【旅200日目】日本一の柱状節理と記念すべき出会いの日

“ぶおー!!!””ヒュー!!!”

昨晩は爆弾低気圧が旅人を狩ろうと必死。夕方から夜の10時まで、とんでもない爆風が道の駅「日向」を襲い、軒下にテントを張っているにも関わらず、なかなか大変な状況でした。

それでも、嵐の去った後は静かなもので。ゆっくり寝ることができました。

・・・が!!!・・・

「チュンチュンチュンチュン、チュンチュンチュン!!!」

可愛いけど!うっせぇー!テントのすぐ奥にツバメちゃんの巣がありまして、朝の4時から猛烈な勢いで鳴き始めました。可愛い。でもうるさい。そして、くつろぎ過ぎ(笑)

餌やりの場面を撮りたくて待ってたんですけどね、親ツバメって餌を突っ込んで一瞬で狩りに戻るんですね!本当に、この間「2秒くらい」です。

日向に来たら日向夏を食べよう!

さあさあ、朝ご飯(もちろん食パン)に日向夏を食べましょう!

日向夏と言えば、ねえ?日向夏サワーでしょ?笑

だいたいどこの居酒屋に行ってもメニューに並ぶ日向夏サワー。その日向夏が今目の前に。

日向夏はこのように、リンゴの皮を剥く要領で皮を剥くんです。そして、中心以外を削いで、白い綿ごと食べます。いいですか?決して白い綿を捨てたり取ったりしません。

日向夏は・・・この白い綿が甘いので実の酸味と合わさってめっちゃ美味い!

うっま!!!初めて食べる日向夏は、酸っぱさと甘さが絶妙なハーモニーでマジ美味でした。

逆走して宮崎の名勝「馬ケ背」へ

昨日の大雨で一度は通り過ぎたものの、宮崎の沿岸線を走るうえで無視できない馬ケ背(うまがせ)という柱状節理を見に行きます。

柱状節理と言えば福井県の東尋坊以来ですね!

【旅148日目】サスペンスでお馴染みの断崖絶壁、福井県の東尋坊が大迫力でカッコいい!

柱状節理好きとしては馬ケ背は外せません。

クルスの海は・・・

馬ケ背に行く途中にあるクルスの海も見ていきます。

・・・微妙、かな(笑)

岩が十字に裂け、奥にある丸い岩と併せて「叶」の字に見える事から、願いの叶う場所なんて言われているようです。ちょっと天気が今一つなのでね、青空なら印象が変わる可能性も、無きにしろあらず。

日本一の柱状節理「馬ケ背」

おおー!こんな感じになってるんですね。この断崖はかなりの高さがあり、切れ間に海が流れ込んでいる印象的な場所。

個人的にはその先にある、海に突き出た展望地が好きでした。

魚眼レンズで目いっぱい周囲の景色を入れてみました!

柱状節理を持つ断崖が海を侵食するかの如く突き出ていて、とても迫力のある場所でしたよ!気持ちのいい青空とはいきませんでしたが、これはこれで、雰囲気があって良いかもしれませんね(๑´ڡ`๑)

日向のお伊勢さま「大御神社」

クルスの海、馬ケ背を見た後はすぐ近くにある大御神社(おおみじんじゃ)にやって来ました。

海のすぐ横に位置する神社で、これだけ海に近いのは珍しいかもしれません。

祭神は天照大御神(アマテラス)日向のお伊勢さまとして、篤く崇敬されている神社です。「〇〇のお伊勢さま」と言えば、大分県の中津大神宮(中津城の横にある神社)も「豊前のお伊勢さま」と呼ばれていました(183日目参照)。

【旅183日目】干潟に現れる奇跡の縞模様「真玉海岸」が絶景だ

アマテラスを祭った神社は数多くあるでしょうが、中でも、格式高い神社はこのように呼ばれているのかもしれませんね。大御神社の名前も天照”大御”神からきているそうですよ。

豊後が大分県のかつての国名であったように、宮崎県にも国名があります。宮崎は日向(ひゅうが/ひむか)ですね!

実は、宮崎県は日本神話において最重要な県の一つだって知ってましたか?

大御神社から程なく、岩屋の中に鵜戸神社(うどじんじゃ)の鳥居があります。この奥から外を眺めると龍に見えるという事で人気の場所ですが、鵜戸神社と聞くと、同じく宮崎県にある鵜戸神宮(うどじんぐう)を連想します。

鵜戸神社の祭神は5柱―ウガヤフキアエズ、山幸彦、海幸彦、豊玉姫、シオツツ―有名な神様ばかり。

この辺り(日向)は天孫降臨(てんそんこうりん)神武東征(じんむとうせい)の中心地であり、祭られている神様がすごいですね(詳しくは後日ご紹介します)。

大御神社から出るとお声がけ頂いて、一緒に記念撮影してくれました!実は神社内でも何度かお見かけしていたんですが、なんとこちらの女性、プロボウラーなんですって!宮崎で大会があるので来ていたところ、日本一周の看板を見て記念にと声をかけてくれたそうです。

天気もよくなって、一気に南国感が出てきましたね!

