東京ストリートフォトグラフィ-APS-C手持ち夜景!-

東京ストリートフォト-Japan Nomad (1)

ストリートフォトグラフィって響き、かっこよくて好きです。東京駅の周辺ではじめてストリートフォトしてきました!きっかけは、これまで東京の自然や風景を中心に撮ってきて、街の写真も撮らないともったいないなぁと思ったことです。                                                                                                

丸の内は11月からイルミネーション仕様でして、カップルだらけかと思ったら11月の平日夜ということもあり、意外と人が少なくて写真撮りやすかったです。

丸の内イルミネーション

東京でイルミネーションといえば個人的には丸の内が一番好きです。落ち着いた雰囲気がいいかなと。初のイルミネーション撮影というっことで、「クロスフィルター」でギラギラにしたいところですが、イルミネーションのために買う気にはなれないので、通常のフィルターでチャレンジしてみました。

目で見るとイルミネーションのLEDはかなりの密度なんですが、標準レンズだとそれを再現するのが難しいなと思いました。高倍率ズームでぷちぷちに潰したいところですが、イルミネーションだと周りに人が多いので難しいかもですね。長時間露光で光を大きくするのが良いかな?

ハイキーで遊んでみました(╹◡╹)

東京ストリートフォト-Japan Nomad (4)

F14くらいまで絞って少しでもぎらぎら感を演出してみました。仲通りのイルミネーションは本当にきれいなんですが、往来が結構多くて・・・。これからのシーズンはもっと増えてくることを考えると、今がおすすめかもです。人や車を入れないで撮るのは難しいかも。街路樹の緑の葉とイルミネーションがきれいでした。

東京ストリートフォト-Japan Nomad (5)

東京ストリートフォト-Japan Nomad (6)

仲通りのイルミネーションから東京駅方面へ

東京駅周辺は被写体に困らないですね。初めてストリートフォトに挑戦しましたが、東京駅を選んでよかったです。私が住んでる高田馬場とかだと、正直撮るものがあまり・・・。どこに行ってもどんな被写体でもかっこよく撮れるようになれればいいんですけどね。

東京ストリートフォト-Japan Nomad (9)

車の躍動感が楽しい

夜撮は三脚がないと厳しいのかなと思っていましたが、案外設定次第で撮れるものです。拡大したら手ぶれしてるんでしょうが、パソコンで見てもそこまで気になりませんでした。車のヘッドライトを光線にするの楽しい。

東京ストリートフォト-Japan Nomad (2)

この日は標準ズームで撮影。商店街とか散策するなら単焦点もいいんですけど、どうしても寄りたい時があったりすると不便なので、ついズームレンズを使いがち。悩ましいところです。

背景はなるべく暗くして、ヘッドライトの光線で遊ぶのが楽しい。

東京ストリートフォト-Japan Nomad (1)

東京駅は新宿や渋谷と違って歩道のスペースが広いので撮影しやすいのです。なにより、人がそこまで多くないので、写真撮りやすくて良かったですよ。行幸通りは東京駅を真正面から狙えるスポットですが、ここでは三脚を立てて撮ってる人もいらっしゃいました。

信号が青になって車がいいタイミングで通るところでシャッターぱしゃり。車のライトを軌道にするのって三脚ないと難しいと思いこんでましたが、手持ちでも十分いけました。

ストリートフォトはモノクロがかっこいい!

モノクロ写真って撮ったことなかったんですが、ビルとか街並みはモノクロがよく映えますね!モノクロ写真めちゃくちゃ撮りました。黒いところは濃い色にして、白とのコントラストを強めたほうがインパクトの強い写真になって好みです。同じモノクロでもこの辺は被写体によって変えてみたいところ。

東京ストリートフォト-Japan Nomad (8)

APS-Cで手持ち夜景はいける?

私は愛機はCanon Kiss X7 (rebel SL1/ 100D) で、世界最小・最軽量を謳うこの上ないAPS-Cモデル。

(…ところで、日本と海外でカメラの名前を変えるのはやめてほしいなあ。アメリカではrebel SL1、アメリカ以外では100Dという名前らしいです。ちなみに rebel は反逆者/裏切者という意味。一眼レフを裏切るような大きさってことなのかな?日本メーカーなんだし、日本の名前に統一しちゃえばいいと思うんだけど。ちなみに、kiss って “keep it smart and silent” の略らしいです。)

APS-Cだと、どうしても暗い場所でのノイズが気になります。今より全然写真を撮ってなかった頃のみたままつりではISO3200でがんがん撮ってました。後から見てみるとISO3200(6400は論外)まで上げるとかなりノイジー!こればかりはフルサイズが本当にうらやましい。こちらの記事(ログカメラ「それはあなたの「最高の相棒」になる!D750を使いだして半年たったので、その!魅力を!存分に語り尽くす!!」読んでから、なおさらそう思うようになりました。

東京ストリートフォト-Japan Nomad (7)

状況によりますが、ISOは800、頑張って1600くらいまでに抑えたいなと思っています。三脚使えるような状況なら関係ないんですけどね。ストリートフォトや紅葉時の京都のように混み混みの場所だとそうは言ってられないですもんね。

夜景手持ち撮影だと、手ぶれしないように撮るときは精神統一する必要があります笑

下の写真は【ISO 400/F10/ 0.8秒】で撮影したもの。露出時間をそんなに長くしなければ、なんとか手ぶれしないで撮ることができました。本当はもっと車のライトを長い軌道にしたいんですが、1秒超えると手ぶれが出ちゃってダメでした。

それにしても、東京駅は改修してから本当にきれいになりましたよね。改修工事に500臆円位かかってるらしいですが、駅の「領空権」を周囲の高層ビルに売ってお金を賄ったらしいです。なにその裏技。笑

今度KITTEや新丸ビルのテラスから東京駅を狙おうと思います。が、残念なことに、現在駅周辺を整備していて白い仕切りがあって…これはちょっと残念。

東京ストリートフォト-Japan Nomad (3)

まとめ

はじめは丸の内のイルミネーションを撮ろうと思ってただけなんですが、せっかくならと東京駅のストリートフォトもやって正解でした!東京駅界隈は、高層ビル、イルミネーション、東京駅、国際フォーラムなど魅力的な被写体が多くておすすめです。

東京には他にも素敵な町と街がいくらでもありますからね。次はどこ行こうかなぁ。渋谷のスクランブル交差点をかっこよく撮りたいなと思っているので、渋谷かな。雨の日もいいですね(防塵防滴じゃないのも今後の課題ですなあ)。

初めてのストリートフォト、すごく楽しかったです。風景とはまた違ったことに気を付けないといけなくて、色々勉強になる撮影でした。APS-Cの手持ち夜景もいけるとわかったのも大きな収穫でした(๑╹ڡ╹๑)p♪

カメラ:Canon Eos Kiss x7
レンズ:Sigma 17-50mm F2.8 EX HSM

Pocket

お気軽にコメントください

メールアドレス、ウェブサイトをご入力いただいても一般公開はされませんのでご安心ください。コメント入力後、下記「コメントを送信する」ボタンを押してください。