お台場のレインボーブリッジを撮ってきた!

お台場レインボーブリッジ-Japan Nomad (7)

夜景撮影のために三脚を購入したので、さっそく夜景を撮ってきました!定番のお台場レインボーブリッジ!夜空に白く輝くレインボーブリッジは撮影にもってこい。海上の屋形船がいい味だしてくれてます。

お台場レインボーブリッジ

いまさら何をと言う感じもしますが…お台場のレインボーブリッジはお台場と芝浦埠頭を繋ぐ大きな橋で、車も人も通ることができます。レインボーの名の通り、12月はレインボーカラーにライトアップされ、多くのカップルとカメラマンを引き寄せる東京屈指の人気スポットです。

お台場レインボーブリッジ-Japan Nomad (9)

私も東京人の端くれ、大昔に恋人とレインボーブリッジくらい来たことはありますが、本日は180度違う目的です。そう・・・新しく購入した三脚の使い心地を確かめにきました!

お台場レインボーブリッジ-Japan Nomad (3)

おそらく、写真好きじゃない人にはおよそ考えられない行動でしょうが、今の私はそれだけのためにレインボーブリッジまできてしまいます。それくらい写真が楽しいんです。

お台場レインボーブリッジ-Japan Nomad (8)

夜景目的でしたが、この日は本当に天気がよくて、昼間から出かけました。最近東京は雨とか曇りばかりだったので、ここまで晴れたのは久しぶり。

こちらはお台場にある自由の女神。なんであるのかは不明|ω・)汗

台場公園をロケハン

下の写真は台場公園です。昔は大砲とか置かれていたらしいです。お台場の観光目的で来る場合にはまず寄らないですね。正直、芝生以外には何もありません。

ただ、レインボーブリッジにかなり寄れることから、写真を撮るスポットとしては有名だったりします。

お台場のビーチから歩いて15分ほどかかり、何度も移動できないのが痛いですね。

お台場レインボーブリッジ-Japan Nomad (1)

お台場レインボーブリッジ-Japan Nomad (2)

レインボーブリッジが虹色にライトアップされる時期になったらまた来ようかと思い、今日はロケハンです。その途中で可愛いプレーリードッグに出会いました。台場公園は広くて海も近いので、テントやタープを張ってゆっくりしている人がちらほらいらっしゃいました。

プレーリー君たちも紐につながれてはいるものの、自由にお散歩とそこらじゅうの草を食べまくって楽しんでました(o˘◡˘o)お台場レインボーブリッジ-Japan Nomad (4)

夕日から夜景へ

ビーチから台場公園に行き、またビーチへ戻ったので若干へとへと。そんなこんなであっという間に夕焼けになりました。お台場からみる夕日はとてもきれい。

9月になり、だいぶ日が短くなってきました。

お台場レインボーブリッジ-Japan Nomad (5)

さて、今日は夜景を三脚で撮るのが目的です。

真っ暗になる前に三脚を用意して夜景撮影の準備!はじめての三脚でしたが、セッティングも楽でいい感じ。ちなみに、三脚はManfrottoの「befree」です。お値段はリーズナブル (1万円程度・・・三脚って高いんですよ?フルサイズの一眼使っている人は、三脚に5~10万とか普通に出してます。) な割にしっかりとした作りで、耐荷重も十分です。三脚と言えばまず気になるのはその安定性。フルサイズ+大三元とかでは分りませんが、私のようにAPS-Cに通常のレンズなら全く問題なかったです(Canon Kiss X7 + 標準レンズ)。

バルブ撮影に向けてCanonのリモートコントローラーも買いましたし、これで夜景撮影の準備はばっちりです。

お台場のビーチからは東京タワーも見ることができます。海にはたくさんの屋形船が。花火以外のシーズンでも屋形船ってこんなに出てるんですね。

東京タワーに建物かかっちゃってますね。

お台場レインボーブリッジ-Japan Nomad (6)

レンズを広角へ変えて撮影。夜空に浮かぶレインボーブリッジがいい感じ。

なるほど…三脚+リモコンでの夜景撮影めっちゃ楽しい!

ブレずに夜景を撮るのがこんなにも楽しいとは。これは夜景撮影にハマリそうな予感。

お台場レインボーブリッジ-Japan Nomad (7)

アクセス

まとめ

Manfrotto の befree いいですね!安いし軽いし安定するし、小さめのバックパックにも入る大きさなので持ち運びも便利!三脚を使った初めての夜景撮影でしたが、夜の景色をブレずにしっかりと撮れることがこんなにも楽しいものだとは。今後は積極的に夜景撮っていこうと思います (๑╹ڡ╹๑)p♪

Pocket

お気軽にコメントください

メールアドレス、ウェブサイトをご入力いただいても一般公開はされませんのでご安心ください。コメント入力後、下記「コメントを送信する」ボタンを押してください。