アンティークのフリマ「東京蚤の市」に行ってきた!

東京蚤の市-Japan Nomad (7)

友達がフェイスブックにアップしているのを見て、東京蚤の市という骨董市にいってきました!

こういう素敵なイベント、普通に生活しているとなかなか知りえないものです。SNSはそういう意味で情報収集できて強いですね。Twitterのハッシュタグを使って画像を調べ、花の開花状況を調べるのも便利です。

東京蚤の市

春と秋、年に2回の開催されていて、それぞれ土日の2日間やっています。場所は京王多摩川駅すぐ近くの京王閣という競輪場。売られているアンティークは本当に多種多様で、食器、雑誌、おもちゃ、古本、家具、電化製品、テレビ、車・・・と何でもありました。ビンテージ物の車が売られてるのにはびっくりでした。

アンティークや骨董品っていうと、古くて痛んでそうなイメージだったんですが、どの商品も大切に保管されていて、とてもきれいな状態で売られていました。

一体いつの時代のものなんだろう?ってくらい古いものもあり、昔の時代の製品を見れて興味深かったです。

それぞれのオーナーさんが思い思いの物を売っています。こちらは大量のこけし達。東京蚤の市-Japan Nomad (5)

古いものは大正や明治時代の物までありました。

東京蚤の市-Japan Nomad (1)

古い雑誌や陶磁器。昔のものって、何とも言えない魅力がありますよね。古い雑誌を見るとその時代を見ているようで面白いです。

すごい魅力的な一方で、買っても使いどころが思い浮かばなくて、実際に商品はあまり買いませんでした|ω・)汗東京蚤の市-Japan Nomad (9)

東京蚤の市-Japan Nomad (4)

ワークショップや食べ物の屋台もたくさん

アンティークが売られている以外にも、ワークショップも開催されていました。

何より嬉しいのが、お酒や食べ物の屋台が多数出ていたこと!会場は広いし、出店してるアンティークのブースもかなりの数で、全部見ると結構歩き回ることになります。

お昼ご飯をがっつり食べることもできるし、ビール飲みながら休憩するのもいいですね。東京蚤の市-Japan Nomad (3)

マリオネットの大道芸人!

マリオネットを操る大道芸人さんにも会いました。東京蚤の市-Japan Nomad (8)

アクセス

まとめ

アンティークの種類と数がとにかくすごくて、買わなくても見てるだけで楽しいですよ!写真を撮る目的で来てるであろう人も多かったです。デートにもおすすめです(๑╹ڡ╹๑)p♪

Pocket

こんな記事も読まれてます

お気軽にコメントください

メールアドレス、ウェブサイトをご入力いただいても一般公開はされませんのでご安心ください。コメント入力後、下記「コメントを送信する」ボタンを押してください。