大分には全くなかったのに、宮崎に入るとヤシの木がたくさん植わってます。

観光を終えて、道の駅日向に戻る手前、定食屋さんがあったのでお昼ご飯にしましょう。

実は昨日も来たんですが、余程の人気店なのか、ご飯が無くなってしまって食べれなかったんですよね。

宮崎県と言えばチキン南蛮

チキン南蛮は宮崎県の延岡が発祥という事で、本当は延岡で食べようと思っていたんですが、爆弾低気圧が来ててそれどころじゃなかったので、こちらで頂きました。

お肉が超ジューシー(笑)

笑うほど美味しかったので、大盛ご飯お代わりしてお腹いっぱいになりました。刺身定食とかも超美味そうだったので、ここはお勧めですよ!

日向を過ぎると一気にのどかな田園風景に突入!この辺りは都農(つの)という場所ですが、農作物が豊富のようです。

コインランドリーで洗濯したり・・・今日は体の疲れが気になって、あまり進まないことにしました。

走っていたら「チャリン」という音がしたのは気づいてたんですが・・・

どうやらカメラクリップのネジが吹っ飛んでしまったようです(涙)

登山で一眼レフを簡単に持ち運べる神アイテム:Peak Designのカメラクリップ

一眼レフを登山のザックに取り付けるための道具ですね。かなりおすすめなので、登山でカメラの持ち運びに悩んでいる人は参考にしてみてください。

無くなったネジを補うためにコメリでネジを購入!

うん、無事に装着完了です。M5という規格のネジで、20mm~25mmの長さがあれば問題なし。手で回しやすい蝶ネジを選ぶとグッド!

旅200日目は道の駅「つの」で嬉しい出会い

本日の宿である道の駅「つの」に到着ー!

ここには24時間オープンの休憩室があり、畳もある、最高か。

(最高か・・・最高なはず、なのに…白目)

はい、喜んでばかりもいられませんよ。

大崩山の登山ブログをアップしなければならず、清宮はブログの重責に苛まれております(昨日と今日の分もある)

画像処理が終わって、先に夜ご飯を食べようかと言う矢先、颯爽と一人のチャリダーが現れた!

清宮:「こんにちはー!」

??:「コンニチワー!」

おお!何と外国の方だ!

彼の名はヒンソン!

なななんと!香港から自転車を持ってきて、福岡から日本一周を企む外国人!すっげー!!!本当ごいすー!!!日本語が全く話せないのに、奥さんいるのに、自転車で日本一周!

奥さんを納得させるのに2年前からコツコツと説得を続けてきたと言います。しかも、日本一周するのに日本語が一切話せないという大胆さ!そこに痺れる憧れるぅ!(笑)

私は英語大好き野郎なので会話は全部英語ですが、ここまでグーグル翻訳と紙に書いて何とか凌いできたそうです(無理やろ、厳しすぎるやろ…笑)。

ヒンソンとは気が合いソリが合い、ずっと話してました。

こんな出会いの夜にブログなんてやってられるか!いやぁ、本当楽しかった。ヒンソンが奥さんを説得するまでの話とか大爆笑でした。

その後は、都農ジモティの女性陣+わんぱく坊主も加わって、いやぁ・・・めちゃくちゃ楽しい夜だった。

Aさん:「”つ”って意味わかりますか!?」

清宮:「はい!?”つ”ですか?え?都農の”つ”???」

女性陣:「やっぱり分からないんだー!この辺だと、”つ”は”かさぶた”って意味なんですよぉ!」

清宮:「分かるかーい!笑」

女性陣が帰った後、ヒンソンと休憩室に戻ると、おばさま方が畳を占領してるぅー!?なんか登山者っぽい。マジかーい!しかも耳を澄ますと「やっぱり九州なら大崩山に・・・」

明日大崩山登るんか(笑)

大崩って、俺に早くブログ書けって事かい?(笑)

清宮、ここから大崩山のブログを意地で書き上げて、お休みなさい(ゲッソリ)

旅200日突破!

祖母山とか大崩山とか、登山している内に、あっという間に、私の自転車日本一周は記念すべき200日目を迎えたようです!(この時は気付いてなかったけど笑)

200日目は宮崎県の都農で素敵な出会いに恵まれて、旅の醍醐味を実感する、素敵な夜で締めくくられました(あとブログ地獄)。

やっぱ旅って、いいですね。

私のブログを見て「俺も/私も旅したいー!(しないけど笑)」って感じてくれる人がいたら、本当何よりです(๑╹ڡ╹๑)p♪

今日の移動ルート

今日の旅データ(200日目)

本日の走行距離 33km 
総走行距離 7473km 
スタート 道の駅「日向」
ゴール 道の駅「つの」
飲み物 625円(高いな…)
朝食 0円
昼食 980円(みやこ家「チキン南蛮定食」)
夕食 216円(レトルト)
買い食い 0円
雑費 168円(カメラクリップのネジ)
洗濯 600円
使用金額 2589円
自転車日本一周バーナー Japan Nomad

自転車日本一周のブログランキングに参加しています。皆さんにバーナーをクリックいただくと順位が上がる仕組みです。旅を応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします(๑´ڡ`๑)

 
Pocket

こんな記事も読まれてます

お気軽にコメントください

メールアドレス、ウェブサイトをご入力いただいても一般公開はされませんのでご安心ください。コメント入力後、下記「コメントを送信する」ボタンを押してください。