【旅102日目】帯広で大迫力の帯広競馬とスイーツ巡りを楽しむ!

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (1)

皆さん口を開けば「あっつい!」の北海道からこんにちは!日本一周102日目です。

問題の台風5号は予測通り太平洋側を北上しているようです。北海道は9日~10日に通るようなので、根室の方は要注意ですね。内陸部は多少雨が降るのかな?

天気予報的にはそこまで影響なさそうですが、一応雨に備えておこうと思います。登山は日程変更して正解でした(╹◡╹)

・・・

それでは、102日目いってみよー!

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (2)

昨日は帯広の自遊空間に宿泊しました。帯広駅から少し離れており、人も少なくて快適です。ナイトパックが10時間までしかないのが玉にきず。

モスバーガーで朝ご飯を食べながらブログ更新です。

モスシェイクが美味しすぎる(╹◡╹)

・・・

時刻は11時となり、ちょっと早いですがお昼ご飯を求めて市街地へ!お昼は当然「豚丼」です!

今日は一番人気だという「とん太」に向かおうかと。

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (3)

・・・

さすがの人気店。開店直後なのにこの列とは!この猛暑日によくやるぜ。

ちなみに今日は「土曜日」٩(◦`□´◦)۶ 

あぁ、土日要らねー!!!土日はとにかく人が多い٩(◦`□´◦)۶ 

サラリーマン時代では考えられない猟奇的な発想だぜ。

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (4)

この暑いに並んでなんぞいられないので、他のお店に行くも、ここでちょっとショッキングなことが。。

「鴨川」・・・有名なお店のようですが、まず一見様のバイクお断り、5歳以下お断り。

バイクではないので店内に入ってみるも、開口一番「以前来たことある?」と一見なのかを確認。

マジか。まさか豚丼のお店で一見様お断りを食らうとは夢にも思わず、というか人生初の経験だぜ。まぁ、個人でやっているお店だからしょうがないかな?

次行こう、次٩(◦`□´◦)۶ 

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (6)

「はなとかち」というお店に来ました(╹◡╹)

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (5)

同じ豚丼といえど結構味が違うものですね!

昨日食べた「ぱんちょう」とはちょっと違う?ぱんちょうの方が香ばしい感じ。

帯広の豚丼はフライパンで焼くのと網で焼くものがあるらしく、お肉もロースとバラの2種類があるようです。はなとかちはロースとバラが半々のスタイル。

並んでないけど十分美味しかった。山わさびが付いているのがポイント高し。

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (7)

ぱんちょうの前を通ると、結構並んでる!昨日はすぐ入れたのでラッキーでした。

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (8)

・・・

北海道だから涼しいかと思うじゃないですか?普通に真夏です、普通に激アツです。35℃ありますからね( ;∀;)

今日は市内を観光するだけなので、なるべくゆっくり走って暑くならないようにしよっと(暑いけど)。

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (9)

帯広駅のエスタ2階の観光インフォーメーションに来ました!

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (10)

目的はコチラ!「スイーツめぐり券」です(๑˃̵ᴗ˂̵)و!

帯広と言えば・・・ばんえい競馬、豚丼、十勝平野と有名なものが多いですが、スイーツ大国としても有名です。

帯広の水源である札内川は日本一の水質に選ばれるような美味しいお水。十勝平野からは日本一の小豆が大量に仕入れられ、スイーツを作る資源に恵まれているんですね。そのためスイーツのお店がめっちゃ多く、切磋琢磨で争っています。

この「スイーツ巡り券(500円)には4店舗で1品ずつ交換できるチケットと、ばんえい十勝の入場チケットが付いています。普通に買ったら500円以上になるのでお得間違いなし!

帯広に来たらこれを買ってスイーツ巡りをするのがおすすめです(╹◡╹)

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (11)

と、いうことで4店舗でスイーツ巡りをしたわけですが・・・

美味しいのでつい、スイーツ巡り券以上の買い物をしてしまう(笑)

上のお店ではドリンクバー500円を付けてゆっくりまったりしました。

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (12)

さて、スイーツ巡りを楽しんだ後は、いよいよ今日のメインイベント!

