一瞬の絶景を追い求める 山岳写真に魅せられて

2017年1月2日

サイトマップを作成しました(ざっくりと作り方をご紹介)

ブログのサイトマップを作成しました。メニュー(右上)のサイトマップ(全記事リスト)を開くと当ブログの全記事リストを見ることができます。

サイトマップにはXMLサイトマップとHTMLサイトマップがあり、今回作ったのは後者のHTMLサイトマップです。以下に両者の違いと作り方をざっくりですがまとめてみました。

XMLサイトマップ

XMLサイトマップは検索エンジン(GoogleやYahoo)へサイトの記事を知らせる為に作るもので、私はAll in One SEO Packというプラグインで作っています。

画像は私のサイトのXMLサイトマップの抜粋で、通常はこの様なリスト形式で表示されます。XMLサイトマップは、新着記事をいち早くGoogleやBingへインデックス(通知)するために重要です。一度作ってしまえば基本放置なので楽ですね。

XMLサイトマップを設定すると新着記事の更新が自動で検索エンジンに送信され、プラグインの管理画面で更新頻度など簡単に設定できます。XMLサイトマップを手動で作ることもできますが、なんだか難しそうなのでプラグインがおすすめかも。

HTMLサイトマップ

一方、今回作ったHTMLサイトマップは主にユーザー向けの物で、サイトを閲覧する際に一目でサイト構成、記事内容が分かります。

基本的には人が記事を探しやすくするための物ですが、検索エンジンのクローラーもHTMLサイトマップから記事をインデックスすることもあるようです。要は、人の為にも検索エンジンの為にもあった方が良いということ。

HTMLサイトマップの作り方

HTMLサイトマップを作る方法は2通り、手動で作る方法とプラグインで作る方法があります。

手作りする

手作りする場合は、単純に全記事をリストアップして、それぞれにリンクを貼っていきます。記事の数が多ければ多い程大変ですね。メリットは使用するプラグインの数を増やさずに済むこと、デメリットは随時手動で更新しなければならないことです。

プラグインで作成する

HTMLサイトマップ用のプラグインは幾つかあるようですが、調べたところ以下の二つが有名なようです。

プラグインのメリットは何といっても楽なこと。プラグインで作成すれば、記事をアップする都度サイトマップが随時更新されるので、一度作れば放置でよいこと。デメリットはプラグインが増えることぐらいでしょうか?

私は既に結構な数のプラグインを使っていて、できるだけ数を省略したかったので手作りです。手動で作る場合の注意点は、リンク切れが無いようにすること、パーマリンクを「sitemap」とすることです。

手動で作っておいてなんですが、更新が大変なのでプラグインで作った方が良いかもですね。

まとめ

HTMLサイトマップを作ると読者が記事を探しやすくなり、クローラーのインデックスも向上します。今回作成して、ブログのカテゴリー別の記事量が分かったりと、私としてもサイトを把握するのに役立ちました(๑´ڡ`๑)

 
この記事をシェアする
おすすめ記事
関連記事

関連記事

日々の暮らしやブログの話

わずか1秒!?置くだけでガッチリ固定できる魔法のような自転車用スマホホルダー「FITCLIC NEO」

こんにちは!元・自転車日本一周チャリダーの清宮です。 皆さん、自転車乗ってますか!? 今の時代、自転 ...

日々の暮らしやブログの話

「雑多ブログはジャンル分けして運営すべきか?」ブログを分割するメリット・デメリット

ブログの記事数が増えてくると悩ましいのがブログのジャンル分け。複数のジャンルを扱ういわゆる「雑多ブロ ...

日々の暮らしやブログの話

登山に必要な持ち物まとめ!!「忘れ物はないか?」のチェックリスト

登山では実に多くの持ち物を持って行きます。そのいずれもが重要ですが、山に入ったら例え忘れ物があったと ...

no image

日々の暮らしやブログの話

あけましておめでとうございます!2016年の抱負

  新年あけましておめでとうございます(๑╹ڡ╹๑)p♪ 2015年は親友の結婚や会社の退 ...

日々の暮らしやブログの話

Japan Nomad一部テーマ変更と新ブログ立ち上げについて

ブログの運営体制について考えていました。たかがブログ、されどブログ。日本一周の様子や登山の記録をアッ ...

Copyright © Japan Nomad, 2015~2021 All Rights Reserved