大田黒公園で紅葉のライトアップを撮ってきた!

大田黒公園-Japan Nomad (5)

この前百草園を訪れてからというもの、紅葉のライトアップにはまってます。この時期は紅葉がきれいなので写真が楽しい。

大田黒公園とは?

大田黒公園は日本式の庭園で、元々は有名な?音楽評論家である大田黒氏の自宅だったとか。それで“大田黒”公園。死後は所有する土地の何割かを公園にしてほしいという意志を残していたみたいで、現在は公園としても解放されています。

紅葉のライトアップは何年か前から始まったみたい。ライトアップは11月の最終週から始まります。荻窪でアクセスいいんですけど、その割に知名度は他のライトアップと比べると高くないように思います。私が知らなかっただけ?

紅葉のライトアップで都内と言えば六義園 がダントツで有名でしょうか。私は行ったことありませんが、写真見る限り本当に綺麗みたい。今年はなかなか紅葉してなくて苦労してるみたいです。

綺麗なのはいいんですけどね…混み過ぎて列になって歩くレベルみたいなことも聞きますし、三脚は言うまでもなく使用不可ですし、写真を撮るという意味では難しい場所かも?

荻窪駅から大田黒公園を目指す

大田黒公園は荻窪駅から徒歩10分~15分というところにあります。閉園時間が迫っていたので寄り道せず急いで向かいます。大田黒公園-Japan Nomad (3)

こちらが大田黒公園の入り口。雰囲気ありますね。

大田黒公園-Japan Nomad (2)

入り口をくぐるとフロアライトがいい感じについていてワクワクしながら奥へ。こういう演出好き。

大田黒公園-Japan Nomad (1)

入場料は無料です!ありがたい。

大田黒公園の紅葉ライトアップ

いや~素晴らしい。こういう池に反射する紅葉のライトアップに憧れていたので、この絵だけで大満足!

大田黒公園-Japan Nomad (4)

嬉しいことに、思っていたより人が少なかったです。ライトアップ初日で平日の夜だったのがよかったのかな?時間にして7時~8時ですからね。会社員の人は皆まだオフィスかなと。多くはファミリーでした。

風景の撮影でスマホのフラッシュたいていらっしゃる人がいるんですけど…届かないよぉ。

スマホのフラッシュたいてもかなり接写しないと光は届きません。と、言いたい気持ちを抑え、一眼+三脚だけが撮影じゃないですし、そこは仕方がないとぐぐぐと飲みこむ。

大田黒公園-Japan Nomad (5)

水面に反射する美しい紅葉にうっとり。今年は都心の紅葉が遅いこともあり、ここも全体的に色づきは浅い感じ。予定を1週間後ろ倒しにしたらもっと赤や濃い黄色を楽しめたのかと思います。

しかし、そんなこと気にならないほど美しいライトアップでした。

訪問に際して

新宿から2駅でアクセスがたいへんいいです。荻窪から歩いて15分ほど。ライトアップは10日ほどやってます。平日は夜の8時まで、休日は夜の9時までですよ。

こんなこと本当は言っちゃいけないのかもしれませんが…六義園みたに三脚が使えない庭園や公園が多いですよね。庭園の場合は三脚が庭を傷つけちゃうので仕方がありませんが

大田黒公園も基本は三脚禁止です (公式HPには書いてない?てっきり問題ないと思いましたが、パトロールの人が回ってきて、そうおっしゃっていたので間違いないです)。

私が言われたのは「基本は三脚禁止なんです。でも、混んでなければまあ結構ですので、人が多くなったら使用を控えてください。」とのこと。休日で人が多かったらダメって言われちゃうかもしれないですね。公園自体はそれなりに広いんですが、メインのスポット周りはそこまで広くないので仕方ないかなと思います。

アクセス

まとめ

人も少ないし、紅葉のライトアップはとっても魅力的。東京で紅葉のライトアップ考えるならぜひ訪問を検討してみてください(๑╹ڡ╹๑)p♪

Pocket

こんな記事も読まれてます

お気軽にコメントください

メールアドレス、ウェブサイトをご入力いただいても一般公開はされませんのでご安心ください。コメント入力後、下記「コメントを送信する」ボタンを押してください。