ばんえい十勝に向かいます!

競馬ですよ競馬!わたくし、人生初の競馬なのでちょっとドキドキしております。

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (13)

土曜日ということで賑わってますね!

競馬といっても「ばんえい競馬」なので、いわゆる競馬とはちょっと違います。1トンもある重荷を馬が引っ張る、大迫力の競馬なのです!競馬として楽しむ人もいれば、帯広の観光地としても有名なので見学に来る人もいます(入場料100円を払えば馬券を買わなくてもOK)。

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (14)

おおー!こういう電光掲示板を見ると競馬って感じがしますね!

・・・しかし、見方がまったくわからん(笑)

あと、買い方もよく分からん。案内のお母さんがいるんですが、いかんせん人が多いのでちょっと聞けそうにありません。もうすぐレースが始まるようなので、とりあえず見る&写真撮影に向かいます。

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (15)

馬券の購入はレース開始の2分前までOK!

5分前くらいになるとぞろぞろと人が集まります。

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (16)

ちょっと遠くから座って観戦するのもあり。ビールとザンギでくつろいでいる方も大勢いました。

(´-`).。oO(俺もビール飲みたい。チャリがあるからねぇ。)

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (17)

レース開始前には人がびっしり!

近くで見るためには5分前から場所を確保する必要ありです!暑いから皆直前まで日陰で休んでます。

そして・・・いよいよレーススタート!

(´-`).。oO(しれっと始まるんだね。)

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (18)

普通の競馬と異なり、ばんえい競馬では9頭の馬が直線での早さを競います。

その中に坂道が2箇所あって、そこが迫力満点!

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (19)

す、すごい迫力!!!

まず、馬が大きい!お馬ちゃん、こんなに大きいとは!

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (20)

1トンの重りを引きずりながらなので、坂道の前に一回止まって助走をつけます。

そして砂を荒げながら駆け上る。その姿は勇ましいの一言です。

・・・

いやぁ!これはすごい!

いいもの見れました(๑˃̵ᴗ˂̵)و!

どうやら次のレースが30分後にあるみたい。いい写真も撮れたし、これで終わりでもいいけれど・・・せっかくの機会ですから、馬券を買って私もレースに参加してみます(╹◡╹)

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (23)

こんな感じのマークシートに自分の予想を書いて、機械で清算するだけ。

競馬の買い方には「単勝、複勝、3連単・・・」など9種類くらいあるみたい。1着、2着、3着を全部当てるような買い方から、1着だけを当てる買い方。1着~3着に入ればOKな買い方まで、なかなか複雑。

私はというと、

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (24)

1点買い!!!

「単勝」という賭け方です。この場合、9番の「キマグレキング」が1着になれば勝ち、それ以外は負けです。

シンプル!

初心者の方はこの買い方がシンプルでいいんじゃないかな?1頭だけ見ればいいし、応援もわかりやすい。

ガチな人はオッズとか馬のコンディションとか見るんでしょうが、そんなの分からん٩(◦`□´◦)۶ 

9番を買った理由、それは「名前」!キマグレキング!きっと時にすごい力を発揮してくれるに違いない(笑)名前がイカしてるので、キマグレキングを応援します(๑╹ڡ╹๑)p♪

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (25)

うおー!馬券買うと、さっきよりドキドキわくわくするぜ(๑˃̵ᴗ˂̵)و!

レーススタート!

キマグレキング頑張れー!!!

・・・

スタート直後は出遅れましたが、

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (26)

坂にきて巻き返す!

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (27)

かっけー!!!

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (28)

輝いてる、輝いてるよキマグレキングちゃん!

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (29)

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (30)

いけー!!!

ゴール直前は熱い、熱いデッドヒート!!!

最後まで大興奮でした!

・・・

最期で息切れしちゃって、結果6着くらいでしたが、素晴らしいレースでした(๑˃̵ᴗ˂̵)و!

