることが実感できる瞬間だったり。道南は割と苦しいカントリーサインが多かったかな。乙部は海の中の泳げるプールって・・・笑

道南の方は漁業が生活の柱なのかなー??今思い返しても本当に家も人も少なかった印象で・・・。

北海道と言えば!

ガラナ・ナポリン・カツゲン・いろはすハスカップ・サッポロクラシック!

・・・異論は認めない。

雨ですることないからポチさんと遊んでた一枚。今見返すと、すげーかっこいいじゃん。

控えめに言っても本当に何もないという形容になってしまうような場所に、ポツんと、突如現れるカフェ。

経営って、どうなってるんだろう。当然カフェ収入だけではないはず。コーヒー豆や卵をどこかに卸してるのかな・・・。とか、今だと考えちゃう。前職は数字が出ない仕事だったけど、今は売上とかに敏感だから、余計に(笑)

日本一周中に立ち寄ったお店の中でダントツお洒落だった「たんぽぽハウス」

びしょ濡れの大人二人を暖かく迎え入れてくれました(๑´ڡ`๑)

こんな景色を、何の束縛もなく、ただただ自由に、自転車こいでたんだもんなー!

最高だったなーーーっ!!!

止まない雨は無いってね。いや、翌日も雨だたけれど笑

道の駅黒松内にて、その辺のおっちゃんがタケノコをおすそ分けしてくれました。こういう出会いって、心の底から有難くて。私たちができるのは思い出話のおすそ分けくらいなのだけれど、採れたてのタケノコをその場で焼いて食べるとか、こういう経験なんだよね、ああ、旅してるなーとか、ああ、非日常的だなーって思うのは。

北海道のタケノコは細いって教えてもらっていたんだけれど、改めてみると本当に細いな。

ググってみると、本州でたべる孟宗竹(もうそうちく)ではなく、千島笹という種類らしい。

どうやらタケノコではなく、笹の子らしい。ほう・・・。北海道には竹林がないとか。

味は絶品でしたね!!

1週間ご一緒したポチさんとは黒松内にてお別れ。

ポチさんは本当に居心地よくて、ずっとご一緒したいと思う反面、どうしてもお互い気を遣う面もあるからね。特に私は進むのが遅いし、走っていてすぐ立ち止まって写真を撮るから。天気が良ければ一緒に後方羊蹄山を登ろうと話していたんだけど、叶わず残念。今思うと、一緒に登りたかったなって思う。

ポチさんはその後登っていたみたいね。

後方羊蹄山は日本百名山、富士山と見まがうほどに美しい円錐型の山で、ニセコの近くにある日本屈指の豪雪地帯。いつ登ろう??雪がある時がいいんだけれど・・・残雪か初冬かな?

ようやく晴れた北海道。北海道では当たり前の風車。こんな景色が懐かしい。

よく晴れたので、私としては一大決心。まだまだ走りなれない時期だったけれど、100km走って神威岬へ。

積丹ブルーは、日本一きれいな海だったかなと思う。

沖縄行ってないから沖縄以外の評価だけれど。

神威岬は午前中に行くのが本当はよくって、でも、自転車日本一周しているとどうしてもタイミングが難しい。

晴れた神威岬に出会えただけで、十分なんだよね。

ここまで1週間、雨に打たれるわお風呂がないわで日本一周中で一番くさかったこの時期。

食事処たけやの店員さんに、汚物が来たかのような目をされながらも、暖かく接客頂いたご恩は一生忘れません。いやぁ、道南はお風呂が無くて困っちゃうよ。1週間風呂無しなんて、晴れてればどうってことないんだけれど、雨が降るとさすがにキツイ。

ソイの定食をいただきました。

余市と言えばウイスキーと宇宙食。今思えば食べておけばと思うけど・・・日本一周中にこの散財はできないかも笑

っていうか余市と宇宙は何の関係があったんだっけ?

あまり記憶にない。宇宙記念館はあったけど。

通過した主な町

函館、木古内、福島、松前、上ノ国、江差、乙部、せたな、長万部、黒松内、岩内、積丹、余市

To Be Continued…

まだまだ続く北海道。

次回、日本一周伝説の理髪店で髪を切ったり、日本一長い直線道路を走ったり、富良野のラベンダーに癒されたり、十勝連峰と出会ったり(๑╹ڡ╹๑)p♪

 

「いいね」して頂くと、
Facebookで最新情報をお届けします。

お気軽にフォローください
Pocket

こんな記事も読まれてます

comment for this post

  1. 通りすがり

    こんにちは。
    写真の雰囲気変わりましたが、レンズ新しいのにされました?
    こちらも素敵ですが、コントラストがSIGMAっぽい感じがしました。

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      こんにちはー!
      いえいえ、レンズやカメラは同じですが、再度レタッチをしているので、
      旅をしている時と比べて雰囲気が違うのだと思います。
      デジタル写真はレタッチの具合で結構見え方変わりますもんね。
      シグマはJPEGだとコントラストや明瞭度がやや高い印象があります。それがシャープに見える理由かなと。

      Reply
  2. 祐樹 彰

    こんにちは、初めてコメントさせて頂きます。東京都在住ですが北海道が大好きで二ヶ月に一回くらい旅行しています^^ 日本一周をされていた時のブログを拝見して私の知らなかった情報が得られ、とても感謝しています。来月(6月)社員旅行で北海道に行きますが、別行動で大雪山の黒岳に登るつもりです。(雪が残っているでしょうからアイゼン必須ですかね^^;) これからもブログを楽しみしています^^

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      はじめましてー(๑´ڡ`๑)
      2か月に1回北海道はすごいですね!?
      すばらしい行動力だと思います!
      6月は北海道的にはまだまだ残雪があってよさそうですね。
      チェーンスパイクはあったほうがいいと思いますよ!
      ぜひ楽しんできてくださいね(^^)/

      Reply
  3. ゴルゴ62

    清宮さん
    こんにちは
    いよいよ始まりましたね。
    私の記憶にあるのは
    道南は雨ばかりであまり記憶に残っていませんが、1番と言えばパソコン盗難事件ですかね。
    奇跡的に出てきたんでしたね。
    清宮さんの今の気持ちと比較しての内容が書かれているのでこれからも楽しみです。

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      こんにちはー(๑´ڡ`๑)
      パソコン盗難事件、当時は本当に顔が真っ青になりましたよー汗
      でもやっぱり、最後にはいい思い出になりました。
      当時は「そう」信じることで行動していましたから、それが結果になってよかったです。

      Reply

お気軽にコメントください

メールアドレス、ウェブサイトをご入力いただいても一般公開はされませんのでご安心ください。コメント入力後、下記「コメントを送信する」ボタンを押してください。