いやぁ。これはね、ぜったい馬券を買いましょう。私のような初心者は単勝で1頭を応援するのが絶対おすすめ!9番買うと一番観客よりなので、見やすいのでいいかも。

馬券を買うのと買わないのでは楽しみが1000倍くらい変わるので、買わなきゃ損ですぜ(╹◡╹)

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (31)

他の馬がゴールしても、1頭がやる気をなくしてしまい、坂のうえでおくつろぎモード(笑)

馬「こんなんやってられませんよ。あちいし。1トンとか意味わからん。」

と、言わんばかりで動かない。

彼女がゴールした時には割れんばかりの拍手が送られました。奴こそ真の気まぐれキングやで。

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (32)

じゃん!

ばんえい十勝のステッカーを購入!北海道2枚目は「ばんえい競馬」です( ・ㅂ・)و ̑̑

心に響いた場所だけステッカーを買う予定。ここは迷わず購入でした。それほど、大迫力、大興奮、感動のレースだった。

・・・

入場料100円、馬券も100円から買えるので「賭け事」というよりは馬の鑑賞という要素が強いかも(ガチな人もいるんでしょうが)。

正直、競馬にあまり良い印象を持っていなかったんですが、競馬の見方が変わりました。

馬がかっこよすぎる。迫力がすごい。

まさに「圧倒される」思いでした(๑╹ڡ╹๑)p♪

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (33)

その後は温泉へ!

十勝川は「モール泉」が有名で、ここ帯広市内にも同じ泉質の温泉が湧いています。来たのは「オベリベリ温泉」です。地元の人はみんなここに来ると言います。

モール泉のモールはMoor(ムーア:湿地帯)のことで、植物を起源とする温泉を指すようです。

色は濃い褐色で、非常につるつるしています。

オベリベリ温泉・・・いい湯でした。今まで入った温泉で一番良かったかも!モール泉はどこでも湧いているわけではないので、十勝・帯広に来たら是非入ってみてください。

自転車日本一周102日目(帯広ばんえい十勝競馬) (34)

その後は再び自遊空間に戻ってお休みです。

本日、東京では「江戸川花火大会」があったんですね(╹◡╹)

毎年、製薬の友達と行っていました。ネカフェに行く途中、テレビ電話がかかってきて、久しぶりに友達と話した気がします。旅をしていると、基本は一人ですから、友達の存在がとてもかけがえのないものに思えます。

東京の生活に若干の懐かしさを感じながら、温泉と電話で身も心も温まり、今日はおやすみなさい。

本日の走行距離 31km
総走行距離 3851km
平均走行速度 11.5km/h
スタート ネットカフェ「自遊空間(帯広店)」
ゴール ネットカフェ「自遊空間(帯広店)」
 
自転車日本一周バーナー Japan Nomad

自転車日本一周のブログランキングに参加しています!皆さんにバーナーをクリックいただくと順位が上がりますので、旅を応援してくださる方は、ぜひクリックよろしくお願いします(๑╹ڡ╹๑)p♪

Pocket

こんな記事も読まれてます

comment for this post

  1. 虫かひふはひへかすかすかさせせ

    ばんば(道産子とは違います)カワイイですよね!じつは秋あたりが見頃。気温が下がって馬の吐く息や馬体から熱気がオーラのようにたち上って迫力倍増です!

    ガワさんの動画、めちゃくちゃ感動しました!とても気持ちよさそうでしたね!

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      馬は可愛いしかっこいいしですごいですね!ばんえい競馬、本当すごい迫力でした☆
      なるほど!冬も見ごたえ抜群ですね!知床の流氷と合わせて将来恋人と是非また訪れたいと思います(笑)
      確かに!私も自分が走っている姿は初めてみたので、とても新鮮な気持ちでした(╹◡╹)

      Reply
  2. madrigal

    お疲れさまです。
    ディアゴナールのインプレでググって清宮さんのブログに辿り着きました。
    市販されている自転車での旅行記でもこれ程軽妙でグイグイ引き込まれるのにはお目に掛かったことは無い程で、楽しく拝見しています。

    さて、今回は豚丼について。
    十勝の豚丼は元々鰻丼をヒントに豚肉を使って生まれた物で、鰻丼よりも甘ったるいタレは農業が主の肉体労働には打ってつけ。
    昔はそれで良かったのかも知れませんし、自転車での旅をされている清宮さんの身体には美味しく感じられるのかも知れませんね。
    しかし、ここで異論を言わせて頂くと、そもそも丼物は米飯を美味しく食べる為にあり、敢えて丼物の形態にするには上に乗っている具と米飯との口溶けが一致し、混然一体となって消えて行くのが筋だろうと思います。
    一般的な十勝の豚丼よりも、例えば吉野家の豚丼の方が遥かに理に適っています。
    私自身帯広の隣町の音更町に住んでいたことがありますが、はっきり言って十勝王国(悪い意味でのガラパゴス的な意味で)の豚丼とインデアンカレーは北海道にとって恥晒し以外の何物でも有りません。
    あんな物を有り難がる必要は全くありません。
    貧困家庭でおかずの取り合いを未然に防ぐ為に豚肉を丼に予め乗せたとかの方が発祥としてはまだ信憑性がありそうです(苦笑)。
    敢えて十勝で豚丼を、と言うことでしたら、『いっぴん』の豚丼をお勧めします。
    また、地元でもホテルを中心とし、丼物のセオリーに則り、なお且つ豚肉を使った料理として、角煮丼を今の時代に合った十勝名物に育てて行こうとする動きも、僅かながら出て来ています。
    正直なところ、十勝の豚丼とは不幸にして幼少期からソウルフードとして刷り込まれてしまった十勝王国民と、名物の名に踊らされた無知な観光客、それ以外の方々には食べる価値など有りません。
    ちなみに、帯広では金ちゃん寿司及び派生寿司店でのみ味わえる牛トロ寿司は召し上がりましたか?
    これは確かにオリジナリティーのある名物と呼べる物で、なかなか美味しいですよ!
    もしまた帯広にお立ち寄りの機会があればお試し下さい。

    長々と辛辣なことを書きましたが、十勝=豚丼と言う莫迦莫迦しい固定概念を疎ましく思っている、現江戸川区民からの一言でした。
    勿論、こんな直球な意見はブログ炎上の元ですので掲載はお控え願います。

    私自身は出身が旭川。
    札幌に住んでいた頃はフルリジットのクロモリMTBで札幌⇄旭川間を移動していました。
    坂も無ければ信号も少なく、例の直線日本一を通って行くだけですので、近所に出掛ける延長で淡々と回して行けば着いちゃうんですけどね(笑)。
    今は江戸川区から足立区まで毎日クロスバイクで通勤しています。
    雨でも毎日。
    ロードバイクもあくまでもロングライドを想定したモデルばかりで、キャノンデールのシナプスカーボン、サーリーのペーサー、カラミータのデュエの3台を休みの日には乗っています。
    通勤用のドロハン車としてディアゴナールも欲しいし、子供の頃に乗っていた自転車の楽しさの原点を味わいつつもロングライドにも使えるサーリーのトロルも欲しいし、自転車の趣味は終わりが有りません。

    Reply
    • 清宮 健太 Post author

      なるほど・・・
      それでは、これから帯広の豚丼も少しずつ形を変え、進化していくのかもしれませんね(╹◡╹)
      私のように通りすがりのものはどうしても「ご当地」「名物」などのフレーズに弱いので、
      食べないわけにはいかないのですが、ご当地に甘えている場所も少なからずありますし、
      なんとなく分かります。
      牛トロ寿司!食べませんでした・・・
      次、帯広に行ったら必ずや( ・ㅂ・)و ̑̑
      ディアゴナール関係で当ブログにお越しいただく方は少なからずいるようで、嬉しい限りです☆
      ぜひ疑似自転車旅としてブログを楽しんでいただければ光栄です!

      Reply

お気軽にコメントください

メールアドレス、ウェブサイトをご入力いただいても一般公開はされませんのでご安心ください。コメント入力後、下記「コメントを送信する」ボタンを押してください。